海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 香港/香港特派員ブログ

香港/香港特派員ブログ 武田 信晃

香港・香港特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

ふたつの国・地域間で、一定の条件下において空港到着後の強制隔離を免除する「エア・トラベルバブル」が世界の一部で始まっていますが、香港とシンガポールの間で5月26日から始まることが決まりました。もともとは、2020年11月22日に始まる予定でしたが、開始前に香港で第4波が発生してトラベルバブルが延期されていました。しかし、香港はここに来て感染拡大を抑えていたことから、両政府間で再び話し合いを行い、あらためて正式に始めることになりました。

20201216_143837.jpg

香港側はキャセイパシフィック航空、シンガポール側はシンガポール航空が担当し、専用のチャーター機を発着させます。1便当たり200人までとなっています。5月26日~6月9日の間は両航空会社が1日がほぼ1日置きに担当が、6月10日以降は両方の航空会社が1日1便、運航します。


具体的にはキャセイパシフィック航空のCX759便(5月27、29、6月1、3、5、6、8日)は香港を9時10分に出発し13時05分にシンガポールに到着します。CX734便(同)は、CX759便がシンガポール到着後、機内清掃・消毒やなど必要事項の作業をしたあと、乗客を乗せて再び香港に戻る便です。シンガポールを14時45分に出発し、香港に19時に到着します。一方、シンガポール航空のSQ882便(5月26、28、30、31、6月2、4、7日)では、シンガポール発が8時40分で、香港着が12時40分となっています。シンガポールに戻るSQ883便(同)は、香港発が14時25分でシンガポール到着が18時20着です。


このエア・トラベルバブルに参加するには、72時間前のPCR検査で陰性であることや、両政府が用意している新型コロナウイルスアプリのインストール、必要事項を登録するなど、それぞれの政府が渡航条件についてかなり細かなことを指定しています。しかし、海外との渡航においては、トラベルバブルとワクチンパスポートが基本になってくる確率が高いので、まずはその第一歩ということと前向きにとらえたいと思います。


2021年5月 7日

香港に到着する飛行機について新型コロナウイルスに関して、一定の基準を超えた場合、香港政府はその飛行機を運航した航空会社に対して14日間の運行停止措置を行ってきましたが、2021年4月14日からその措置をより厳格化させています。

DSC04950.JPG

その大きな理由は、イギリス株などの変異株の世界的な拡大です。また、先進国を中心にワクチンの接種が進んではいますが、世界で見ると依然として感染の拡大が続いているからです。


1=これまでは1便当たりの感染者が5人以上出たときに14日間の運航停止でしたが、それを3人以上に引き下げます
2=同一の出発地からの同じ航空会社の便に3人以上の感染者が1週間の間に2回以上あった場合を、2人以上の感染者に同じく引き下げ
3=同じ便に感染者が1人以上で、かつ入境する際に必要書類に不備などといった入境条件に適合しない乗客が1人以上いるとき
4=新ルールとして、変異株N501Yの感染者が1週間以内に5人以上の入境者がいた場合、その国のすべての香港到着便を14日間禁止する


第4波を抑えた香港。中国とは陸続きではありますが、ボーダーがあるので島国と同じような水際対策を取れることが強みです。しっかりと対応することで第5波を防ごうという決意が感じられます。


2021年4月24日

2021年4月4日から城巴(City Bus)と新世界第一巴士服務(新巴/NWFB)、新大嶼山巴士(嶼巴/NLB)、九龍巴士(九巴/KWB)はバスの料金を値上げしました。理由は言うまでもなく新型コロナウイルスの感染拡大です。リモートワークなどで乗客が減ったうえに”鎖国”状態で観光客がいなくなった影響で香港国際空港と市内を結ぶバスは9割以上も減少してしまいました。
DSCF9850-1.jpg

値上げ幅ですが、城巴と新巴は8.5%して、2022年1月2日からさらに3.2%値上がりしますが、90%以上の乗客にとって値上げ額は1.5香港ドル以下になるとしています。最大手のバス会社であるKMBは8.5%値上げ。ただし、城巴と新巴と重複しないKMB単独路線では5.8%です。ランタオ島を走るNLBは4月4日より平均で9.8%を値上げします。香港政府は全体としては90%以上の乗客は1香港ドルに値上げになるとしています。


一方で鉄道を運営する香港鉄路(MTR)は6月27日から運賃を1.7%引き下げることを発表しました。MTRではインフレなどを加味して乗車料金を決める「可加可減機制(Fare Adjustment Mechanism)という料金体系を2007年から導入しています。これまでは常に値上げしてきましたが、新型コロナウイルスで物価が下がった影響もあり、この運賃システム導入後初めて値下げとなりました。

DSC01968-1.jpg

値上げはうれしいですが、電子マネーの八達通(Octopus)を利用してきた人は2割ほど割引くキャンペーンをしてきましたが、3月いっぱいで終了し、4月から12月までは5%と、割引幅が縮小されます。


2021年4月13日
2021年4月 6日
2021年4月 4日
2021年3月28日
2021年3月22日
⇒すべての記事を見る

香港旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■香港の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • 香港特派員

    香港特派員
    武田 信晃
    新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集