海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 北杜・山梨特派員ブログ > 心を満たす幸せご飯~古民家カフェ『キッチン・オハナ...

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年9月11日

心を満たす幸せご飯~古民家カフェ『キッチン・オハナ』


心を満たす幸せご飯~古民家カフェ『キッチン・オハナ』

CIMG4096.JPG
山梨県北杜市高根町の古民家カフェ『キッチン・オハナ』を、紹介します。
「オハナ」はハワイ語で広い意味での家族を意味するそうです。
CIMG4094.JPG
おしゃれな黒板。思わず座りたくなるようなベンチですね。
CIMG4890.JPG
入り口脇には、縁側があります。涼やかな風が通っていました。ホッとします。このカフェ、とっても落ち着くんです。
CIMG4100.JPG
縁側でランチをいただきました。この日のスープは、冷や汁。暑い日でしたからね。一握りのご飯を入れておじやにしていただきました。
ご夫婦で営まれていて、ご主人がシェフ、奥様がお料理出し、ひとつずつ説明をしてくれます。
CIMG4116.JPG
1日限定20食の「おひさまプレートランチ」(1,350円)その日によってメニューが替わるワンプレート&スープのランチです。
左からガラスの器に入ったキョフテ(ベジのスパーシーミートボール、トルコ風ヨーグルトソース)、厚揚げとパプリカの南蛮漬け、切り干し大根の甘酢漬け、麗夏(れいか)という名のトマト&ピクルスと豆腐マヨネーズのクリーム、赤米が入ったご飯。真ん中にあるのは車麩のフライです。
CIMG4121.JPG
くるりと回して反対側は、左から、ゴーヤのウルガ(南インド風スパイし煮込み)、じゃが芋とインゲンのサブジ、白インゲン豆のトマト煮込み。サニーレタスには、自家製人参ドレッシングがかかっていて、わたしこれが大好きなんです。
CIMG0771.JPG
スープもその日によっていろいろです。ご飯と一緒に出してくださる温かい番茶がまた、すっと喉を潤してくれます。三年番茶に生姜を入れたものだそうです。
CIMG4128.JPG
手作りスイーツも魅力的。五平味噌のパウンドケーキ、豆乳のアイスクリーム添え。
スイーツもドリンクも、ランチに+350円でオーダーできます。
ティータイムセット(スイーツ&ドリンク)は750円です。
CIMG0778.JPG
ローズマリーとルヴァーブのタルトには、色鮮やかなルヴァーブ&ビーツのシャーベットが添えてありました。
『キッチン・オハナ』は、ランチもスイーツも、完全植物性。マクロビオテック、ローフード、COBOなどをとり入れてオリジナルレシピで作っているそうです。アレルギーを持つ人でも、どれにしようかなとスイーツを選べるのって素敵ですね。
けれど身体に優しく、安心して食べられるだけでなく、まずいちばんに「美味しいご飯」にこだわっているといいます。
CIMG4882.JPG
さて。『キッチン・オハナ』の魅力は、美味しい食事やスイーツだけではありません。
ここは、「なぜだかホッとする、落ち着く空間」なんです。
店主の石野さんにお話をうかがいました。
「古いものには、人を癒す効果があるんだと思います」
たとえばこのテーブル、中心は180年前の橋桁、その両脇に300年前の門を使い作られたそうです。
CIMG4893.JPG
この部屋の扇風機のように新しい器具も使っていますが、新しく見せない工夫を施し、ペンキを塗ったり加工することで、癒しを生み出す古いものに同化するようにしているのだとか。
CIMG4112.JPG
そして古民家は広く、縁側を入れると4部屋。広々とした空間にも癒しを感じます。
古民家はもともと夏の陽差しをさえぎり、冬のやわらかな陽をとりこむように作られていたと言います。窓を開ければ風が通り、縁側は夏は軒下に通る風で涼しく、冬は窓を閉めれば陽が留まるようにできているのだそうです。
CIMG4883.JPG
冬には、このちょっと可愛らしい薪ストーブが活躍します。ロケットストーブです。
CIMG4897.JPG
ストーブの熱がこのベンチの下に流れ、ベンチを温める仕組みになっています。
CIMG4895.JPG
今月9月は、パイナップルソーダがおススメ。パイナップルとグレープフルーツの果汁で作っているそうです。


「食べたものは、ほとんど再現できる」という石野さん。今後は、ホームページで完全植物性のレシピを公開していきたいとおっしゃっていました。
美味しいレシピを公開することで、完全植物性の食事が食文化全体に広がっていけば、アレルギーを持つ子どもたちも美味しいご飯が食べられるようになると考えているそうです。


『キッチン・オハナ』で、幸せご飯を食べて、心満たされる時間を過ごしませんか?
*****************************
『キッチン・オハナ』
営業時間11:30~17:00(ランチは15:00まで)
ランチは1日20食限定です。ご予約をお願いします。
定休日 日曜日、月曜日(月曜が祝日でもお休みになります)
住所 山梨県北杜市高根町村山西割1140
電話 : 0551-46-2177 
ホームページ http://www.k-ohana.net/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年9月11日
« 前の記事「もうすぐ新米!"稲絵アート"も美しい北杜の田園風景」へ
»次の記事「陶器とアートの"夢の谷"に迷いこんで~「夢宇谷ギャラリーMUU」」 へ
北杜・山梨特派員 新着記事
冬一番~"八ヶ岳颪"が吹き荒れました
山梨県韮崎市の"シンボルツリー"樹齢330年の「わに塚のサクラ」を救おう!
高村光太郎文学碑から望む"ダイヤモンド富士"ビューポイント「日出づる里」~富士川町
人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~夕暮れにたたずむ
南アルプス連峰の「甲斐駒ヶ岳」が初冠雪~2021年10月20日
双葉SAで"静岡フェア"開催中!山梨と静岡を結ぶ「中部横断道」全線開通しました
山梨限定~記念切手発売!信玄公生誕500年記念 武田信玄公が築いた「山梨の魅力」フォトコンテスト
山梨県北杜市がPayPayでお得!最大30%戻ってくるキャンペーン開催中(2021年10月~11月)

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 北杜・山梨特派員

    北杜・山梨特派員
    水月さえ
    2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集