海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 北杜・山梨特派員ブログ > 山梨に生まれた歌人~山崎方代の生家跡を訪ねる

日本国内/北杜・山梨特派員ブログ 水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年3月 7日

山梨に生まれた歌人~山崎方代の生家跡を訪ねる


山梨に生まれた歌人~山崎方代の生家跡を訪ねる

CIMG9331.JPG
こんにちは~北杜・山梨特派員の水月です。今回は、山梨に生まれた歌人、山崎方代を紹介します。
この歌碑は、山崎方代生家跡に置かれたものです。
「なりゆきにまかせているとかたわらの涙の土瓶が笑い出したり」
方代の短歌は、口語体でわかりやすい表現を使い、何気ない日常のなかに孤独やユーモアを込めているところが魅力なんですよ。
CIMG9351.JPG
こんなふうに木の立札もありました。南天の木の横に立っていました。
「一度だけ本当の恋がありまして南天の実が知っております」
この歌は、和歌山に住む歌人に恋をした方代が、その女性を想って歌ったと言われています。すてきだなあ。
CIMG9347.JPG
生家跡は、甲府市右左口(うばぐち)町の敬泉寺(きょうせんじ)の隣りです。
CIMG9360.JPG
小さなお寺ですが、方代ファンが訪れるスポットになっています。わたしもお参りしてきました。
CIMG9426.JPG
方代の歌碑が数多く設置されている「右左口の里」もすぐ近くあります。
この右左口町付近には、なんと26もの歌碑が設置されているんです。
厳冬期のいまは訪れる人の姿もありませんでしたが、夏には釣り堀やBBQ、陶芸なども楽しめる公園です。
CIMG9392.JPG
「ひる前にランプのほやを磨きあげいつものように豆を煮つめる」
右左口村に8人兄弟の末っ子として生まれた方代は、家業である農業などを手伝いながら、15歳頃から短歌を詠み始めました。
CIMG9432.JPG
「右左口の峠の道のうまごやし道を埋めて咲いておるらん」
故郷右左口を愛した「望郷の歌人」とも呼ばれているそうです。
CIMG9380.JPG
「右左口の里」の駐車場からは、南アルプス連峰のなかに美しく雪化粧した白根三山を望むことができました。真っ白い山の左が間ノ岳(あいのだけ)、右が富士山に次いで日本第2位の標高を誇る北岳です。
方代は、日々こういう風景を眺め、暮らしていたんですね。
CIMG9655.JPG
『方代』という歌集を購入(税込2100円)。短歌に明るくない私ですが、ちょっとだけ勉強しました。というか、心に響く歌が多くて夢中になって読んだんですよ。
冒頭の一首。
「わからなくなれば夜霧に垂れさがる黒きのれんを分けてでてゆく」
20代のときには神奈川に移り住み、生涯家を持たず、妻子を持たず、酒と煙草と短歌を愛した人だったといいます。
「茶碗の底に梅干しの種二つ並びおるああこれが愛と云うものだ」
方代が、茶碗の底をじっと見つめるさまが目に浮かびました。
読み終えて、方代の視野の広さ、視点が自由自在に動くおもしろさにハッとさせられるとともに、日常というものをとても大切にしていた人だったのだと感じ、あたたかな気持ちになりました。コロンと転がった梅干し種、真っ赤な南天の実、道端のシロツメクサ(うまごやし)、ランプのささやかな灯り、豆を煮る匂い、そんな身近なものたちがくっきりと浮かび上がってくるような歌の数々。あらためて、いまの時代に多くの人に読んでいただきたいと思いました。
********************
■山崎方代〈1914(大正3)年~1985(昭和60)年〉
・甲府市観光課~山崎方代 URL: https://www.city.kofu.yamanashi.jp/welcome/gejutsu/houdai.html
■山崎方代生家跡(敬泉寺隣り)
・住所: 〒400-1504 山梨県甲府市右左口町64 敬泉寺
■右左口の里
・住所: 〒405-1505 山梨県甲府市中畑町1132
・TEL: 055-266-4680
・URL: http://ubaguchi.com/plan.html

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 自然・風景
2021年3月 7日
« 前の記事「3月7日は「手話まつり」~甲府駅北口広場で、みんなで楽しく笑っちゃおう!」へ
»次の記事「人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~スモークベーコンを手作りする」 へ
北杜・山梨特派員 新着記事
冬一番~"八ヶ岳颪"が吹き荒れました
山梨県韮崎市の"シンボルツリー"樹齢330年の「わに塚のサクラ」を救おう!
高村光太郎文学碑から望む"ダイヤモンド富士"ビューポイント「日出づる里」~富士川町
人気の山梨県北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~夕暮れにたたずむ
南アルプス連峰の「甲斐駒ヶ岳」が初冠雪~2021年10月20日
双葉SAで"静岡フェア"開催中!山梨と静岡を結ぶ「中部横断道」全線開通しました
山梨限定~記念切手発売!信玄公生誕500年記念 武田信玄公が築いた「山梨の魅力」フォトコンテスト
山梨県北杜市がPayPayでお得!最大30%戻ってくるキャンペーン開催中(2021年10月~11月)
1年前の同じ月に投稿された記事
一度は見ておきたい街角の桜~「大豆生田のしだれ桜」
スーパーで買える山梨土産~からだにいいもの編「くわ茶」「雑穀」「塩糀」
山々に囲まれた開放感抜群の公園~ドラゴンパーク「赤坂台総合公園」
富士山も八ヶ岳も美しい!甲斐市~南アルプス市「双田橋」

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■山梨県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 北杜・山梨特派員

    北杜・山梨特派員
    水月さえ
    2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集