海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 北杜・山梨特派員ブログ > 山梨の郷土料理~うまいもんだよ南瓜のほうとう!

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年1月19日

山梨の郷土料理~うまいもんだよ南瓜のほうとう!


山梨の郷土料理~うまいもんだよ南瓜のほうとう!

CIMG8685.JPG
山梨の郷土料理といえば、なんといっても「ほうとう」でしょう。
CIMG8664.JPG
トップの写真は、ほうとう料理のチェーン店『甲州ほうとう小作』 の「熟瓜ほうとう(税込み1,150円)」です。熟瓜とかいて「かぼちゃ」と読ませるんですね。
山梨には「うまいもんだよ南瓜のほうとう」という言葉があるほど、ほうとうには熟した甘い南瓜がつきものなんです。首尾よく万事うまくいったというときに「やったね!」という感じで使う言葉だそうです。
ほうとうの発祥は、武田信玄公が合戦の際に士気を上げるため、陣中食としてふるまい、そこから始まったと言われています。
山が多く水を引けず米作りが難しかった土地で、麦で作った麺とたっぷりの野菜で栄養を摂る。そんな試行錯誤から生まれた、山間いの土地ならではのお料理だったんですね。
CIMG6940.JPG
甲府を代表する観光スポット『昇仙峡』には、ほうとう屋さんがいっぱいあります。
紅葉の頃の昇仙峡の記事は → 【まだ間に合う!紅葉の『昇仙峡』ウォーキング♩】
CIMG7016.JPG
仙娥滝近くの『橋本屋』 は、お土産品も揃った食事処。
CIMG7011.JPG
「甲州ほうとう鍋(税込み1,296円)」やわらかいんだけど煮溶けていないほうとうの茹で加減が絶妙でした。地元で採れたヒラタケもいい味出していました。
CIMG6936.JPG
昇仙峡の入口とも言える長瀞橋近くの『菅原屋』 は、明治初期創業の老舗蕎麦処。
CIMG6927.JPG
「ほうとう(税込み1,000円)」自家製味噌と蕎麦つゆのためにとったお出汁が、いいお味。
CIMG6930.JPG
すっきりした味わいです。野菜もやわらかいけど煮すぎていない上品な味でした。
CIMG8874.JPG
さて。山梨のお土産屋さんには、どこでもたいていいく種類ものほうとうが並んでいます。『山本勘助ほうとう(税込み540円)』を購入しました。生麺は未開封ならひと月ほど常温保存可能。味噌付き、6~7人前です。
CIMG8880.JPG
材料を用意して、作ってみました。
子どもたちにほうとうづくり体験をさせているという先生に、豚バラで作るほうとうが一番人気だと教えていただいて、豚バラほうとうに挑戦。まずだし汁で肉と野菜を煮ます。それからほうとうを入れて約15分。南瓜は、煮崩れないように最後に入れてねとアドバイスをもらいました。ラストに味噌を溶いて出来上がり。
CIMG8890.JPG
おーっ、できた! ん~美味しい♡個人的には、もう少しほうとうがやわらかい方が好きかな。
こうやって作ってみるとわかりますが、麺の茹で加減、野菜の種類や切り方、豚肉か鶏肉か、味噌の違い、アクセントに入れる生姜やニンニク、胡麻、辛みスパイス、はたまたキムチ味にするかなどなどで、それぞれの家庭の味が作られていくんでしょうね。
今でも、冬には毎晩のようにほうとうを食べるというご家庭も、山梨では珍しくないそうです。
「やっぱり、うちのほうとうが一番美味しいんだよね~」と年若い友人が言っていました。
伝承され、今でもしっかり家庭に根づいた山梨の郷土料理なんですね。


山梨にいらしたら、ぜひぜひ郷土料理のほうとう、召し上がっていただきたいです!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2019年1月19日
« 前の記事「駅弁丸政の『MASAICHI』JR甲府駅ナカにオープン!」へ
»次の記事「ノーベル賞の大村智博士がつくった美術館『韮崎大村美術館』へ」 へ
北杜・山梨特派員 新着記事
富士山眺望抜群スポット、八ヶ岳、南アルプス連峰の眺めもすばらしい信玄堤の「信玄橋」
ご当地カレーを楽しもう!「黒毛和牛・甲州牛カレー」&「富士山麓牛と20種類のスパイス香る無限スパイスカレー」
冬一番~"八ヶ岳颪"が吹き荒れました
山梨県韮崎市の"シンボルツリー"樹齢330年の「わに塚のサクラ」を救おう!
高村光太郎文学碑から望む"ダイヤモンド富士"ビューポイント「日出づる里」~富士川町
人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~夕暮れにたたずむ
南アルプス連峰の「甲斐駒ヶ岳」が初冠雪~2021年10月20日
双葉SAで"静岡フェア"開催中!山梨と静岡を結ぶ「中部横断道」全線開通しました
1年前の同じ月に投稿された記事
まったり〈こたつdeマルシェ&裏KURIライブ〉に行ってきました~『仁田平マルシェ』
くつろぎのひとときがそこにある~「NICETIMECAFE(ナイスタイムカフェ)」
食べ鉄さんにおススメ!小淵沢『丸政』の駅弁6種食べくらべ
今年も八ヶ岳で開催します!『寒いほどお得フェア2018』

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 北杜・山梨特派員

    北杜・山梨特派員
    水月さえ
    2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集