海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 北杜・山梨特派員ブログ > 田舎暮らしに欠かせないお助け人~木と生きる「ツリー...

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年11月 1日

田舎暮らしに欠かせないお助け人~木と生きる「ツリークライマー」


田舎暮らしに欠かせないお助け人~木と生きる「ツリークライマー」

CIMG2692.JPG
「田舎暮らし」というと、どんなイメージをお持ちでしょうか。
自然あふれる里山。大きく広く青く抜けるような空。薪を燃やすストーブ。山菜や採り立ての野菜を楽しむ。
我が家もそんなイメージを持ち、20年ほど前に、ここ北杜市明野町に移住してきました。
赤松の林のなかに、伐採したその松を木材に使い家を建て、暮らしています。
田舎だからこそ、いい面もたくさんありますが、たいへんなことももちろんあります。
倒木の怖さと直面することも、そのひとつです。
上の写真の高く伸びる赤松。素人目にはわかりませんが、傷んできているのだそうです。
yazaki_2.jpg
そこで、この方をご紹介したいと思います。
ツリークライマーの矢崎道徳さんです。木を切るお仕事なんですが、特徴は高い木に登って上から切っていくこと。他に何もない山のなかなどでは木の根元を切り倒すやり方でいいのですが、周囲に家や道路がある場所ではそうはいきません。昔は「空師」とも呼ばれ、今は「アーボリスト」とも呼ばれるお仕事だそうです。
(写真は、ご本人の許可を得て掲載しています)
CIMG2794.JPG
ロープを命綱に、木に登り、切っていきます。
CIMG2804.JPG
高さ20メートルほどだと思います。こんな高いところで、チェーンソーを使うんですね。
CIMG2806.JPG
遠くから見ている方が、怖いです。
「弱っている木に登って、途中で倒れたりしたらどうするんですか?」と訊くと、「倒れる木かどうかは登る前にわかるので、だいじょうぶです」とのことでした。
矢崎さんは、長く林業に携わってきたそうです。登ったり切ったりする技術だけではなく、木にとても詳しくて、だから木の状態もとてもよくわかるんですね。
CIMG2805.JPG
切り落とした部分は、こうしてロープを巻いて落ちないようにしています。ロープは滑車で上下するように設置していて切った木をひとつずつ降ろしていきます。
yazaki_5.jpg
下でサポートする方は、ひとりだけ。真剣な表情でした。
yazaki_6.jpg
木から木へ、ロープを伝い移動もしていました。何本かを切るときには、必要な手段だそうです。
yazaki_4.jpg
時間をかけたロープワーク。それを信頼し身体を預けていく姿に、命をかけたお仕事なのだと実感しました。
CIMG2945.JPG
切った土地、木などを整備するのも大切な仕事です。丸太は見た目よりずっと重いんです。ここで暮らし始めて薪運びをするようになり、その重さに驚きました。
yazaki_1.jpg
矢崎さん、いい顔していますね。
林業で得た知識と経験を生かし、ロープワークを学び、矢崎流の仕事を確立していったそうです。
お話していて、とてもいいなと思ったのは、木を切ることだけに捉われず、森なり林なりを生かしていこうという姿勢です。生き生きとした森や林をデザインしていく仕事でもあるんですね。
木と生きる「ツリークライマー」素敵なお仕事だなあと思いました。
**********************
「ツリークライマー」矢崎道徳
高木伐採、剪定などいたします
〒400-0203 山梨県南アルプス市徳永1675
電話 090-4827-5728

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 自然・風景
2019年11月 1日
« 前の記事「そろって初冠雪! 雪化粧した富士山、八ヶ岳、南アルプス連峰の山々」へ
»次の記事「400年前にタイムスリップ~甲府城跡「舞鶴城公園」を散策しよう!」 へ
北杜・山梨特派員 新着記事
夢に見た本屋さんに行きたいのなら、アメリカヤの階段を上って~「mountain bookcase(マウンテンブックケース)」
レトロ時間をアメリカヤで~ゆったり時間が流れるカフェ「ボンシイク」
Jリーグ観戦に行ってきました~J1昇格に向けて、がんばれ!ヴァンフォーレ甲府
芸術の秋のお散歩にぴったり~「山梨県立美術館」&「芸術の森公園」
400年前にタイムスリップ~甲府城跡「舞鶴城公園」を散策しよう!
田舎暮らしに欠かせないお助け人~木と生きる「ツリークライマー」
そろって初冠雪! 雪化粧した富士山、八ヶ岳、南アルプス連峰の山々
田舎暮らし&野菜作り・庭造りを体験しよう~「南アルプスクラインガルデン」
1年前の同じ月に投稿された記事
ころ柿がいっぱい!フォトジェニックな『甘草屋敷』へ
まだ間に合う!紅葉の『昇仙峡』ウォーキング♩
JR甲府駅から徒歩1分!昔懐かしい蔵造りの街並みが並ぶ『甲府夢小路』
紅葉燃ゆる『瑞牆山』カンマンボロン登山に挑戦しました!

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 北杜・山梨特派員

    北杜・山梨特派員
    水月さえ
    2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集