海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 香港特派員ブログ > 香港国際空港から香港市街までの交通手段

香港/香港特派員ブログ 武田 信晃

香港・香港特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年8月13日

香港国際空港から香港市街までの交通手段


メール プリント もっと見る

香港国際空港から香港市街までの交通手段

どこの国でも空港についてからの最初のミッションはどうやって市内、繁華街、またはホテルに向かうのか...だと思います。香港の場合は大きくわけて3つになります。すべての乗り場は空港のすぐ外(東または南東)にあり、標識もわかりやすく掲示されているので、それにしたがって向かって下さい。

001.JPG
真ん中の標識の上から2番目、往市区(to city)の方向に向かってください。


一番楽で早いのはエアポートエキスプレスといわれる専用列車に乗る事です。朝6時始発で10分おきに出発。最終は0:45です。左から中途駅、所用時間、料金です。
・青衣(Ting Yi)駅:14分:70香港ドル
・九龍(Kowloon)駅:22分:105香港ドル
・香港(Hong Kong)駅:24分:115香港ドル
このように、香港島に行くにはわずか24分で到着するというもので、非常に快適です。

002.JPG

タクシーは行き先によって3種類の色の違うタクシーに乗ります。普通であれば香港島と九龍をカバーする赤い色のタクシーの市区的士(Urban Taxi)に乗る人が多いと思います。もし、新界地区(New Territories)であれば緑色の新界的士(New Territories)、空港のあるランタオ島であれば青色の大嶼山的士(Lantau Taxi)に乗って下さい。料金ですが、大まかな料金が空港に張り出されています。例えば、中環(Central)や金鐘(Admiralty)なら370香港ドル、尖沙咀(Tsim Sha Tsui)であれば270香港ドル、旺角(Mong Kok)であれば265香港ドルです。

003.JPG
各地域までのタクシー料金の目安の看板もはられています


004.JPG

005.JPG

バスは時間がかかりますが、最も安い交通手段で、香港中を網羅しています。それだけバス路線も多く、ずらっとバス停があります。そこでバスターミナル入口にはバス停マップがあり、行き先ごとにどこのバス停留所の場所を地図で示してくれています。例えば、A11という路線は、中環、湾仔(Wan Chai)などをカバーします。料金は40香港ドルです。20~30分お気に出発します。所要時間は渋滞などによりますが、筆者の経験では1時間です。A21なら旺角、佐敦(Jordan)、尖沙咀向けの路線です。10~20分おきで33ドル香港ドルです。こちらも45~60分位かかります。

006.JPG
バスターミナル前にある標識。中央に行き先ごとのバス停の場所の位置が地図で提示されています


007.JPG

香港の場合は空港から市内の距離が日本の主要国際空港と比べて近いこと、そして料金が日本より安いので、安心して市内に向かって下さい。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 交通・鉄道・航空
2017年8月13日
« 前の記事「夏真っ盛りの香港でシャボン玉だらけに」へ
»次の記事「プロジェクション・マッピングを駆使したショーが開催中」 へ
おすすめ記事
    香港特派員 新着記事
    「大坑ファイヤー・ドラゴンダンス」、2017年は10月3~6日まで
    香港で買いたいおすすめのお土産 Part 1
    恒例の「ワイン&ダインフェスティバル」が10月28日から。400以上のブースが参加
    プロジェクション・マッピングを駆使したショーが開催中
    香港国際空港から香港市街までの交通手段
    夏真っ盛りの香港でシャボン玉だらけに
    香港を代表するテーマパーク、オーシャンパークで夏イベント
    ビールにあった特別料理が蘭桂坊のレストランで楽しめる
    1年前の同じ月に投稿された記事
    プレミアムモルツが飲めるコンセプトバーが香港に上陸
    日本でも好評だった「Slide the City」が再び香港に
    リオ五輪。日本で中継をほとんどしない競技も放送。でも日本選手も意外にみられる
    予算を抑えつつ喜ばれる香港のお土産

    香港 ツアー最安値


    2017/9/26更新

    香港 航空券情報


    香港旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■香港の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • 香港特派員

      香港特派員
      武田 信晃
      新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集