海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 北杜・山梨特派員ブログ > 紅葉燃ゆる「瑞牆山」カンマンボロン登山に挑戦しまし...

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年11月 3日

紅葉燃ゆる「瑞牆山」カンマンボロン登山に挑戦しました!


紅葉燃ゆる「瑞牆山」カンマンボロン登山に挑戦しました!

CIMG6310.JPG
紅葉燃ゆる季節の到来ですね~♩
わたしも、初登山に挑戦ということで、北杜市須玉町にある瑞牆山に行ってきました。
と言っても、目指したのは頂上(2,230m)ではなく「カンマンボロン」(1,730m)と呼ばれる岩場です。大きな岩に「大日如来・不動明王」を意味する梵字が刻まれた場所で、弘法大師が霊場選定のために訪れ、この山の姿を愛し刻んだと言われています。
10月28日日曜日。秋晴れで、紅葉も美しく色づいていました。
CIMG6213.JPG
車を停めて出発したのは、「みずがき山自然公園」です。ここには、売店やオートキャンプ場もあるんですよ。
紅葉の季節だからか、朝9時半に着きましたが100台分の駐車場もいっぱい。ぎりぎり停められました。
紅葉狩りというよりは、登山やマットを背負った岩登りをする方々が目立ったように思います。
CIMG6231.JPG
広い芝生に植えられた木々も、紅葉していました。
CIMG6305.JPG
カンマンボロンを目指して歩いた山道は、こんな感じです。
登山ガイドの経験者である知人に同行してもらいました。
CIMG6288.JPG
だんだん登りが険しくなっていき、振り向くとけっこうな傾斜が。
そして、素人のわたしには、どれが道なのかまったくわかりません。
CIMG6256.JPG
えーっ、これが道しるべなの?
傾斜は急ですが、初心者のわたしでも気をつけて歩けばなんとか登れる山道でした。けれど、経験者の知人がいなければたどり着けないどころか、遭難の危険もあったと思います。
CIMG6278.JPG
あそこに見える岩なんですね。文字はまだ、見えません。近づかないと見えないそうです。
CIMG6270.JPG
着いた!おーっ、空に近い! 抜けるような景色が広がってる!
向こうに見えるのは、南アルプス連峰。清々しい。空気が美味しい。気持ちいい!
途中少しの休憩をはさみ、1時間半で到着しました。
CIMG6265.JPG
そしてこれ、下側に文字が刻まれたようになっているのが、「カンマンボロン」と読むのだそうです。
CIMG6267.JPG
弘法大師が刻んだという言い伝え、本当なんでしょうか。そうとでも考えないと不思議過ぎます。
CIMG6280.JPG
「カンマンボロン」の梵字の上の方にも、まるで石碑のように何か刻まれたような岩がありました。
さあ、ここからは帰路。下りです。下りの方が落ち葉や石など滑りやすくなっているので危ないと、知人が何度も注意を促してくれました。
CIMG6212.JPG
この日のために用意した山靴が活躍しました。そして知人の慎重なガイドのおかげで、ケガもなくぶじ下山できました。
ヒートテック下着を2枚重ねの上にフリースのタートルネック、それにライトダウンを着ていたんですが、風もなく登山日和だったので、ダウンはすぐに脱ぎました。
持ち物はリュックの中に、雨具上下、帽子、手袋、タオル、飲み物(冷たいのと温かいの500mlずつ)、おむすび2個、飴などを入れていきました。天気は変わらなかったけど、雨具は防寒具にもなるので、いざというときのために持参する方がいいそうです。
CIMG6317.JPG
「みずがき山自然公園」に帰って来て眺めた瑞牆山です。
とても楽しい登山になりました。みなさんも、どうぞくれぐれも気をつけて山を楽しんでくださいね。
*********************
■みずがき山自然公園
住所 山梨県北杜市須玉町小尾8862-1
電話 0551-45-0277
北杜市観光協会ホームページ https://www.hokuto-kanko.jp/guide/4757

地図をズームするには、Ctrl キーを押しながらスクロールしてください

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2018年11月 3日
« 前の記事「今年も11月3日は『北杜市浅尾ダイコンまつり』へ、GO!」へ
»次の記事「JR甲府駅から徒歩1分!昔懐かしい蔵造りの街並みが並ぶ『甲府夢小路』」 へ
北杜・山梨特派員 新着記事
富士山眺望抜群スポット、八ヶ岳、南アルプス連峰の眺めもすばらしい信玄堤の「信玄橋」
ご当地カレーを楽しもう!「黒毛和牛・甲州牛カレー」&「富士山麓牛と20種類のスパイス香る無限スパイスカレー」
冬一番~"八ヶ岳颪"が吹き荒れました
山梨県韮崎市の"シンボルツリー"樹齢330年の「わに塚のサクラ」を救おう!
高村光太郎文学碑から望む"ダイヤモンド富士"ビューポイント「日出づる里」~富士川町
人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~夕暮れにたたずむ
南アルプス連峰の「甲斐駒ヶ岳」が初冠雪~2021年10月20日
双葉SAで"静岡フェア"開催中!山梨と静岡を結ぶ「中部横断道」全線開通しました
1年前の同じ月に投稿された記事
〈増富もみじ祭りウォーク〉に参加しました!
ご挨拶/北杜ってどこ?八ヶ岳・南アルプス・富士山が見渡せるところ

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 北杜・山梨特派員

    北杜・山梨特派員
    水月さえ
    2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集