海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > アラスカ/ホーマー特派員ブログ

アラスカ/ホーマー特派員ブログ 裕子

アラスカ・ホーマー特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


都会で時間のある時は、お散歩に出ましょう!

 今回はホーマーのお話ではありません。アンカレッジにあるお散歩コースです。

さすがに舗装されています。

こちらのコースタル・トレイルは町の中にいながら、まるで郊外の自然の中にいるような気分にさせてくれます。

ここを通ってダウンタウンから地震公園まで歩いて行けるんですよ~。お天気のいい日にはお勧めです。

今回はダウンタウンからではなく、途中のMargaret Eagan Sullivan Park(マーガレット・イーガン・サリバン公園)からコースタルトレイルに入っていきます。
DSC_0021.JPG

ここは、チェスタークリーク・トレイルと言う遊歩道との分岐点でもあります。内陸(東)方面へ緑の中行く舗装されているお散歩コースです。

チェスター・クリーク・トレイルのお話はまた今度にしておきまして、今日は海沿いのコースタルトレイルへと向かいます。

自転車の方、犬のお散歩をしている方、ジョギングをされている方、お友達とお話をしながら早歩きの方々、いろんな人が行き来しており、寂しくありません。

この公園の駐車場の近くには自転車を修理するステーションまであります。

DSC_0019.JPG

トニー・ノウルズ・コースタル・トレイルのサインがあります。
DSC_0022.JPG

ここから南へ向かいます。このチェスター・クリーク・トレイルとの分岐点辺りにはウェスト・チェスター・ラグーンがあり、そこにはマガモやカナダ雁などの水鳥がやってきます。なかなかの絶景スポットです。

DSC_0026.JPG
 
このラグーンは冬には水面が凍り、アイススケートができます。
そこを後にし、小さなトンネルを潜り抜けます。このトンネルの上はアラスカ鉄道の線路です。

DSC_0035.JPG

抜けると、向こう側は海沿いの景色になります。

DSC_0037.JPG

もうすぐで南の方へ飛び立ってしまう、サンドヒルクレーン(Sandhill Crane/カナダヅル)がいました。最近、早朝に彼らの仲間が飛び立っていく声が天高く聞こえます。
あれを聞くと、もう短かった夏が終わりなんだなぁ、と寂しくなります。

DSC_0042.JPG

引き潮の時に行くと、MudFlats(マッドフラット)と呼ばれる所を間近に見ることができます。ここは氷河が動くことによって岩が削られて出来るシルト(Silt)と言う細かい岩の粉でできております。
大変な量のシルトがここに流れてきます。
ちなみに、立ち入り禁止です。流砂の様に足を取られて、出られなくなってしまうからです。このあたりの潮の満ち引きは大変激しく、潮が満ちて来た時に出られないと、逃げられなくなってしまいます。

DSC_0045.JPG  
ね。

標識はちゃんと守りましょう。

途中、林の中に入っていけるトレイルがありますが、先がたいそう枝分かれしていて、動物がいつ出てきてもおかしくなく、暗くなってしまったら嫌な感じなので、初心者の方は行かない方がいいかと思います。見るだけでも、紅葉がきれいです。
DSC_0048.JPG

今日は、カナダ雁も、まだいました!なぜか安心。
DSC_0050.JPG

そろそろ暗くなってきそうなので、来た道を帰る事にしました。

本日の日の出時刻7時5分、日の入り時刻20時47分。
まだまだ日は長いですが、夏の様にはいかない。

来た道をそのまま帰るのは少し物足りないと思うのですが、今回は時間がないのでUターンして戻ってきました。
DSC_0083.JPG

さっきとはまた違う日の光。日が落ちてきました。そして肌寒くなってきました。

DSC_0088.JPG

頭上を行くカナダ雁の鳴き声と共に夕陽がやって来る。

DSC_0098.JPG

ここからは公園を出て、住宅街を歩いています。
このリンゴ見て!

DSC_0122.JPG

ナナカマドがあちらこちらで見られます。

DSC_0131.JPG

途中でいくつか、これくらいの大きさの小さな図書館を見つけました。自分が何かいらない本を持っていれば、ここに置いていけます。

DSC_0136.JPG

何もオヤツを持って来なかったので、途中でお腹が空いてしまったのですが、なんと!ラッキーにもハイブッシュクランベリーを見つけました!!しばらく、止まってつまみ食いをしました。

DSC_0142.JPG

エネルギー補給が出来たので、これで家路にたどり着けられます。
良かった~。


たまには、外をお散歩するのもいいものです。自分のペースで歩いてみてください!

DSC_0034.JPG


地図で、見たほかのトレイルも今度行ってみます!

DSC_0119.JPG



2019年9月 7日

訳して青いウニ?

実はスピットにある小物屋さんです。

レストランAK Fish Friers
の間隣です。
20190711181727.jpg

主にアラスカのアーティストによるカワイイ物がいっぱい!

こちらはメタルアート。
20190711182524.jpg

もちろんジュエリーも売っています。
20190711182531.jpg

店内に並べられているディスプレーを見ているだけで時間があっという間に過ぎて行ってしまいます。
20190711182541.jpg

マグカップやキャンドル、ハンドメイドの石鹸なども売られています。
20190711182617.jpg

実用的なものが好きな私も一品買ってしまいました。
20190711182604.jpg

隣のレストランでオーダーしてから、さくっとブルーアーチンに入るといいかと思います。

何か見付かるといいですね!
20190711182629.jpg

Blue Urchin ブルーアーチン 住所: 4246 Homer Spit Rd. #2,Homer, Alaska 99603 ウェブサイト:https://blueurchinhomer.com/





2019年7月26日

ホーマーはフィッシングタウンと言うだけにフィッシュ&チップス系のレストランがいくつかあります。その中でも割と新しいフィッシュアンドチップスのお店を紹介します。

その名も!”AK FishFryer”(エーケー・フィッシュフライヤー)。そのまんま!

座る席やテーブルがないのでレストランと言うよりかは、お持ち帰りのお店のようなものです。
近くにはピクニックテーブルがあるので、天気のいい日には揚げたてを青空の下でパクリ!

少し見つけにくいのが難ですが、有名(?)なblue urchinと言うかわいいお店の間隣にあるので、そこを目指していくといいです。駐車場の一角か!というようなところにあります。

04.jpg

こちらのカウンターで注文します。
メニューはいたってシンプル。
フィッシュ&チップス(フレンチフライ)と、チャウダーと、サラダと、魚が嫌いな方向けにレインディア―(トナカイ)ソーセージ。

20190711_181701.jpg
お魚は、おひょう(HALIBUT)と、コッドCOD(タラ)のフライと二種類あります。COMBOとあるのは、オヒョウとコッドの両方が一皿に一緒に入ってくるというものです。

チャウダーもありますが、私はお魚フライの方を断然お勧めします。

ここの素敵なところは、自分で釣ってきたとれたての魚の切り身を持っていけば、$8/パウンドで、その場で揚げてくれること。
20190711_181653.jpg
こちらのはかりで重さをはかってくれます。
ホーマーに来たら是非やらなくてはいけない(?)お勧めのハリバットチャーターボートツアー。
そこで釣ってきたばかりのオヒョウをその日のフレッシュなまま揚げてくれるんですよ~。贅沢ですね~。
そして、台所の片付けの心配なし!(揚げ物の片付けが面倒くさいと思うのは私だけではないはず!)

タルタルソースとレモンが付いてきます。自分の魚を調理してもらう場合はフレンチフライは別料金で追加注文になります。

新しめのお店ですが、なかなか人気な模様です。地元民にも評判はいいです。
ダイブ待たされましたが、待っている間には近くのショップで、お土産等の買い物を兼ねて見回るのに丁度よし。

待っている間にお腹が猛烈に空いてくる~~~。

20190711_184542.jpg

カラッとうまく揚がっていて、熱々で食べるのが最高です。

是非お試しあれ!

【AK Fish Fryers】 住所: 4398 AK-1, Homer, AK 99603 (blue urchinの間隣) http://akfishfryershomer.bestcafes.online/






instagram:@betteringmom
facebook:フェースブック


2019年7月22日
2019年7月 1日
2019年6月27日
2019年5月25日
2019年4月 5日
⇒すべての記事を見る

アラスカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アラスカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/オーランドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタバーバラアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ホーマー特派員

    ホーマー特派員
    裕子
    はじめまして!アラスカ州からお便りを送らせていただきます。 子供時代、70年代後半から80年代にかけてをモスクワで8年間。どう言う訳か敵国(?)のアメリカ、そして又もや寒い地に住んでいます。流れと勢いに任せてアラスカのアンカレッジから車で5時間程南下した所にある小さな町ホーマーまで辿り着きました。 美味しいものと、美しい大自然を堪能する事、健康には目がありません。現在2人の子育てに奮闘中。息子は釣りに夢中、娘は動物好き、ホーマー生活を発信します。 DISQUS ID @disqus_3hg29p12yC

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集