海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 香港特派員ブログ > 香港の通り名の名づけ方

香港/香港特派員ブログ 武田 信晃

香港・香港特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年3月10日

香港の通り名の名づけ方


香港の通り名の名づけ方

香港は英語と広東語が公用語です。政府関係が発行する書物はすべて英語と中国語の両方が用紙されます。通り名もすべてに中国語名と英語名がついている2カ国語表記です。実は住民にとってもっと大事なのは、日本とは違い、通り名は住所も兼ねている点です。

名づけ方ははいくつかのやり方に分かれますので、ご紹介したいと思います。
1、中国名が先で、その発音を英語の発音に置き換えたものです。例えば、上海街(Shanghai Street)、広東道(Canton Road)
2、英語が先でその発音を広東語に置き換えたケース。荷李活道(Hollywood Road)、羅便臣道(Robinson Road)
3、中国名が先で、その意味を英語で表したケース。四方街(Square Street)、星街(Star Street)
4、英語が先で、その意味に広東語で表したケース。皇后大道(Queen's Road)、Electric Road(電気道)
5、中国名と英語名が関係しないケース。金鐘道(Queensway)


001 electric road.jpg

これは4番目の英語が先でその意味を広東語で表した通りです。


また、道=Road、街=Street、里=Lane、径=DriveまたはPath、臺=Terrace(たまに街も該当)という風になっています。

住所が絡むのでどんな小さな道にも名前が着くのが香港です・・・欧米の通り名はこちらのやり方が多いです。イギリス統治下にあった香港ですから、このような表記システムになるのは当然ですね。ちなみに香港の場合は通りの標識がステッカーなどのお土産にもなっているので、お店で探してみてもいいでしょう。。通り名と書きましたが地名、企業名も通り名と同じような感じですので、英語と中国語の2つが公用語になっている都市ならではです。香港を訪れた際は、ちょっと通り名に注目してみると面白いかもしれません。

002 Tsat Tsz Mui road.jpg

1番目の中国語の発音を英語に置き換えたものです

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2014年3月10日
« 前の記事「2階建てトラムにのってみよう!!」へ
»次の記事「香港のバスルーム、洗面台」 へ
香港特派員 新着記事
オミクロン株の影響で観光目的の香港渡航は不可能に
「香港映画祭2021」年が11月27日から全国5都市で開催
香港から日本への渡航、ビジネスにおいての隔離は最短で3日に
「世界のベストレストラン50」で香港の「大班楼」が10位にランクイン
Wine & Dine Festival 2021はハイブリッドで開催。オンラインプログラムも充実
米線の最大手「譚仔三哥米線」が2022年春に日本上陸
炮台山のビクトリアハーバー沿いに新しい公園「東岸公園」が完成しました
ドンキが香港で回転寿司店を10月29日にオープン
1年前の同じ月に投稿された記事
香港セブンスに行ってきました
安室奈美恵、香港でも大人気でした
リサイクルシステム
香港のお土産には出前一丁!?

香港 ツアー最安値


2021/3/31更新

香港 航空券情報


香港旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■香港の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • 香港特派員

    香港特派員
    武田 信晃
    新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集