海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 北杜・山梨特派員ブログ > 富士山も八ヶ岳も美しい!甲斐市~南アルプス市「双田...

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年3月 2日

富士山も八ヶ岳も美しい!甲斐市~南アルプス市「双田橋」


富士山も八ヶ岳も美しい!甲斐市~南アルプス市「双田橋」

CIMG8644.JPG
こんにちは。年頭から積極的に富士山スポットをご紹介している北杜・山梨特派員水月です。
CIMG8648.JPG
さて。美しく雪化粧した富士山が雄姿を見せる、ここはどこでしょう?
CIMG8669.JPG
釜無川を渡る双田橋(そうだばし)です。
CIMG8652.JPG
車で通るたびにきれいな富士山を目にしていましたが、ゆっくり歩いて渡ってみることにしました。
橋の名は両岸の旧自治体名で甲斐市(旧双葉町)の「双」と、南アルプス市(旧八田村)の「田」から名づけられたそうです。
CIMG8640.JPG
おお! 富士山の反対、北側には八ヶ岳がこれもまた美しい姿を見せてくれています。
CIMG8633.JPG
八ヶ岳は8つの峰がそびえる連峰で、山梨には、こんな言い伝えもあるんですよ。

むかーしむかし、八ヶ岳は富士山より高かった。
しかし富士山は自分の方が高いといってゆずらない。それを見た阿弥陀如来は、ケンカをおさめるために両方の頂上から水を流した。すると水は富士山の方へと流れ、八ヶ岳の方が高いことがわかった。負けた富士山は怒ったのなんの。悔しさのあまり、八ヶ岳の頭をげんこつでたたいてしまった。
「あいたたた!」
かわいそうに八ヶ岳は頭が割れて八つの峰(硫黄岳・横岳・阿弥陀岳・赤岳・権現岳・旭岳・西岳・編笠山)に分かれてしまい、前より低くなってしまったとさ。
CIMG8636.JPG
そして西側には、間近に南アルプス連峰がそびえています。
CIMG8667.JPG
甲斐駒ケ岳。
CIMG8666.JPG
地蔵ヶ岳・観音ヶ岳・薬師ヶ岳から成る鳳凰三山(ほうおうさんざん)。美しいですね。
CIMG8656.JPG
日々いろいろなことがありますが、美しい山々を眺めると元気が出ますよね。
どうぞみなさんにいい春が訪れますように。
********************
■双田橋
・住所: 山梨県甲斐市下今井 ※釜無川と御勅使川との合流地点すぐの場所にある橋。
・データ: 長さ359.5m、幅員15.3m、6径間の連続鋼製箱桁橋として2004年(平成16年)3月31日開通。
・アクセス: ショッピングモール「ラザウォーク甲斐双葉店」 からすぐ。

地図をズームするには、Ctrl キーを押しながらスクロールしてください

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2020年3月 2日
« 前の記事「【中止になりました】3月1日は「手話まつり」手話を知らない方も大歓迎~みんなで楽しく笑っちゃおう!」へ
»次の記事「山々に囲まれた開放感抜群の公園~ドラゴンパーク「赤坂台総合公園」」 へ
北杜・山梨特派員 新着記事
冬一番~"八ヶ岳颪"が吹き荒れました
山梨県韮崎市の"シンボルツリー"樹齢330年の「わに塚のサクラ」を救おう!
高村光太郎文学碑から望む"ダイヤモンド富士"ビューポイント「日出づる里」~富士川町
人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~夕暮れにたたずむ
南アルプス連峰の「甲斐駒ヶ岳」が初冠雪~2021年10月20日
双葉SAで"静岡フェア"開催中!山梨と静岡を結ぶ「中部横断道」全線開通しました
山梨限定~記念切手発売!信玄公生誕500年記念 武田信玄公が築いた「山梨の魅力」フォトコンテスト
山梨県北杜市がPayPayでお得!最大30%戻ってくるキャンペーン開催中(2021年10月~11月)
1年前の同じ月に投稿された記事
中央線が、変わる。~何が変わったの?乗車レポート
南アルプス連峰が見渡せる「三分一湧水」で、水の大切さを考えよう!
今が見頃!富士山の見える梅園~甲府『不老園』
山梨の酒を味わう~『名山の水 山の酒 純米酒 飲み比べセット』

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 北杜・山梨特派員

    北杜・山梨特派員
    水月さえ
    2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集