海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 北杜・山梨特派員ブログ > 400年前にタイムスリップ~甲府城跡「舞鶴城公園」...

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年11月14日

400年前にタイムスリップ~甲府城跡「舞鶴城公園」を散策しよう!


400年前にタイムスリップ~甲府城跡「舞鶴城公園」を散策しよう!

CIMG2880.JPG
JR甲府駅南口から徒歩5分ほどの「舞鶴城公園」を散策してきました。
400年前には甲府城があった跡地。県指定史跡です。
舞鶴城」というのは、甲府城の雅な呼び方「雅称(がしょう)」で、鶴が舞うかの如く繊細で華やかな雰囲気を持つ城だったのでしょう。
甲府駅から歩くと、上の写真の内松陰門がいちばん近い入口になります。
CIMG2887.JPG
階段を上るとすぐに、まっすぐ空へと向かう謝恩碑が立っています。
明治44年大水害によって荒廃した土地の復興に役立てて欲しいと、明治天皇から県内にあった御料地を御下賜になったことを記念して建てられました。これがもととなった県有林は「恩賜林(おんしりん)」と呼ばれるようになったそうです。
CIMG2892.JPG
そのすぐ脇の鉄門をくぐりました。
CIMG2894.JPG
階段を降りると、恩賜林記念館があります。
恩賜林内から産出した石材・木材を使用して建てられていて、講演会や研修会などの会場となっています。
CIMG2898.JPG
そして、お堀が見えてきます。
CIMG2903.JPG
お堀沿いを歩くと、公園の正面玄関とも言える遊亀橋(ゆうきはし)に着きました。
CIMG2907.JPG
橋を渡ると、舞鶴城公園のシンボル、鶴の像。今にも飛び立ちそうな姿が見えてきます。
CIMG2919.JPG
ここに広がっている広場は、会所と呼ばれた勘定所跡だそうです。
年貢や工事に関する事務を扱う建物があった場所で、今は埋設保存されています。
四角く見える石垣の上は、天守台です。
CIMG2913.JPG
階段を上ると、稲荷曲輪門があります。
間近で見ると、この石垣、迫力ありますね。関ケ原合戦以前に積まれ、これだけきちんと残存している石垣は珍しいようです。「野面積み」という石積み初期の時代の積み方だとか。県外から、この石垣を観にいらっしゃる方も多いそうです。
CIMG2921.JPG
稲荷櫓のなかには、甲府城の歴史などがわかりやすく展示されていました。

では、甲府城って、どんなお城だったのでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
甲斐の国は、武田氏滅亡後織田信長の領地となり、本能寺の変のあとには徳川家康の配下となりました。
甲府城は、豊臣秀吉が天下統一した時代、腹心の部下加藤光泰によって築城が始められ、浅野長政・幸長父子によって完成します。そして関ケ原の戦いののち、ふたたび徳川家の城となりました。
時代は流れ江戸時代初め。徳川綱吉の養子となった柳沢吉保が城主となり、甲斐の国は江戸幕府の直轄地となります。その後享保の大火で本丸御殿が焼け落ち、廃墟となっていきます。
城跡は、その後明治30年(1897年)北側一部分が、甲府駅建設。明治37年(1904年)本丸周辺を「舞鶴城公園」として開放されました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
歴史の流れを知ると、散策もさらに楽しくなりますね。


いかがですか。
歴史の壮大さを感じさせられる開放感あふれる公園でしょう。
小春日和にぴったりな青空広がる「舞鶴城公園」で、歴史散策してみませんか。
**********************
「舞鶴城公園」
住所 甲府市丸の内1丁目
問い合わせ先 舞鶴公園管理事務所 055-227-6179

富士の国やまなし観光推進機 ホームページ https://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p2_4404.html

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2019年11月14日
« 前の記事「田舎暮らしに欠かせないお助け人~木と生きる「ツリークライマー」」へ
»次の記事「芸術の秋のお散歩にぴったり~「山梨県立美術館」&「芸術の森公園」」 へ
北杜・山梨特派員 新着記事
富士山眺望抜群スポット、八ヶ岳、南アルプス連峰の眺めもすばらしい信玄堤の「信玄橋」
ご当地カレーを楽しもう!「黒毛和牛・甲州牛カレー」&「富士山麓牛と20種類のスパイス香る無限スパイスカレー」
冬一番~"八ヶ岳颪"が吹き荒れました
山梨県韮崎市の"シンボルツリー"樹齢330年の「わに塚のサクラ」を救おう!
高村光太郎文学碑から望む"ダイヤモンド富士"ビューポイント「日出づる里」~富士川町
人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~夕暮れにたたずむ
南アルプス連峰の「甲斐駒ヶ岳」が初冠雪~2021年10月20日
双葉SAで"静岡フェア"開催中!山梨と静岡を結ぶ「中部横断道」全線開通しました
1年前の同じ月に投稿された記事
ころ柿がいっぱい!フォトジェニックな『甘草屋敷』へ
まだ間に合う!紅葉の『昇仙峡』ウォーキング♩
JR甲府駅から徒歩1分!昔懐かしい蔵造りの街並みが並ぶ『甲府夢小路』
紅葉燃ゆる「瑞牆山」カンマンボロン登山に挑戦しました!

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 北杜・山梨特派員

    北杜・山梨特派員
    水月さえ
    2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集