海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 香港特派員ブログ > 「大坑ファイヤー・ドラゴンダンス」、2017年は1...

香港/香港特派員ブログ 武田 信晃

香港・香港特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年9月23日

「大坑ファイヤー・ドラゴンダンス」、2017年は10月3~6日まで


「大坑ファイヤー・ドラゴンダンス」、2017年は10月3~6日まで

毎年旧暦の8月15日から3日間は、MTR天后(Tin Hau)駅の南側にある浣紗街(Wun Sha Street)周辺で「舞火龍(Fire Dragon Dance)」が開催されています。2017年は10月3日~6日です。実は筆者は火龍の儀式が行われる蓮花宮という廟のすぐそばに住んでいたことがあるので、毎年見る事ができました。


これが始まったきっかけですが、1880年の中秋節の前日に台風が香港を襲います。漁村だった大坑村は(まだ埋め立て前だったので、村の近くに海岸線がありました)、被害を受けただけでなく、裏庭で飼育していた家畜はニシキヘビに食べられてしまいました。そこで住民はニシキヘビ駆除します。しかし、ニシキヘビの死体が消えたとほぼ同時に、感染病が発生し大勢の村民が死亡したので、復讐として伝染病が起こったのだと村民は考えます。「中秋節間、ファイヤー・ドラゴンダンスを踊って爆竹を鳴らせば、疫病を追い払える」と仏陀からのお告げがあったと村の長老と語ります。村民は早速「火龍」を作り、3日3晩踊り続けると伝染病がなくなったという言い伝えです。

00.jpg

昔は藁で作られていましたが、今は珍珠草で釣られています。ドラゴンの大きさは全長約67メートル、32個の節があります。歯の部分は鉄で作れている事もあり、総重量は100キロを超え、頭の部分だけでも48キロあります。ダンスの後、昔は銅鑼湾(Causeway Bay)の台風シェルターに捨てられていましたが、環境汚染のことあり、火で燃やしています。


大量の線香に一気に火をつけそれを胴体に刺していきます。ダンスは20時15分から本格的に開始されます。沿道にはたくさんの人で熱気にあふれていますし、煙がすごいのでハンカチがある方がいいでしょう。また、火の粉が結構飛んでくるので気をつけて下さい。踊りが一定の時間がたつと線香が皆さんに配られます。その間に、再び大量に線香に火をつけて、再び龍の本体に刺して再び舞が始まります。太鼓とシンバルに合わせた踊りは迫力満点で、ランタンを持った子どもたちも龍の近くを歩くので、華やかな雰囲気にもなります。

01-1.jpg

筆者が現地に住んでいたのは15年近く前ですが、当時は、自動車の板金屋、ローカルな床屋などでした。しかし、ここ7、8年、お洒落な店が並ぶようになり雰囲気が一気に変わりました。ローカルなイベントとお洒落な店というある意味、対照的なものを同時に体験できる=そう言う意味でも香港らしいイベントだとおもいます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2017年9月23日
« 前の記事「香港で買いたいおすすめのお土産 Part 1 (のど飴、白花油)」へ
»次の記事「香港ミニチュア展が9月29日からKITTEで開催」 へ
香港特派員 新着記事
香港から日本への渡航は、日本で3日間、療養施設での隔離
オミクロン株の影響で観光目的の香港渡航は不可能に
「香港映画祭2021」年が11月27日から全国5都市で開催
香港から日本への渡航、ビジネスにおいての隔離は最短で3日に
「世界のベストレストラン50」で香港の「大班楼」が10位にランクイン
Wine & Dine Festival 2021はハイブリッドで開催。オンラインプログラムも充実
米線の最大手「譚仔三哥米線」が2022年春に日本上陸
炮台山のビクトリアハーバー沿いに新しい公園「東岸公園」が完成しました
1年前の同じ月に投稿された記事
ゴードン・ラムゼイによるイギリス料理の料理店
香港の地下鉄や鉄道に乗る
香港の病院のかかり方その3(公立か? 私立か?)
パルコとPMQがコラボ

香港 ツアー最安値


2021/3/31更新

香港 航空券情報


香港旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■香港の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • 香港特派員

    香港特派員
    武田 信晃
    新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集