海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 北杜・山梨特派員ブログ > 人気の北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~「野鳥観察」

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年2月 4日

人気の北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~「野鳥観察」


人気の北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~「野鳥観察」

CIMG9059.JPG
こんにちは! 真冬のこの時期、庭に野鳥たちがやってきます♩
水が凍って、飲んだり羽を洗ったりできないため、水場を求めてやってくるんです。
CIMG9070.JPG
山梨県北杜市明野町で田舎暮らしを始めて、冬になると野鳥たちのために、こんなふうに水場を作り、餌にはひまわりの種を撒くようになりました。野鳥たちのためと言いつつ、観察して楽しんでいるわけなんですが。
上の2枚の写真は、シジュウカラ。前から見るとモノトーンに見えますが背中には明るい黄緑色が入っています。上の写真の子はメスで、下の写真の子はオスです。どうしてわかるのかって?
CIMG9768.JPG
じゃじゃーん! 野鳥図鑑!
シジュウカラは、身体の前側にあるネクタイ模様が太いとオス、細いとメスなんだそうです。
それはそうと、どうして野鳥図鑑を、3冊も持っているのかって?
それぞれ特徴が違う本なんです。左の『日本の野鳥590』は、その名の通り掲載種数が多く和名の50音順、英名、学名の索引のほか鶏の種類別の目次もあり、写真が多いタイプ。真ん中の『野山の鳥』は、絵でわかりやすく解説し、目次も鳥の大きさなどの絵から探していくタイプ。名前がわからない場合重宝します。そして右『トリノトリビア』は、野鳥たちの習性など、おもしろおかしくマンガで解説してあるタイプ。マンガと言っても鳥類学者の解説をマンガ化してあるんです。
たとえば、シジュウカラは?

積極的にあちこちの群れを行ったり来たりするパリピのようなタイプと、賑やかな群れにはあまり加わらない、人混み(鳥混み?)嫌いなシャイなタイプがいるようです。そしてシャイ君は同じタイプのシャイ同士でいつも行動しているようなのです。また、シャイな個体は人気で流行りの場所では繁殖せず、ほかの個体があまりいない場所で繁殖する傾向があります。群れが大きくなると、群れ内での競争も激しくなることから、それを避けたいのだろうと考えられています。
なーんて、興味深いことがかかれていました。ICタグをつけて調べた結果だそうです。
CIMG6097.JPG
ヤマガラです。『トリノトリビア』にはこうありました。
カラ類でもとりわけ貯食が好きなのがヤマガラです。「埋め込みたい」「取り出したい」癖が強く、物をつかむ、くわえる、たぐりよせるといった器用さももちます。そんな習性を利用して、昔はヤマガラが芸人(芸鳥)だった時代がありました。「おみくじひき」「水汲み(つるべ上げ)」などの芸で、お祭りなどで親しまれていたそうです。
野鳥たちのこと、知れば知るほど親しみも湧き、観察も楽しくなっていきますね。
CIMG4015 - コピー.JPG
モズです。漢字でかくと「百舌鳥」というだけあって、他の鳥の鳴き声を真似るのが上手いんです。
なぜ、別の種の鳴き声をまねするのでしょうか。メスにモテるためというのがひとつの説です。まねする鳥の多くは、レパートリーが多いほどモテるといわれています。
野鳥たちも、自分の種を残すためにいろいろなことを考え、工夫しているんですね。
CIMG7127.JPG
冬にやってくる渡り鳥のジョウビタキも、よく見かけます。メスは全体が茶と灰色のあいだのような地味な色なので、この子はオスですね。羽の白が特徴で、すぐにわかります。
CIMG3861.jpg
ツグミも渡り鳥です。シジュウカラやヤマガラより10㎝くらい大きいでしょうか。オスメスほぼ同色で見分けるのが難しいそうです。身体じゅうに三日月斑があるトラツグミも、見かけたことがあります。
DSCN1938 (640x320).jpg
この子は、シメです。くちばしが大きいですね。シジュウカラやヤマガラは木の枝にひまわりの種を持って行って、枝にぶつけて割るんですが、シメは大きなくちばしを存分に使い、ここでゆっくり食べます。
DSCN8410.JPG
我が家はアカマツの林の中にあるので、キツツキもやってきます。写真は、アカゲラです。
DSCN8420.JPG
「コツコツコツコツ」音が聞こえて、楽しいです。見た目も思ったより可愛らしいですねえ。
頭が赤いのは、オスだけだそうです。


いかがでしたか?
野鳥たち、可愛らしいですよね。そしてまた、懸命に生きている姿に心惹かれます。
水場とひまわりの種、そしてカメラと野鳥図鑑があれば、準備OKです。
北杜市で田舎暮らしを始めるのなら、「野鳥観察」ぜひやってみてはいかがでしょう!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温 自然・風景
2019年2月 4日
« 前の記事「ノーベル賞の大村智博士がつくった美術館『韮崎大村美術館』へ」へ
»次の記事「桃のお節句!重要文化財『安藤家住宅』の雛飾り」 へ
北杜・山梨特派員 新着記事
富士山眺望抜群スポット、八ヶ岳、南アルプス連峰の眺めもすばらしい信玄堤の「信玄橋」
ご当地カレーを楽しもう!「黒毛和牛・甲州牛カレー」&「富士山麓牛と20種類のスパイス香る無限スパイスカレー」
冬一番~"八ヶ岳颪"が吹き荒れました
山梨県韮崎市の"シンボルツリー"樹齢330年の「わに塚のサクラ」を救おう!
高村光太郎文学碑から望む"ダイヤモンド富士"ビューポイント「日出づる里」~富士川町
人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~夕暮れにたたずむ
南アルプス連峰の「甲斐駒ヶ岳」が初冠雪~2021年10月20日
双葉SAで"静岡フェア"開催中!山梨と静岡を結ぶ「中部横断道」全線開通しました
1年前の同じ月に投稿された記事
八ヶ岳ビール『タッチダウン』冬季限定シュバルツ他5種飲み比べ!
「暮らしを楽しむ気持ち」を手渡したい~器と雑貨の店『萌木窯』
「おすすめ」がない珈琲屋~『豆玄(まめげん)』あなたにぴったりの珈琲を。
天空にいちばん近い列車『ハイレール1375(イチサンナナゴ)』に乗ってきました!

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 北杜・山梨特派員

    北杜・山梨特派員
    水月さえ
    2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集