海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 香港/香港特派員ブログ

香港/香港特派員ブログ 武田 信晃

香港・香港特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

毎年旧暦の8月15日から3日間は、MTR天后(Tin Hau)駅の南側にある浣紗街(Wun Sha Street)周辺で「舞火龍(Fire Dragon Dance)」が開催されています。2017年は10月3日~6日です。実は筆者は火龍の儀式が行われる蓮花宮という廟のすぐそばに住んでいたことがあるので、毎年見る事ができました。


これが始まったきっかけですが、1880年の中秋節の前日に台風が香港を襲います。漁村だった大坑村は(まだ埋め立て前だったので、村の近くに海岸線がありました)、被害を受けただけでなく、裏庭で飼育していた家畜はニシキヘビに食べられてしまいました。そこで住民はニシキヘビ駆除します。しかし、ニシキヘビの死体が消えたとほぼ同時に、感染病が発生し大勢の村民が死亡したので、復讐として伝染病が起こったのだと村民は考えます。「中秋節間、ファイヤー・ドラゴンダンスを踊って爆竹を鳴らせば、疫病を追い払える」と仏陀からのお告げがあったと村の長老と語ります。村民は早速「火龍」を作り、3日3晩踊り続けると伝染病がなくなったという言い伝えです。

00.jpg

昔は藁で作られていましたが、今は珍珠草で釣られています。ドラゴンの大きさは全長約67メートル、32個の節があります。歯の部分は鉄で作れている事もあり、総重量は100キロを超え、頭の部分だけでも48キロあります。ダンスの後、昔は銅鑼湾(Causeway Bay)の台風シェルターに捨てられていましたが、環境汚染のことあり、火で燃やしています。


大量の線香に一気に火をつけそれを胴体に刺していきます。ダンスは20時15分から本格的に開始されます。沿道にはたくさんの人で熱気にあふれていますし、煙がすごいのでハンカチがある方がいいでしょう。また、火の粉が結構飛んでくるので気をつけて下さい。踊りが一定の時間がたつと線香が皆さんに配られます。その間に、再び大量に線香に火をつけて、再び龍の本体に刺して再び舞が始まります。太鼓とシンバルに合わせた踊りは迫力満点で、ランタンを持った子どもたちも龍の近くを歩くので、華やかな雰囲気にもなります。

01-1.jpg

筆者が現地に住んでいたのは15年近く前ですが、当時は、自動車の板金屋、ローカルな床屋などでした。しかし、ここ7、8年、お洒落な店が並ぶようになり雰囲気が一気に変わりました。ローカルなイベントとお洒落な店というある意味、対照的なものを同時に体験できる=そう言う意味でも香港らしいイベントだとおもいます。



2017年9月23日

購入したら想像以上に喜ばれ、自分ようにも重宝するのど飴の「念慈庵」

お土産というのは自分用と友人、家族、お世話になって人用の2種類があります。自分用はいいのですが、相手用となると時に悩ましい問題になります。香港ならではのお土産を数回に分けて紹介したいと思います。今回はわざわざ店を調べなくても簡単に購入できる商品を紹介したいと思います。


まずは「京都念慈菴枇杷潤喉糖(Nin Jiom)」です。商品名の漢字に「潤喉」と書いていますからのど飴というのがわかります。これはどこでも買えて、効き目もあることから香港人なら知らない人はいないのど飴で、筆者も喉の調子がおかしくなったら必ず愛用しています。文字に「京都」とありますが、これは日本の古都、京都ではなく北京の事を指します。都は首都の事です。京都念慈菴は清朝の時代に北京に創業し、最初はのど飴ではなくシロップを販売していました(今でも販売しています)。それが派生して、のど飴の形で売るようになったという経緯があります。

味は、「原味(Original)」、「蘋果桂圓味(Apple Longan)」、「金桔檸檬(Tangerine Lemon)」、「檸檬草味(Lemongrass Mint)」、「超涼薄荷(Super Mint)」、「烏梅(Ume Plum)」の6種類あります。値段はアルミ缶に入っているのは20ドル前後、小さな袋入りが10ドル前後なのですが、いずれもスーパーやドラッグストアに行くとディスカウントの値段で売っているケースが少なくありません。

販売場所ですが、恵康(Wellcome)という香港最大手のスーパーマーケット、セブンイレブン、萬寧(Manings)や屈臣氏(Watsons)という大手ドラッグストアなどです。いずれも香港では強力な販売網を展開しているので、香港を歩いていれば必ず見つかります。たぶん、滞在先のホテル近くのコンビニに行けば購入する事ができるでしょう。

001.JPG

002-1.jpg


頭痛、殺菌、鼻づまり、肩こりなどの筋肉系などのトラブルに効く万能薬「白花油」

「和興白花油(Hoe Hin White Flower Embrocation)」は、薬用オイルといえばいいかと思います。鼻づまり、頭痛の緩和、筋肉痛、殺菌、乗り物酔い、虫さされなどに効果があります。使い方は簡単で、2、3滴患部に塗るだけです。昔の湿布のような香りがしますが、ラベンダーオイルが主成分の1つであるのでその香りが後からしてきます。

こちらは1923年にマレーシア人が開発したもので、事業をどんどん拡大していき、1951年に生産基地を香港に移します。現在は100%「メイドイン香港」の製品として中華圏を中心に販売されています。値段ですが、大きさによって変わりますが、10数香港ドル~50数ドルの間の価格帯です。

こちらの販売場所ですが、セブンイレブンを除いて京都念慈菴と全く同じです。あちらこちらに店がありますから、探し回って購入するというものでもないので、簡単に購入することができるかと思います。


両方とも香港人にとっては”常備薬”に近い存在ですし、実用的なのでぜひ購入してみてください。

003.JPG

004-1.jpg


下記が販売店の一部

005.JPG

006.JPG



2017年9月19日

香港政府観光局(HKTB)は、2017年10月26日から29日まで中環(Central)のハーバーフロント・イベントスペースでワインとそれに会う料理を提供するイベント「美酒佳餚巡礼(Wine & Dine Festival)」を中環(Central)のハーバーフロント・イベントスペースにて開催します。

002 Wine & Dine Festival 4.JPG

9回目を迎える2018年のフェスティバルですが、昨年は28カ国・地域から300を超えるブースで入場者数14万5000人が訪れました。今年は400ブースが開かれることから前年以上の人がワインとフードを楽しむのではないかと予想されています。特に今年からはシャンパン、スパークリングワイン、フィズカクテルが中心の「Bubbly Gala」とアメリカのワイン評論家の、ロバート・パーカー氏が手がけるワインガイド「The Wine Advocate」にちなんだパビリオンの「Robert Parker Wine Advocate Pavilion」という2つのエリアが増設されました。このパビリオンではパーカー氏がワインを採点したパーカー・ポイント(RP)で88以上のポイントを獲得したワインを取り揃えています。
また、毎年人気のプレミアムワインを集めた「Grand Wine P Pavilion」や、産地別にワインを集めた「Country Pavilion」に加え、香港のローカルフードや最新人気を試食できる「Trendy Food Zone」があります。他にも、ミシュランや雑誌で特集されたシェフも腕をふるいます。

001 Wine & Dine Festival 2.jpg

003 Wine & Dine Festival 1.jpg

 入場料は30香港ドル。ワインを試飲するにはワインパスが必要ですが、「クラシック・ワインパス・ライト」(100香港ドル 、5ワイントーク付)、「クラシック・ワインパス」(200香港ドル、8ワイントーク、シュルツ製グラス付)、「グランド・ワインパス」(600香港ドル 、20ワイントーク、リデル製グラスおよびWine Pavilionへのアクセス権付)の3種類です。なお、トークンが足りなくなったら、1トークン=20香港ドルで買い足す事が可能です。開催時間は、26日=19時30分~23時30分、27、28日=12時~23時30分、29日は12時~22時までとなっています。

フェスティバルは”ワイン”がメインタイトルになっていますが、実際にはウィスキーや地ビールといったアルコールも販売されています。中環という香港のど真ん中で美味しいお酒と料理をぜひ堪能して下さい。



2017年8月24日
2017年8月18日
2017年8月13日
2017年8月 9日
2017年7月30日
⇒すべての記事を見る

香港旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■香港の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • 香港特派員

    香港特派員
    武田 信晃
    新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集