海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 北杜・山梨特派員ブログ > 南アルプス連峰が見渡せる「三分一湧水」で、水の大切...

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年3月20日

南アルプス連峰が見渡せる「三分一湧水」で、水の大切さを考えよう!


南アルプス連峰が見渡せる「三分一湧水」で、水の大切さを考えよう!

CIMG2419.JPG
暑さ寒さも彼岸までといいますが、春のお出かけの予定はもう立てましたか?
この季節、まだ風の冷たい山梨県北杜市ですが、少しずつ春を感じる陽気になってきました。春を感じながらも、雪化粧した山々が美しい季節でもあるんですよ。
ここは、北杜市長坂町小荒間の「三分一湧水(さんぶいちゆうすい)館」です。
CIMG2426 - コピー.JPG
展望台からは、真っ白な富士山が、こんなに綺麗に見えるんです。
CIMG2427 - コピー.JPG
南アルプス連峰も、青く美しい。
CIMG2430.JPG
望遠で撮ってみました。といってもコンパクトデジカメです。
甲斐駒ケ岳。雄大ですねえ。
CIMG2432.JPG
鳳凰三山です。オベリスクもくっきり見えます。
えっ? 山の名前がわからないって? だいじょうぶです。
CIMG2436 - コピー.JPG
展望台には、ちゃんと看板がありますからね。
ふむふむ。オベリスクがあるのは「地蔵岳」なんですね。
CIMG2462 - コピー.JPG
この写真は、すぐ近くに保存されたこの地域にひとつだけ残っている水車です。
「三分一湧水館」って、何? と思われた方も多いと思います。
「三分一」という名は、湧水を3つの地域に文字通り3分の1ずつ農業用水として分水していたことから、きているそうです。一つの池に溜めた水を分水する方法は江戸時代中期頃から行われていたと考えられています。
当時の農民たちにとって、米作りに必要な水を得ることは命にかかわる問題でした。争いを起こさないためにも平等に水を分けることがとても重要だったんですね。


水源地の保護に力を入れてきた長坂町は、2002年にここ「三分一湧水」周辺の土地に、水について学べる湧水館とこの土地の水で打った蕎麦が食べられるお蕎麦屋さんを建て、「三分一湧水」を保護しながらも多くの人に知っていただけるようにと公園としてオープンしました。
CIMG1750.JPG
昨年6月の公園の写真です。公園は自由に歩けるようになっていて、3分の1に分水される様子を見ることができます。
2018年3月には、皇太子様が、ブラジルの「世界水フォーラム」での講演で、
「潤いを感じさせる美しい三分一湧水は、水を分かち合うことのシンボルと言える」
と、この「三分一湧水」を紹介されました。
CIMG1776.JPG
遊歩道も整備されていて、気持ちよく散策できます。(6月の写真です)
CIMG2459 - コピー.JPG
そして、こちらは「そば処三分一」。
CIMG2457 - コピー.JPG
鴨南蛮蕎麦(税込み1,300円)を、いただきました。
焼いた葱が香ばしく、肉厚の鴨肉はやわらかく、蕎麦は手打ちならではの濃い蕎麦の味がしました。十割蕎麦も、数量限定でやっていて人気があるそうですよ。
隣接した売店には産直野菜やその加工品、北杜市のお米や手作り雑貨などがいろいろ並んでいます。


「三分一湧水館」1階と2階には、三分一湧水の歴史だけではなく、水について多くを学べる場となっています。水についての絵本や子供向けの科学辞典のようなものも、自由に読むことができます。
4月からは、「三分一湧水館」も「そば処三分一」も、定休日もなく毎日営業するそうです。
水について考えながら散策し、その水が湧きだす美しい山々を眺め、その水で打った美味しいお蕎麦を食べる。
いかがですか。
春の一日に、いらっしゃいませんか。
*********************
■三分一湧水館
入館料 大人400円 小中学生200円 団体(15人以上)大人300円 小中学生150円
「そば処三分一」で食事された方、売店で1,000円以上のお買い物をされた方は、半額になります
〒408-0031
山梨県北杜市長坂町小荒間292-1
TEL0551-32-0058 FAX0551-32-0059
営業時間 湧水館(売店) 9:00~17:00
■そば処三分一
TEL0551-32-8318 11:00~15:00
休館日 年中無休(但し、11月~3月は火曜日休館)
ホームページ http://www.alps-hs.co.jp/sanbuichi.html

北杜市観光協会ほくとナビ http://www.alps-hs.co.jp/sanbuichi.html

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 文化・芸術・美術 自然・風景
2019年3月20日
« 前の記事「今が見頃!富士山の見える梅園~甲府『不老園』」へ
»次の記事「中央線が、変わる。~何が変わったの?乗車レポート」 へ
北杜・山梨特派員 新着記事
富士山眺望抜群スポット、八ヶ岳、南アルプス連峰の眺めもすばらしい信玄堤の「信玄橋」
ご当地カレーを楽しもう!「黒毛和牛・甲州牛カレー」&「富士山麓牛と20種類のスパイス香る無限スパイスカレー」
冬一番~"八ヶ岳颪"が吹き荒れました
山梨県韮崎市の"シンボルツリー"樹齢330年の「わに塚のサクラ」を救おう!
高村光太郎文学碑から望む"ダイヤモンド富士"ビューポイント「日出づる里」~富士川町
人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~夕暮れにたたずむ
南アルプス連峰の「甲斐駒ヶ岳」が初冠雪~2021年10月20日
双葉SAで"静岡フェア"開催中!山梨と静岡を結ぶ「中部横断道」全線開通しました
1年前の同じ月に投稿された記事
山梨土産人気№1の『信玄餠』は、2つある?
さようならE351系~よろしく!E353系『新型スーパーあずさ』乗車レポート
真の美と健康を求めて~「女神の森 奏樹カフェ&ダイニング」
美しい山水で育てた瑞々しい苺!『明野クリスタル15』~いちご狩り

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 北杜・山梨特派員

    北杜・山梨特派員
    水月さえ
    2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集