海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 香港特派員ブログ > 渡航解禁の第1ステップ、「トラベルバブル」

香港/香港特派員ブログ 武田 信晃

香港・香港特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年9月15日

渡航解禁の第1ステップ、「トラベルバブル」


渡航解禁の第1ステップ、「トラベルバブル」

最近、新聞紙上などに「トラベルバブル」という言葉が出てくるようになりましたが、香港政府は2020年9月8日に日本政府を含めた11ヵ国とトラベルバブルの協議をしていることを明らかにしました。


トラベルバブルとは、「ウィズコロナ」や「アフターコロナ」の世界のなかで経済的に結びつきの強い国・地域同士が決めた条件の下で相互間協定を結んで、自由な往来をしようというものです。政府同士で渡航解禁の条件を話し合うことになります。この言葉の由来は、新型肺炎の流行で非接触の世界となりましたが必要最低限の接触は避けられないケースがあります。例えば、家族だけに制限することを「ファミリーバブル(Family Bubble)」、社会であれば「ソーシャルバブル(Social Bubble)」などと呼びます。ひとつの大きな「泡」の中に入って自由に活動しようという考えです。先日、大坂なおみ選手が全米オープンを制しましたが、大会主催者が作った"バブル"にしかいられませんでした。全米オープンのバブルも同じコンセプトで、ウイルス感染予防のため、規定された場所において関係者以外立ち入れず、規定された場所にいる人は、そこから出ることのできないという閉じられた環境のことです。目的に応じた隔離施設・エリアと言えばわかりやすいかもしれません。東京五輪も状況によっては"バブル"がつくられるかもしれません。これらの考えを旅行に拡大させたのが「トラベルバブル」です。

DSC03157.JPG

成田空港の様子。"鎖国"で駐機場に止まっている飛行機がいっぱい


これは国によって感染対策が変わってくるので、交渉をまとめるのは一筋縄ではいかないかもしれません。渡航者は出発前に検査結果の証明を所持しているかどうか、陰性の結果は何日前から有効なのか、到着後も空港などで再び検査が必要になるのか、ビジネスマンのみを対象にするのか、観光客を含めるのか......などです。


いずれにしろ、世界中が事実上の「鎖国」を行っているので、香港政府と日本政府のトラベルバブルに向けた話し合いは前向きなニュースです。今後の交渉の進展具合に期待したいところです。 


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 治安・渡航安全情報
2020年9月15日
« 前の記事「レストランの営業がさらに緩和され22時までに。エステなどの営業も再開」へ
香港特派員 新着記事
渡航解禁の第1ステップ、「トラベルバブル」
レストランの営業がさらに緩和され22時までに。エステなどの営業も再開
無料でのPCR検査が始まりました
レストランの営業は21時まで緩和されました
成田空港での検疫
本場のシンガポールやマレーシアの味が楽しめる
レストランの夜間営業禁止などは8月18日まで延長。任意での無料PCR検査も
香港政府、矢継ぎ早のコロナウイルス対策を実施
1年前の同じ月に投稿された記事
10月1日は中国の国慶節でデモが行われるが行われる可能性
デモの香港ですが、普段の香港の一部を紹介します
デモで地下鉄に影響が出そうな場合
香港国際空港には何時間前に到着すべきか?

香港 ツアー最安値


2020/9/28更新

香港 航空券情報


香港旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■香港の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • 香港特派員

    香港特派員
    武田 信晃
    新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集