海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 北杜・山梨特派員ブログ > もしわたしが山梨のお土産BOXを3,000円でつく...

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年5月29日

もしわたしが山梨のお土産BOXを3,000円でつくるなら~酒の肴編


もしわたしが山梨のお土産BOXを3,000円でつくるなら~酒の肴編

CIMG8726.JPG
山梨土産~酒の肴編ということで、選んでみました、お酒がすすむお土産の数々!
上の写真は、最近になって注目されるようになった「みみほうとう」です。富士川町にむかーしからある郷土料理なんですが、農機具の「箕(み)」に似たこの形から「福をすくう」と言われているんですよ。
スタンダードな「ほうとう」の紹介はこちら → 【山梨の郷土料理~うまいもんだよ南瓜のほうとう!】
CIMG8528.JPG
「みみほうとう」も入れて、迷いに迷って選んだのがこの6点です。(表示は税込み)
左から「みみほうとう」486円(3人前)志村製麺
「まぐろ甲州煮(生姜)」648円(160g)信玄亭
「ほうとうチップス辛みそ」324円(75g)桔梗屋
「瓶詰あわび肝煮」540円(60g)かいや
「信玄豚と鳴沢菜のそぼろ煮」540円(150g)藤二誠
「ピリ辛野沢菜」440円(120g)ヤマフジ
合計で、2,978円! 電卓片手に計算しながら厳選しました。
賞味期限は、開封しなければ2カ月先から1年先まで。さて。いただいてみましょう。
CIMG8702.JPG
「マグロの甲州煮」です。柚子バージョンもありましたが、生姜にしました。甲州ワインを使って甘辛く煮てあります。なぜ海のない山梨でまぐろ? と思われるかも知れませんが、山梨県人はまぐろが大好き。日本一の消費量なんですって。うーん。日本酒に合いますねえ。
山梨土産の日本酒紹介はこちら → 【山梨の酒を味わう~『名山の水 山の酒 純米酒 飲み比べセット』】
CIMG8735.JPG
「ほうとうチップス辛みそ」には、やっぱりビールでしょう。
ほんとうのほうとうを揚げてあるんです。南瓜や人参も入っていました。辛くないのと辛みそと2種類あります。辛みそはスパイシーですが、辛味はやわらかでしっかりしたほうとうの歯ごたえがよく、どんどん食べられます。
山梨のビールの紹介はこちら → 【八ヶ岳ビール『タッチダウン』冬季限定シュバルツ他5種飲み比べ!】
CIMG8708.JPG
野沢菜っていうと信州のイメージが強いかも知れませんが、なんと信州で売られている野沢菜にも山梨県産のものがあるくらい山梨でも生産されているんですよ。
「ピリ辛野沢菜」は、これがけっこう辛かった。ところが、食べ始めると止まらない。ビールにも合いますねえ。酸味も好ましい味わいです。これは、お酒もすすむけど、ご飯もすすむなあ。
CIMG8714.JPG
ということで「信玄豚と鳴沢菜のそぼろ煮」は、白いご飯にのせて。美味い!
富士山の伏流水で育った鳴沢村の鳴沢菜は、野沢菜とも似ていますが、甘みがあるのが特徴です。山梨の大地で大切に育てられた信玄豚の濃い旨みも、ぜひ味わっていただきたいです。
CIMG8706.JPG
日本酒にぴったりなのは、なんといっても「あわびの肝煮」でしょう。ほろ苦い味わいがたまりません。むかーし駿河の海で獲れたあわびを煮て、それから馬で運んだそうですが、馬の背で揺られるうち煮貝はゆっくり味をしみ込ませて甲府へ着くころは最高の味に仕上がっていたとか。それで「あわびの煮貝」が海のない山梨県の名物になったというわけです。煮貝は高価なので、肝煮にしましたが、これが美味かった!
CIMG8732.JPG
〆は「みみほうとう」をビールでいただきました。豚バラ肉と南瓜、人参、大根、牛蒡、葱などを入れて味噌で煮込みました。普通のほうとうよりも茹で時間5分と短く、お手軽です。厚めのワンタンといった感じでしょうか。ほうとうは肉も野菜もたくさん食べられて、身体にもいいですよね。最近は、みみほうとうをパスタソースで和えたりいろいろな食べ方で楽しまれるようにもなっているそうです。
CIMG8478.JPG
JR甲府駅のひとつしかない改札を出て、すぐ左側にお土産屋さん『甲斐の味くらべ』があります。

いかがでしょう。山梨土産、気に入っていただけましたか。
葡萄や桃も、そしてワインも美味しいけれど、ほかにも美味しいものがいっぱいあるんですよ。
すべて、美しい山々から流れ出す澄んだ水があればこそです。
新宿から甲府までは特急あずさで1時間半。ふらり山梨へいらっしゃいませんか。
*********************
山梨のおみやげ名産品『甲斐の味くらべ』
〒400-0031 山梨県甲府市丸の内一丁目1番8号
JR甲府駅改札口横
TEL:055(224)5461
営業時間 8:00~21:00 無休

地図をズームするには、Ctrl キーを押しながらスクロールしてください

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒
2019年5月29日
« 前の記事「人気の北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~「山菜を満喫」」へ
»次の記事「わにわにしちゃいん甲州弁。おもしれーさよー」 へ
北杜・山梨特派員 新着記事
富士山眺望抜群スポット、八ヶ岳、南アルプス連峰の眺めもすばらしい信玄堤の「信玄橋」
ご当地カレーを楽しもう!「黒毛和牛・甲州牛カレー」&「富士山麓牛と20種類のスパイス香る無限スパイスカレー」
冬一番~"八ヶ岳颪"が吹き荒れました
山梨県韮崎市の"シンボルツリー"樹齢330年の「わに塚のサクラ」を救おう!
高村光太郎文学碑から望む"ダイヤモンド富士"ビューポイント「日出づる里」~富士川町
人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~夕暮れにたたずむ
南アルプス連峰の「甲斐駒ヶ岳」が初冠雪~2021年10月20日
双葉SAで"静岡フェア"開催中!山梨と静岡を結ぶ「中部横断道」全線開通しました
1年前の同じ月に投稿された記事
旬の野菜、土地の野菜で心も身体も健やかに~『農カフェhakari』
水と緑のフュージョン!緑燃ゆる渓谷道を歩く~『吐竜の滝』
縄文時代中期の集落跡『梅之木遺跡』オープン!
木工体験が楽しい!自然木のぬくもりを大切に~『自然木工房ONO』

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 北杜・山梨特派員

    北杜・山梨特派員
    水月さえ
    2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集