海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 北杜・山梨特派員ブログ > 緑に囲まれた白の空間~八ヶ岳アートが映える『ギャル...

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年7月 9日

緑に囲まれた白の空間~八ヶ岳アートが映える『ギャルリイグレグ八ヶ岳』


緑に囲まれた白の空間~八ヶ岳アートが映える『ギャルリイグレグ八ヶ岳』

CIMG2344.JPG
山梨県北杜市の、とても素敵なギャラリーを紹介します。『ギャルリイグレグ八ヶ岳』は、八ヶ岳のアートゾーンとも呼ばれる八ヶ岳南麓の一角、高根町にあります。
CIMG2320.JPG
お庭とウッドデッキには、木々の緑を揺らしながらさわやかな風が吹いていました。
CIMG2319.JPG
さあ、やわらかな色合いの黄色いドアを開けて、なかへ入ってみましょう。
CIMG2311.JPG
わ~、真っ白な空間に、ふわりと溶け込むようにアートが展示してあります。
CIMG2299.JPG
右を向いても、真っ白。
CIMG2315.JPG
くるりと後ろを振り向いても、真っ白。しんとした心持ちになります。
ゆったりと、展示されたアートを観ることが出来ました。
この日の催しは、前回6月の『FU RU E RU ふるえる』でした。水彩画、刺繍や七宝のアクセサリーなどが展示されていました。
CIMG2307.JPG
奥にも部屋があるようです。
CIMG2301.JPG
大きな窓のある明るいお部屋は、チェックの床がまた素敵ですね。
CIMG2317.JPG
アンティークな雰囲気の椅子と、ぴったり合っています。
それもそのはず。この建物は、「カントリーアンティークの第一人者」とも言われた故天沼寿子さんの山荘をリノベーションしたものなのだそうです。「カントリー雑貨」という言葉を日本に定着させた方だとか。この山荘は、そんな天沼さんにとって多忙な生活のなかで唯一充電できる場所。くつろげる部屋であり、ひらめきをくれる空間だったといいます。
天沼さん亡きあと、友人でありアーティストでもある佐藤友香さんが山荘を譲り受け、『ギャルリイグレグ八ヶ岳』を開館しました。
CIMG2337.JPG
こちらは、もうひとつの部屋です。
CIMG2338.JPG
この部屋には小さめのものが展示されていて、それを観ながら話し込む人が多いようでした。
こじんまりとしたスペースが、ちょうど落ち着く広さなのかもしれません。
3つの部屋を合わせると、約35平米あるそうです。
CIMG2308.JPG
こちらは化粧室に続く部屋ですが、小さな作品をいくつか展示してありました。ここも真っ白。
CIMG2325.JPG
じっくりと作品たちを観ていたら、オーナーの佐藤さんがハーブウォーターを出してくださいました。すっきりと美味しくて、とても穏やかな気持ちになりました。
CIMG2326.JPG
八ヶ岳南麓の緑に囲まれた心もしんとするような真っ白い空間で、アートを楽しみにいらっしゃいませんか?
日々の暮らしのなかでは味わえない、くつろいだ気分やひらめきを見つけられるかもしれません。


ただいま開催中の催しは『ナカムラミオ・斎藤由妃子COLORFUL展』
~7月30日まで(毎週土、日、月曜日)
*****************
『ギャルリイグレグ八ヶ岳』
開廊期間 4月~10月中の毎週土、日、月曜日(開廊日以外は電話予約により開廊します)
開廊時間 12:00~17:00
入場料 無料
若手の、そして地元に根差したアーティストを育てていきたいという思いから、ギャラリーの使用料は無料だそうです。(光熱費等実費と作品売り上げの一部はかかります)

住所 〒408-0016 山梨県北杜市高根町上黒沢1706-3
電話 080-6531-3131 fax 0551-46-2522
ホームページ http://y-yatsu.com/
アクセス http://y-yatsu.com/map.html
お車の場合 中央高速道、長坂インターから約5分
電車の場合 JR中央本線、長坂駅下車 タクシーで約10分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2018年7月 9日
« 前の記事「山歩きに、いかが?お手軽グルメなセミドライフルーツ『甲斐の恵み』」へ
»次の記事「山梨名物B級グルメ『鳥もつ煮』~B-1グランプリ優勝秘話!」 へ
おすすめ記事
    北杜・山梨特派員 新着記事
    陶器とアートの"夢の谷"に迷いこんで~『夢宇谷ギャラリーMUU』
    心を満たす幸せご飯~古民家カフェ『キッチン・オハナ』
    もうすぐ新米!"稲絵アート"も美しい北杜の田園風景
    ベトナム・ホーチミンを歩こう~〈その4〉Grab(グラブタクシー)の乗り方
    ベトナム・ホーチミンを歩こう~〈その3〉ベトナム料理、何食べよ?
    ベトナム・ホーチミンを歩こう~〈その2〉郵便局の名物おじいさん
    ベトナム・ホーチミンを歩こう~〈その1〉人気の古アパート巡り!
    60万本のひまわりが咲く!『明野サンフラワーフェス2018』

    甲信越旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 北杜・山梨特派員

      北杜・山梨特派員
      水月さえ
      2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集