海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 北杜・山梨特派員ブログ > 山梨の酒を味わう~『名山の水 山の酒 純米酒 飲み...

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年3月 3日

山梨の酒を味わう~『名山の水 山の酒 純米酒 飲み比べセット』


山梨の酒を味わう~『名山の水 山の酒 純米酒 飲み比べセット』

CIMG0336.JPG
山梨の日本酒を買って帰りたいんだけど、どれがいいのかわからない。
そんな悩みにお答えするのが、『名山の水 山の酒 純米酒 飲み比べセット』です。
CIMG0340.JPG
洒落たぐい飲みが2つついていて、お土産にもってこいですね。1本180mlの瓶が、4本セットで税込み2,485円、7本セットは税込み3,780円です。(JR韮崎駅前ニコリ内土産物売り場にて購入時の価格)
CIMG0343.JPG
それぞれの酒造の特徴を紹介したパンフも、入っていました。
このお酒どれもみんな、山梨県産のお米を使い、山梨山系の水を使い、醸造から製品化までのすべてを山梨で行った、精米歩合70%以下の純米酒なんですよ。
4本セットを購入し、飲み比べてみました。
CIMG0353.JPG
まずは、左手の北杜市に酒造を構える『谷桜(たにざくら)』から。
甘めの味わい、しっとりとしています。ほどよいフルーティさも持っています。
*********************
『谷桜酒造』http://www.yamanashi-sake.jp/kuramoto/tanizakura-shuzo/
CIMG0357.JPG
お次も、北杜の酒『男山(おとこやま)』です。
やわらかな味わい。だけどしっかりしていて、飲み終わりに静かな酸味を感じます。
*********************
『八巻酒造店』http://www.yamanashi-sake.jp/kuramoto/yamaki-shuzoten/
CIMG0362.JPG
同じく北杜市の『七賢(しちけん)』にいきましょう。
フルーティです。研ぎ澄まされたきりっとした感じ。すっきりした味わいです。
*********************
『山梨銘醸』http://www.yamanashi-sake.jp/kuramoto/yamanashi-meijo/
CIMG0366.JPG
ラスト、富士川町の『春鶯轉(しゅんのうてん)』です。
平らかな味わいです。お米の味がして、かすかな苦味に酒の旨みを感じます。
*********************
『萬屋醸造店』http://www.yamanashi-sake.jp/kuramoto/yorozuya-jyozouten/
CIMG9829.JPG
7本セットはこんな感じ。南アルプスの『大冠(たいかん)』、大月の『笹一(ささいち)』、富士河口湖の『甲斐の開運(かいのかいうん)』の3本がプラスされています。
*********************
いかがでしたか。
4本セットのうちの『谷桜』『男山』『七賢』は、北杜市に酒蔵を構えるお酒です。北杜にいらしたときのお土産にもいいですね。そして、気に入ったお酒の酒蔵を訪ねてみるというのもまた楽しいと思います。
水が美味しいから米も美味しく育ち、その米と水で丁寧に作られた純米酒たち。
お気に入りの1本を探す、始めの一歩になるかも知れませんよ。


『山の酒』
山梨県酒造協同組合 ホームページ http://www.yamanashi-sake.jp/yamanashinosake/
☆酒造店のURLは、山梨酒造協同組合のホームページです。
(お酒についての感想は、特派員個人が感じたものです)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 夜遊び・クラブ・お酒
2019年3月 3日
« 前の記事「山梨の美味しいラーメン屋さん〈その2〉あっさり醤油が旨い店3選!」へ
»次の記事「今が見頃!富士山の見える梅園~甲府『不老園』」 へ
北杜・山梨特派員 新着記事
富士山眺望抜群スポット、八ヶ岳、南アルプス連峰の眺めもすばらしい信玄堤の「信玄橋」
ご当地カレーを楽しもう!「黒毛和牛・甲州牛カレー」&「富士山麓牛と20種類のスパイス香る無限スパイスカレー」
冬一番~"八ヶ岳颪"が吹き荒れました
山梨県韮崎市の"シンボルツリー"樹齢330年の「わに塚のサクラ」を救おう!
高村光太郎文学碑から望む"ダイヤモンド富士"ビューポイント「日出づる里」~富士川町
人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~夕暮れにたたずむ
南アルプス連峰の「甲斐駒ヶ岳」が初冠雪~2021年10月20日
双葉SAで"静岡フェア"開催中!山梨と静岡を結ぶ「中部横断道」全線開通しました
1年前の同じ月に投稿された記事
山梨土産人気№1の『信玄餠』は、2つある?
さようならE351系~よろしく!E353系『新型スーパーあずさ』乗車レポート
真の美と健康を求めて~「女神の森 奏樹カフェ&ダイニング」
美しい山水で育てた瑞々しい苺!『明野クリスタル15』~いちご狩り

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 北杜・山梨特派員

    北杜・山梨特派員
    水月さえ
    2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集