海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 北杜・山梨特派員ブログ > 人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"...

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年5月 1日

人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~「野の草花に親しむ」


人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~「野の草花に親しむ」

CIMG0804.JPG
こんにちは。北杜・山梨特派員の水月です。
2020年の今年のゴールデンウイークはお出かけ自粛ということですが、三密を避けたウォーキングは推奨されていますね。
わたしも、日々歩いています。田舎道を歩けば、道々、微笑みかけてくれる野に咲く花々たち。
20年前に越してきてから、野に咲く草花の名前もずいぶん覚えました。
1枚目の写真は、チゴユリ。散歩道沿いの森に群生していました。花言葉のひとつは「恥ずかしがりや」だそうです。見つけると思わず微笑み返してしまうかわいらしい花です。
CIMG0226.JPG
2枚目は、あちらこちらに咲いているヒメオドリコソウです。
笠をかぶった踊り子のような踊子草に似た小さな花だからと名づけられたそうです。花言葉のひとつは「愛嬌」。くるくると踊り続けているかのような姿だからでしょうか。
CIMG3798.JPG
3枚目は、近隣の森に群生していたヒトリシズカです。
花言葉のひとつは「隠された美」。名前のとおり、木々の影に静かに咲いていました。
CIMG0894.JPG
4枚目は、マムシグサです。蝮が首を持ち上げているかのような姿ですね。秋には真っ赤な実をつけますが、毒があるそうなのでご注意を。
CIMG0005.JPG
5枚目も、道々よく見かけるハナダイコンです。
別名「諸葛菜」(しょかっさい)。三国志の諸葛孔明が出陣した先々で種を撒き、兵士の食糧にと栽培したことから、そう呼ばれているそうです。
CIMG0456.JPG
6枚目は、堰沿いの道に咲いていたフデリンドウ。地面からにょきっと花を咲かせています。花を閉じた姿が、筆先に似ていることからつけられた名前だそうです。見つけたときには、かわいくてパッと気持ちが明るくなりました。
CIMG0011.JPG
7枚目は、カキドオシ。この花も道端によく咲いています。
花が終わったあと、茎が倒れてツタのように根をおろしながら地面をはって垣根を通り抜け、隣の土地まで行くことから「垣根を通す」「垣通し」と呼ばれるようになったとか。強い植物なんですね。
CIMG9924.JPG
8枚目は、タチツボスミレです。庭に飛んできた種が根づいて毎年花を咲かせてくれます。
スミレはたくさん種類があって、散歩中にも濃い紫のものや葉が尖ったものなどいろいろ見かけます。
CIMG0445.JPG
なかなか名前がわからない野の草花もあります。9枚目の写真は、たぶんミツバツチグリだと思うんですが。
CIMG0463.JPG
そしてこちらは、キジムシロらしいんですが、花も葉もとても似ているでしょう?
どちらも似た種類が多くて、素人がみてもこれと断定できないものもあるんです。野の花も奥が深いですね~
そんなときには、SNSの野の草花が好きな方々が集まったグループに写真を載せて、訊いてみることにしています。詳しい方もたくさんいらっしゃって、いろいろ教えていただけるので楽しんでいます。
CIMG1340.JPG
最後の1枚は、オオヤマフスマです。一昨年、お隣り韮崎市の甘利山を歩いたときに見つけました。
花言葉のひとつは「いたわり」だそうです。


草花たちは、季節ごとに生命力あふれる姿を見せてくれます。
今は我慢のときですが、いずれまた穏やかに暮らせる日々が戻ってくることを信じて、小さな草花に目を向けてみませんか。
わずかばかりかも知れませんが、きっと元気をもらえると思いますよ。
**********************
「人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方」バックナンバーはこちらです。
第1回「定点観測」
第2回「野鳥観察」
第3回「山菜を満喫」
第4回「空を眺めて」
第5回「薪ストーブ」

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2020年5月 1日
« 前の記事「南アルプス連峰と水面に揺れる桜のコラボレーション「長坂池の桜」」へ
»次の記事「人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~「蝶とたわむれて」」 へ
北杜・山梨特派員 新着記事
富士山眺望抜群スポット、八ヶ岳、南アルプス連峰の眺めも素晴らしい信玄堤の「信玄橋」
ご当地カレーを楽しもう!「黒毛和牛・甲州牛カレー」&「富士山麓牛と20種類のスパイス香る無限スパイスカレー」
冬一番~"八ヶ岳颪"が吹き荒れました
山梨県韮崎市の"シンボルツリー"樹齢330年の「わに塚のサクラ」を救おう!
高村光太郎文学碑から望む"ダイヤモンド富士"ビューポイント「日出づる里」~富士川町
人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~夕暮れにたたずむ
南アルプス連峰の「甲斐駒ヶ岳」が初冠雪~2021年10月20日
双葉SAで"静岡フェア"開催中!山梨と静岡を結ぶ「中部横断道」全線開通しました
1年前の同じ月に投稿された記事
もしわたしが山梨のお土産BOXを3,000円でつくるなら~酒の肴編
人気の北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~「山菜を満喫」
南アルプスの天然水が美味しい~『道の駅はくしゅう』
山頂に真っ白なビーチ広がるフォトジェニックな『日向山』登山

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 北杜・山梨特派員

    北杜・山梨特派員
    水月さえ
    2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集