海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 香港特派員ブログ > クラシック界の貴公子@ユンディ・リーコンサート

香港/香港特派員ブログ 旧特派員 大山 夏美

香港・香港特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年1月28日

クラシック界の貴公子@ユンディ・リーコンサート


クラシック界の貴公子@ユンディ・リーコンサート

クラシック界のピアノ貴公子、中華圏では「ピアノ界のキムタク」と称されている若き中国人ピアニスト・ユンディー・リー(李雲迪)のコンサートに行ってきました!共演は香港フィルハーモニー。

DSCN4073.JPGDSCN4074.JPG

似てますか・・・?                 キムタク

●華麗なる経歴

ユンディ・リーは1982年中国四川省重慶生まれの現在25才。
2000年のショパン国際ピアノコンクールで史上最年少の18才にて優勝。
同コンクールの優勝は中国人初!アジア人では2番目だそうです。
すごい快挙ですね。
その深い音楽性と高いテクニックで、一躍世界が注目する若手ホープに踊り出ることに。

●会場は

会場は香港文化中心。チムサーチョイの南端、丸い天井が目立つプラネタリウム館のお隣です。
座席は2階のバルコニー席。座席が舞台を取り囲むような形なので、オーケストラの左真横。
意外によく見えて、値段の割りには(HKD160)お得感ありの席。
目の前にワイヤーで録音用マイクが吊るされているのも、よく見えました。

●クラシック界のハンカチ王子

第一部は香港フィルによるラフマニノフの交響曲。ユンディ登場せず。道理で空席が目立つはずだ。。
ユンディ登場は第二部からなのでした。
第二部はプロコフィエフのピアノ協奏曲。
出だしは静かに、やがで情熱的に激しく!頭を激しく振り、手を高く宙に舞わせながらの演奏に、観客も釘付けに。そして間奏になると、ピアノの上に置いてあった純白のハンカチで顔を手をふきふき。。。
手の平を上に向けて手をわきわき。。。そして優雅な動きで、指が鍵盤の上で舞う!
「よっ、ハンカチ王子!」と心の中で叫んでしまった。

●一列目の少年が

第一列目に陣取った家族連れ。お父さん、お母さんと10才くらいのお兄ちゃん、4才くらいの妹。
妹とお父さんは夢の世界へ。お母さんとお兄ちゃんは身を乗り出して、演奏するユンディの手元を凝視。そして真剣な顔でメモ帳を取り出しなにやらメモっていました。
きっとピアノ習ってるんでしょうね。
がんばれ、未来の小さなユンディ!

●アンコールは6回も

ユンディの繊細で華麗な演奏は、会場中の人々を熱狂させました。轟きわたる盛大な拍手は20分も鳴り止まず、ユンディは引っ込んでは声援に応えて登場、また引っ込んでは・・・を6回も繰り返しました。
最後は「もうおしまい!」とばかりに、ファーストバイオリンの手を引っ張って奥に消えちゃいました(笑)
アンコールで何か弾いてくれるのをみんな期待してたので、ちょっと残念でした。

●ちら見?いったい誰を?

私の席は正面から見てオーケストラ左横のバルコニー。そう、ユンディがアンコールに応えて袖に引っ込むまでの5メートルほどの距離は、何と真正面!
そして不思議なことにユンディは通るたびに「ちらっ」とこっちを見上げるのです!
目、合いまくりです。
一回目は「上の観客の反応をみているのかな」と思いましたが、2回目、3回目・・・となると「誰か知ってる人でもいるのかな」と思うでしょう?
隣近所を見渡しても、そんな風でもないし。。。
最後にばちっ!と目があった瞬間「もしかしたら私を・・・?」
そんなわけありません(笑)
オーケストラに参加したことのある友人によると、「ライトがまぶしくて何にも見えないよ」ということです。
つまり「ライトまぶしいなー」って見上げてたんですね。がっかり。。。

●神経運動って・・・

実は私、数年前にユンディご本人にお会いしたことがあります。新聞記者の臨時通訳として取材に同行しただけなんですが、当時に比べたら格段に大人っぽく成長していました。
で、当時のインタビューで一番印象的だった彼の言葉。

「あなたにとってピアノを弾く行為とはどういう意義があるのですか?」という質問に対し、
「一種の指の神経運動だよ」と言い放ったことでしょうか。

別に「芸術の神が僕に宿って、僕の指先を操るのさ」なんてせりふは期待してませんでしたが、「神経運動」っていったい・・・・・。

そんな当時のことを思い出しながら、指の神経運動をする彼を後ろからずっと眺めていたのでした。
「確かに髪型はヒーローの時のキムタクと似てるかも」と思いつつ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2008年1月28日
« 前の記事「旧正月の準備着々(2)チムサーチョイ」へ
»次の記事「インフルエンザ、猛威を振るう」 へ
香港特派員 新着記事
「香港映画祭2021」年が11月27日から全国5都市で開催
香港から日本への渡航、ビジネスにおいての隔離は最短で3日に
「世界のベストレストラン50」で香港の「大班楼」が10位にランクイン
Wine & Dine Festival 2021はハイブリッドで開催。オンラインプログラムも充実
米線の最大手「譚仔三哥米線」が2022年春に日本上陸
炮台山のビクトリアハーバー沿いに新しい公園「東岸公園」が完成しました
ドンキが香港で回転寿司店を10月29日にオープン
朗報!香港から日本への帰国は14日から10日に短縮

香港 ツアー最安値


2021/3/31更新

香港 航空券情報


香港旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■香港の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • 香港特派員

    香港特派員
    大山 夏美
    九州出身。北京師範大学留学後、99年に来港。ホテル→保険会社勤務の後2005年から1年間韓国の高麗大学に留学。07年に再び来港して現在に至る。在港歴7年目。東西文化の交差するエネルギッシュな香港の真ん中で日々東奔西走している。裏道をうろうろして穴場のお店を見つけるのが得意。また占い好きで、香港中の占い師を尋ね歩いている。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集