海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 香港/香港特派員ブログ

香港/香港特派員ブログ 武田 信晃

香港・香港特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


2019年11月11日~12日、香港警察は香港中文大学(CUHK)にいる学生の取り締まりのため警官隊が大学内に突入し、学生のデモ隊と衝突。催涙弾約1000発を発射させて、デモの鎮静化を図ろうとした一方、デモ隊側もバリケードを作ったり、道路にレンガをばらまいたり、火炎瓶約200個で対抗するなど大荒れになりました。


その結果、CUHKは学期を終了が残り数週間ということもあり、今学期の早期終了を宣言しました。すでにCUHKに留学している多くの外国人は大学を離れています。ほかの大学ではインターネットを使った学習などに切り替たりしています。

001.JPG

これはとくにCUHKの学生にとって冬休みが早まったことを意味します。香港は9月から新学期が始まるため、デモが本格化した6~9月は香港の学生は夏休み中でした。そして、冬休みになった今はその時と同じような状況に近づいたといえます。毎日デモが行われる可能性が高まったともいえますので、香港にある日本国総領事館が発信している新着情報をこまめに確認してください(https://www.hk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html


2019年11月17日

香港のデモの影響で地下鉄(MTR)は、大体21時半~23時半に終電を迎えることが多くなりました。デモが過激化してMTRが早く運行を終えることを決断した時、自分の宿泊先がビクトリアハーバーを超える場合、大きな問題が生じます。


海越えという意味では、バスという手段はありますが、特に香港初心者の観光客は少しハードルが高いかもしれません。とはいえ、海を超えないとどうしようもないというのが香港。海を超えることを最優先事項とすると、地下鉄終了後、スターフェリーに乗るという手段があります。特に中環(Central)-尖沙咀(Tsim Sha Tsui)間は、使い勝手が良い路線です。


この区間の最終便は、中環発、尖沙咀発の両方とも日曜~土曜まで23時半が最後のフェリーです。仮に21時半にMTRの運行が終了、または海越えの区間が不通になっても2時間ほど海越えの猶予があるということです。観光をしていると、買い物や食事をしたりしていて21時半に外出しているというのは十分あり得ますので、この2時間は非常に大きいと思います。


23時半が最後の海越えのチャンスと覚えておいてください。最後に英語版と中国語版の時刻表を掲載しておきます。
001.jpg

002.jpg


2019年11月13日

香港のデモは、週末または祝日に行われることが多いです。過激化するのは夜になります。今回のデモは「Be Water」=水になれ(ブルース・リーの言葉)というのがあり、前回、デモが起こる場所はある程度決まっているとは書きましたが、理論上はどこでも起こりえます。もし、デモに遭遇した場合、どうすればいいのでしょうか?

001.JPG

答えは簡単で、速やかにデモの場所から退避することです。だいたいデモ隊の先頭はヘルメット、マスク、ゴーグル、バックパックというフル装備をしている者が多いです。そうなると警察との衝突する確率が高いです。つまり、フル装備のデモ隊のさらに先に行かないことが最低条件となります。方向はわかりにくいとは思いますが、先頭の反対側=後ろ側には平和的なデモ隊がいる事があるので、横に逃げることが肝要でしょう。地下鉄、バスが運行していれば、別な場所に移動してもいいですし、タクシーをつかまえるのもいいでしょう。状況が悪化して交通機関が機能していない場合は、もし近くにショッピングモールがあればそちらに入り、かつモール内のレストランやカフェに入るとより安全です。


また、黒のシャツを着ると警察はデモ隊のメンバーまたはデモに参加したと認識する場合があるので、職務質問などをされるケースがあるのを覚えておきましょう。一方で、水色のシャツは親中派が集会を開くときに着るように呼びかけているので、状況によっては親中派と思われる可能性があります。また、デモ隊を撮影するのは控えましょう。顔認証技術が発達したので、デモ隊は警察に逮捕されることを避けたいからです。


あらためて言いますが、デモに遭遇したら速やかに離れることが重要です。



2019年10月31日
2019年10月28日
2019年10月22日
2019年10月 5日
2019年9月30日
⇒すべての記事を見る

香港旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■香港の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • 香港特派員

    香港特派員
    武田 信晃
    新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集