海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 北杜・山梨特派員ブログ > 人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"...

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年12月22日

人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~薪ストーブ


人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~薪ストーブ

CIMG4791.JPG
早いもので、令和となった今年もあとわずか。
小春日和が続いた11月とは打って変わって、12月に入り北杜市では零下の朝が増えました。上の写真は雪化粧した八ヶ岳の最高峰赤岳です。山々が美しく見えるこれからの季節は、寒さも厳しくなっていきます。
CIMG4795.JPG
こちらは、南アルプス連峰。雄大ですねえ。
さて。その寒~い季節、田舎暮らしならではのお楽しみをご紹介します。薪ストーブです。
CIMG3079.JPG
火のある暮らしっていいですよね~♩
火を見るとホッとしたり癒されたりするのは、生活のなかに常に火が重要な役割をしていた古代のDNAが人間のなかに残っているからだともいわれていますね。
環境にもいいといいます。木を燃やすのは、自然の循環のひとつなのだそうです。
CIMG6187.JPG
我が家の薪ストーブは、ハースストーンというメーカーのものです。石造りで暖炉を思わせる雰囲気で気に入っています。
CIMG3673.JPG
ストーブの上でくるくる回っているのは、温風器です。ストーブの熱を感知して回るタイプでエコなんですよ。
薪ストーブは、たいてい家にひとつ置くものなので、熱効率をよくすることが大切になってきます。我が家も2階の吹き抜けの下に設置したので、試行錯誤を繰り返しました。2階の子ども部屋は暖かいのに、肝心のリビングが暖まらない! じつは一段低くなっていた薪ストーブスペースを床と同じ位置に上げました。
DSCN5381.jpg
さて。薪を燃やすには、当然ですが薪が必要になります。庭に作った薪小屋です。
DSCN5380.jpg
我が家は傾斜地なので北側の軒下も、すべて薪置き場になっています。
切ったばかりの生木は水分が多く燃やせないので、2~3年寝かせて乾かしています。
CIMG5120.JPG
焚きつけの小枝も必要です。これは猫柳を剪定するというご近所の方にいただいた枝。この猫柳、ストーブに入れる前に手で折るんですが、そのときハーブのように香るんです。そんなことも、薪ストーブの暮らしの楽しみのひとつです。
10959632_10203516984671565_5363439274309306792_n.jpg
その薪の調達が、大仕事です。夫は知り合いに声をかけ、切っていいといわれれば山にチェーンソーを持って切り出しにも行きます。
DSCN6518.jpg
そして薪割り。油圧式のこの薪割り機は、ご近所の方6軒で共同購入しました。メールでやりとりして、使った人が次に誰かが使うまで保管するとか、ほかの人には貸さないとか、ルールを作って使っています
(写真は許可を得て掲載しています)。
DSCN6520.jpg
油圧式の薪割り機は、ゆっくり動くので安全性が高いんです。パワフルで、大きく堅い丸太もたいていは割ることができます。
CIMG5720.JPG
そして毎年欠かせないのが、煙突掃除です。1年に1回が通常でしょうか。でも薪の質や燃え方などで煙突が詰まったときにはその都度必要になってきます。
CIMG0558.JPG
煙突の長さを掃除できる長ーいブラシも必要ですが、薪ストーブ屋さんに煙突掃除を依頼することもできるようです。
我が家が薪ストーブを設置した頃、20年前には松などの針葉樹はヤニで煙突が詰まるから燃やせないというのがスタンダードだったんですが、最近の薪ストーブは針葉樹を燃やせるタイプのものも出回っているそうです。これから薪ストーブを選ぶ方は、薪の調達やその辺りも考えて選ぶといいと思います。
CIMG5721.JPG
我が家の煙突です。家を建てる前に娘が「サンタさんが入れるような煙突が欲しい」と言ったんですが、サンタさん入れるかな? 何度か、野鳥が入ってきて大騒ぎになり、煙突の上には網をかぶせています。野鳥さんたち、ぶじ救出し飛んでいきましたが(笑)


いかがですか。
薪ストーブのある暮らし、イメージできたでしょうか。
そうそう。薪ストーブは、3度暖まるといわれているんですよ。
割って暖まり、運んで暖まり、焚いて暖まる。
ちょっとすてきじゃないですか。
薪を燃やす暮らし、始めてみませんか?


ということで、今年もありがとうございました。
みなさま、どうぞよいお年をお迎えくださいませ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温 生活・習慣・マナー 自然・風景
2019年12月22日
« 前の記事「ゆったり時間とスペシャルティコーヒーを楽しめる珈琲店~「AKITOCOFFEE(アキトコーヒー)」」へ
»次の記事「旅って、いいな~ポルトガル・リスボンでカウントダウン!」 へ
北杜・山梨特派員 新着記事
富士山眺望抜群スポット、八ヶ岳、南アルプス連峰の眺めも素晴らしい信玄堤の「信玄橋」
ご当地カレーを楽しもう!「黒毛和牛・甲州牛カレー」&「富士山麓牛と20種類のスパイス香る無限スパイスカレー」
冬一番~"八ヶ岳颪"が吹き荒れました
山梨県韮崎市の"シンボルツリー"樹齢330年の「わに塚のサクラ」を救おう!
高村光太郎文学碑から望む"ダイヤモンド富士"ビューポイント「日出づる里」~富士川町
人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~夕暮れにたたずむ
南アルプス連峰の「甲斐駒ヶ岳」が初冠雪~2021年10月20日
双葉SAで"静岡フェア"開催中!山梨と静岡を結ぶ「中部横断道」全線開通しました
1年前の同じ月に投稿された記事
山梨の美味しいラーメン屋さん!〈その1〉味噌ラーメンが旨い店3選
八ヶ岳スケートセンター&八ヶ岳リゾートアウトレットで遊ぼう!
シャンパン色のイルミネーション&ワインレッドのカーペット!星野リゾート『リゾナーレ八ヶ岳』
幸せ広がる空間~オリジナルキャンドル専門店『nature ground(ネイチャーグラウンド)』

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 北杜・山梨特派員

    北杜・山梨特派員
    水月さえ
    2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集