海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 香港/香港特派員ブログ

香港/香港特派員ブログ 武田 信晃

香港・香港特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

中国湖北省武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎。2月28日現在、香港の感染者94人、死亡者は2人となっています。香港政府は、公務員は感染予防の観点から緊急の事案を除いて、公共部門について業務をストップしたり、職員も在宅勤務などの対策を施してきましたが、3月2日から段階的に再開すると発表しました。

香港政府庁舎の外観


日本では安倍首相が小中学校の臨時休校を要請していましたが、香港はすでに休校していまして、その解除は4月20日以降と確定しています。東京ディズニーランドは3月15日までの休園を発表しましたが、香港ディズニーランドはすでに無期の営業停止をしています。それだけに、公共部門の再開は、学校や民間企業の活動が通常に戻るために必要なステップとも言えます。日本は拡大期に入り、これからどうやって急拡大を防ぐかという状況ですが、香港は新型肺炎の感染状況は日本以上に厳しい対策を打った結果、改善しつつあるとみてもいいかもしれません。


日本から香港への渡航は不要不急の用がない限り渡航の中止を求めるレベル2ですが、先日、香港政府の高官が、日本の感染拡大やダイヤモンドプリンセスの件もあり「日本やその他の国の状況をチェックしていて、香港市民は新型肺炎が出現している地方に、旅行やビジネスで行くのは避けたほうがいいと思います」と日本に行かないように提案しています。これは政策決定ではないのですが、実際にそうならないためににも日本の感染拡大が早く収まることを期待したいところです。



2020年2月29日

中国湖北省武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎。2020年2月24日現在、香港の感染者79名、死亡者は2名となっています。


町の様子ですが、香港政府は2020年2月8日から中国本土から香港に入境する香港市民を含む全員の入境者を14日間、強制隔離して検疫を開始したことで香港から中国本土の観光客がほとんどいなくなりました。その反動で多くの観光地で行列に並ぶことが少なくなり、人が多過ぎて入場制限がかかることもあった有名ブランド店も今はありません。レストランの予約も楽になっています。

DSC_3174.JPG

筆者の印象として、香港市民のマスクの着用率は95%以上という感じです。場所にもよりますが、ビルや小売店の入口では体温の検査が行われます。OKであれば中に入ることが許されます。そのあと、こちらも場所によりますが手にアルコール消毒液を手に吹きかけられるケースもあります。また、香港はハリウッドを中心とした外国映画は日本より早く上映されることが多いのですが、映画館で映画を見る場合はマスクの着用が映画館側から要求されますので気をつけてください。


そのマスクは依然として品薄状態ですが、旺角(Mong Kok)や、尖沙咀(Tsim Sha Tsui)、銅鑼湾(Causeway Bay)といったところの個人が経営している薬局では、価格がそこそこ高めではありますがマスクが販売されています。日本では全国どこでも手に入りにくい状況ですが、香港は高額ですが何とか入手はできます。健康という意味では、背に腹はかえられませんし、映画館でマスクがなくて困るという人もいるかもしれないので、もしマスクがやむを得ず必要な人はこちらに向かってください。


2020年2月24日

中国湖北省武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎。2020年2月15日現在、香港の感染者は56名、死亡者は1名。日本は2月14日現在で30名(クルーズ船除く)、死亡者1名です。


香港政府は2020年2月8日から中国本土から香港に入境する香港市民を含む全員の入境者を14日間、強制隔離して検疫を開始したことで香港から中国本土の観光客がほとんどいなくなりました。公務員の在宅勤務も2020年2月23日まで、学校の休校は3月6日まで延期されることになりました。

P2020021400858_photo_1171383.jpg

ダイヤモンドプリンセス号に乗船している香港人を調査しにいく香港政府の関係者(写真提供:香港政府新聞処)


イベントでは、国際映画祭の「第44屆香港國際電影節(HKIFF)」が2020年夏まで延期、現代美術展の「アートバーゼル」が2020年は中止となり、2021年3月25~27日に開催することが発表されました。7人制ラグビーの国際大会「香港セブンズ」2020年4月3日~5日から10月16日~18日に延期されます。


マスクは香港でも不足気味で大手ドラッグストアでは売り切れです。ただし、個人経営のドラッグストアですがこちらは高値で販売されています。筆者が確認したところでは50枚で6000円位でした。


日本では、加藤厚労大臣が、国内での流行を事実上認めました。理由として感染経路の分からない例が日本国内にあるということですが、これは筆者のSARSの経験からすると非常に気になるニュースです。香港は日本政府から渡航レベルは不要不急の渡航は止めてほしいというレベル2に指定されていますが、香港は現時点(2020年2月)では日本とは違い感染経路が不明なものはないということだけは、事実としてお知らせしておきます。いずれにしろ、今後も日本、香港の状況を注意深く見る必要があることだけは間違いなさそうです。


2020年2月18日
2020年2月 8日
2020年1月30日
2020年1月24日
2020年1月24日
⇒すべての記事を見る

香港旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■香港の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • 香港特派員

    香港特派員
    武田 信晃
    新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集