海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 北杜・山梨特派員ブログ > お家でフォトジェニック!「青い富士山カレー」&「赤...

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年1月29日

お家でフォトジェニック!「青い富士山カレー」&「赤い富士山カレー」


お家でフォトジェニック!「青い富士山カレー」&「赤い富士山カレー」

CIMG7353.JPG
双葉サービスエリアで購入した富士山カレーを、さっそくいただいてみました。「青い富士山カレー(税込840円)」と「赤い富士山カレー(税込864円)」です。
双葉サービスエリアの記事はこちら
【富士山の展望抜群!中央自動車道「双葉サービスエリア(下り線)」】
CIMG7880.JPG
では、青い富士山カレーから。笛吹市産桃果汁も入ってるんですね。お鍋で5分ボイルします。
CIMG7882.JPG
なになに。ご飯を富士山の形に盛って。
CIMG7889.JPG
こんな感じかな~?
CIMG7894.JPG
温めたカレーをかけます! できた~でも、下手(笑)
でもでも、すごい明るいブルーで、神秘的ですね♩
CIMG7896.JPG
トッピングもしてみました。ココナッツミルクが入っていたのでタイカレー風なのかと思い、パクチーとライム、フライドガーリックを。このトッピング、ばっちり合いました。おいしかった!
でも味はタイカレーというより、クリーミーな日本っぽいチキンカレーかな。ちょっぴりピリッと辛味を感じる程度の甘口で、辛いものが苦手な方にも楽しんでいただけると思います。
CIMG7909.JPG
では、赤い富士山カレーもいってみましょう。こちらには笛吹市産ぶどう果汁が入っているんですね。辛いもの大好きなので、辛口のこれ楽しみだったんです。
CIMG7910.JPG
さっきより富士山っぽくできるかな~? 高めにスリムにご飯を盛って。
CIMG7915.JPG
やった! ちょっと富士山っぽくなった。
CIMG7917.JPG
こちらもチキンカレーです。トッピングには、野菜のピクルスを添えました。
食べてみてびっくり。このカレー、辛い! おいしい♡辛いもの大好きなわたしでも、お水を飲みながら休憩しつついただくほどに辛かったです。でももちろん完食。この辛さはやみつきになるなあ。


いかがですか。
特派員の私よりもっと映える盛りつけができるという方もたくさんたくさんいらっしゃると思います。
かっこいい盛りつけができたら、ハッシュタグをつけて、SNSにアップしてみませんか。
 #青い富士山カレー #赤い富士山カレー #fujisancurry
富士山カレーもいっています。
「あなたの青い富士山カレー、赤い富士山カレーをSNSで自慢しちゃおう!!」
********************
こちらのレストランで、購入することも、召し上がることもできます。
「中央自動車道 双葉サービスエリア(下り線)」
住所 山梨県甲斐市竜地2630
電話 0551-28-4035
ホームページ http://yamanashikotsu.co.jp/futaba

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材
2020年1月29日
« 前の記事「富士山の展望抜群!中央自動車道「双葉サービスエリア(下り線)」」へ
»次の記事「白く美しい観音様~関東三観音に数えられる韮崎の「平和観音」」 へ
北杜・山梨特派員 新着記事
富士山眺望抜群スポット、八ヶ岳、南アルプス連峰の眺めも素晴らしい信玄堤の「信玄橋」
ご当地カレーを楽しもう!「黒毛和牛・甲州牛カレー」&「富士山麓牛と20種類のスパイス香る無限スパイスカレー」
冬一番~"八ヶ岳颪"が吹き荒れました
山梨県韮崎市の"シンボルツリー"樹齢330年の「わに塚のサクラ」を救おう!
高村光太郎文学碑から望む"ダイヤモンド富士"ビューポイント「日出づる里」~富士川町
人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~夕暮れにたたずむ
南アルプス連峰の「甲斐駒ヶ岳」が初冠雪~2021年10月20日
双葉SAで"静岡フェア"開催中!山梨と静岡を結ぶ「中部横断道」全線開通しました
1年前の同じ月に投稿された記事
ノーベル賞の大村智博士がつくった美術館『韮崎大村美術館』へ
山梨の郷土料理~うまいもんだよ南瓜のほうとう!
駅弁丸政の『MASAICHI』JR甲府駅ナカにオープン!
『武田八幡宮』初詣~よい年になりますように!

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 北杜・山梨特派員

    北杜・山梨特派員
    水月さえ
    2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集