海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 香港/香港2特派員ブログ

香港/香港2特派員ブログ りんみゆき

香港・香港2特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


香港で百万ドルの夜景をいえば
香港島のザ・ピークをまず思い浮かべるのではないでしょうか。
実は九龍にも絶景の夜景が見られるところがあるんです。
でもトラムやバスでスーッと行けるところではなく、
ひたすら歩いて行くところ。

IMG_E7065.JPG

スタートはMTRウォンタイシンのB3出口。
隣接のモールでトイレを済ませ、水を買っていくといいでしょう。
トレイルにはトイレも店もありません。

IMG_E7070.JPG

トレイルのスタート地点であるLion Rock Country Parkまではタクシーで行ってもいいし、
歩いても行けます。
歩いていくと約1時間、坂道をのぼります。
途中イノシシと猿に出会いました。
この辺りは団地で、健康のために歩いているランニングシャツを着たおじいさんの姿もちらほら。
香港のお年寄りは元気です。

IMG_7071.JPG

トレイル入口からライオンロックの頂上までは1.8キロ。
階段やトレイルをひたすら登ります。

IMG_7068.JPG

途中ちらほら木の間から街の景色が見えて、
ああ、ここまで登ったんだ~とホッとして先を見ると
頂上はまだまだ遥か彼方。
日が沈み辺りが暗くなってきたらヘッドランプをつけて
足元をしっかり見ながら歩きます。

IMG_7090.JPG

トレイルには戦争中使われていたPill Boxなどもあります。
説明の看板もありましたが、暗くて読めない、、、

IMG_7093.jpg

トレイルから左に曲がり、最後の急な上りはひとふんばり。
ついに頂上に到着しました!
気分的には495メートルよりももっと登った感があります。

IMG_7142.JPG

がんばったご褒美はこの景色。これ以上素敵なご褒美はありません。
宝石箱をひっくり返したようとはまさにこのこと。
光の数に圧倒されます。
遠くの方にセントラルプラザの緑とピンクのライトが見えます。

IMG_E7153.JPG

午後8時のシンフォニー・オブ・ライツを見ながらピクニックディナー。
世界一眺めのいいディナースポットのマイトップスリーには入る美しさ。
こんなに遠いのに届くのかと思うほど、ショーの緑のレーザー光線がまぶしい。
平日の夜のハイカーはそれほど多くなく、
頂上には他に1組、行きかえりのトレイルでもすれ違ったのは2組のみ。
ソロではなく数人の方が、万が一何かあった時のために安心かもしれません。

IMG_7159.jpg

帰りはそのまま進行方向に進みLion Rock Gardenから駅に戻る方法もありますが、
来た時と同じ道を駅まで歩いて帰りました。
往復10キロ、約3時間半の夜のハイキングは香港のまた違った発見もあり、
体力がそこそこある人にはおすすめです。


2019年6月28日

セントラルの新しい観光スポットとして旧香港警察本部だった「大館」がオープンして
一周年を迎えます。
その記念イベントのひとつとして「大館101」が現在開催中。

IMG-9765.JPG

101点ある展示物は実際ビクトリア監獄で使用されていたものです。
1展示は2フロアにわたり、Objects through Time,Lost and Found, Objects that Speak to Usの
3つのテーマに分かれています。
1841年から2006年までの監獄の歴史が一目でわかるようになっています。

IMG-9887.JPG

これは監獄での規則が書かれた1970年に発行された小冊子。
ビクトリア監獄では壁のらくがきは禁止されていましたが、
自分の気持を壁やベッドの板に書き出す受刑者は多かったようです。

IMG-9889.JPG

面会の時に差し入れが可能だったアイテム。
ねぎクラッカーのポップパンは今でも人気のスナック菓子ですね。
ティッシュがTempoなのもいかにも香港。

IMG-9890.JPG

自分のなりたい人物の冊子を取ってインターアクティブな下のフロアへ。
これは市民用、他には囚人や警察などがあり、タスクが書かれています。
質問は広東語と英語で表記されています。

IMG-9898.JPG

ここは女性の独房で男性は立ち入り禁止。
毛布の折り方まで決まっています。
狭くて堅そう、、、

IMG-9892.JPG

拘留所の食事は茶餐庁(ちゃーちゃんてん)のメニューにもあるハムマカロニ。
自分自身や他の人に危害を加えないよう、骨のついたものは出ませんでした。

IMG_9901.jpg

1950年代からは無料でタバコも配られていたそう。
1988年にはタバコ代だけで年間40万香港ドルが使われており、1991年にこの習慣はなくなりました。

IMG-9899.JPG

刑務所にいても身だしなみはきちんと!
専属のヘアースタイリスト(散髪屋)がいました。


インターアクティブで説明もわかりやすいので
夏休み期間中子どもと香港の歴史を学びに足を運んでみるのもいいですね。

【DATA】
大館101
会場:Duplex Studio at Block 01
展示期間:2019年5月25日~2019年9月22日
入場料:無料
開館時間:11:00~20:00


2019年6月25日

IMG-0572.JPG

世界史が苦手な人も楽しめる展示が現在香港文化博物館で開催中。
その時代を生きた人間が作ったアイテムが歴史順に展示され
最古は紀元前800年のエジプトの棺桶から2019年の中国のオプティカルファイバーまで
タイムトラベルをすることができます。
IMG_0622.jpg

入場券はタイムトラベルの搭乗券になっていて、
入口でもらう英語か広東語のパスポートにスタンプを押して
タイムトラベルのはじまり、はじまり。

IMG-0574.JPG

アイテムによっては備え付けのオーディオガイドで詳しく説明を聞くこともできます。
言語は広東語か英語から選びます。

IMG-0592.JPG

Hokusai’s Under the Wave off Kanagawa 1831年
この展示の目玉のひとつでもあるのが、海外で最も知られている葛飾北斎の作品1「神奈川沖浪裏」。
鎖国の時代でもオランダからの絵画は1700年代にも日本に入ってきていて、
北斎も影響を受けたといわれています。
写真を撮ろうと群がる人、人、人。
絵に接近しすぎないように白い線が床に貼ってあり、
この中に入ると警備員さんに怒られるので要注意です。

大英博物館は広すぎて、とてもじゃないけど旅行だとゆっくりと一つずつを見る時間はありませんが、
こうやって100点だけセレクトして展示してもらえるとじっくりと鑑賞できるのがうれしい。
以下は私が個人的におもしろいと思った作品を紹介します。かなり偏っています、、、

IMG-0578.JPG

Sculpture of Aztec Spirit 1400年-1521年 メキシコ
これはアステカ神話のシワテテオという出産時に死亡した女性の魂が神秘的な存在と化したもの。
アステカでは出産は戦いと同じと考えられ、出産によって死亡した女性は戦死者と同じように讃えられました。

IMG-0591.JPG
Hockney’s The Beginning 1966年 イギリス

イギリスの芸術家であるデイビッドホクニーの作品。これは詩をもとに描かれたもので、同性愛者の情熱が伝わってきます。アーティスト自身も同性愛者でした。1960年代のイギリスでは同性愛者の権利を認めさせる動きがありました。

IMG-0595.JPG

One Hundred Quintillion Pengo Banknote 1946年 ハンガリー
史上最大桁のある紙幣、100,000,000,000,000,000,000 pengo

IMG-0600.JPG

Early Victorian Tea Set 1840年-1845年 イギリス
ビクトリア朝のティーセットでウェッジウッド社のもの。イギリスでは1830年代からインドのイギリス植民地から輸入した紅茶にミルクと砂糖を入れて飲む習慣があったそうです。

IMG-0604.JPG

Fiel Dos Santos’ Mother 2011年 モザンビーク
モザンビークの1976年から1992年まであった内戦で使われた武器を芸術作品にしたもの。

ほかにも作品はたくさんあるので、夏休みに子どもを連れて行って一緒にタイムトラベルするのもおすすめです。隣の展示室で開催されている「百物一天香港」はフォトスポット。
展示期間は2019年5月18日から9月9日まで。

【DATA】
香港博物館 Hong Kong Heritage Museum
住所:1 Man Lam Road
開館時間:平日(火曜日以外)10:00~18:00
土、日、祝日 10:00~19:00
休館:祝日以外の火曜日
入場料:特別展示はHK10


2019年6月20日
2019年6月12日
2019年5月30日
2019年5月26日
2019年5月22日
⇒すべての記事を見る

香港旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■香港の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • 香港2特派員

    香港2特派員
    りんみゆき
    香港の魅力にどっぷりとはまり、香港在住22年。フライトアテンダント、日本語教師を経て、現在はライター、通訳、学校運営に関わっています。気づけばどこかの国のどこかの街に出没していて、今までに訪れた国は約60ヶ国というほど旅行中毒。香港は西洋と東洋が混ざり、古いものを大事にしながらも新しいものを受け入れる国際都市。季節のさまざまなイベントをはじめ、山歩きやパワースポットなどあまり知られていない香港の魅力を発信できればと思います。もちろん、食べることも飲むことも大好き!なので、グルメ情報もタイムリーお届けします。
    ブログ
    ウェブサイト DISQUS ID @2web

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集