海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 香港/香港2特派員ブログ

香港/香港2特派員ブログ りんみゆき

香港・香港2特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


逃亡犯条例改正案の撤回を求めてのデモが香港内ではじまり、
約11週間がたちます。
夏休み中でもあり旅行者や、ビジネスで香港を訪れるクライアントさんから
「香港の現状を知りたい」という問い合わせを多くいただき、
情報収集の方法を在住者目線からご紹介いたします。

IMG_2220.jpg

デモや集会の情報は以下から入手できます。予定であり、変更することもあります。
在香港日本総領事館 (日本語)
香港BS (日本語)
サウスチャイナモーニングポスト(英語)
HKFP (英語)
明報 (中国語)
香港電台(RTHK) (英語)

FBのグループ
BeWaterHK

インスタグラム
peoplevsbeijing

デモの参加者の多くは全身黒い服を着て、マスクをしたりヘルメットをかぶっています。
以前雨が急に降り出したら、傘をくれました。
顔を知られると困る人もいるので、携帯などで写真撮影はしないように。


デモにより道路閉鎖、駅閉鎖、空港閉鎖になることもあります。
今週から香港の一部の学校は新学期を迎えましたが、公共交通機関を使って通学している生徒もいます。
公共交通機関の情報は以下から入手できます。
香港政府運輸当局HP
香港国際空港
香港MTR
香港City bus
香港KMB


IMG_2534.jpg

香港各地の駅付近にレノンウォールがあります。
香港にいる人たちが自分の想いをポストイットに書いて、壁に貼り付けます。
ポストイットとペンが備え付けの箱に入っているので、
誰でも自由に使えます。
いろんな国の言葉のメッセージが貼ってあります。


2019年8月16日現在の香港はこのような感じです。
香港行きをどうしようか迷っている方はリンク先のサイトなどを参考にしてください。
香港にすでにいる方は、領事館や報道サイトをひんぱんにチェックし、交通機関に影響が出る場合は
各機関のサイトを確認してください。
ホテルに滞在している方はホテルのスタッフにアップデート情報を聞いてみるのもいいでしょう。


2019年8月16日

香港に行ったら
「香港スターと写真を撮りたい!」
なんていう無謀なリクエストに答えることができる場所があります。
それはビクトリアピークにあるマダム・タッソー蝋人形館。

IMG_2334.jpg

場所はザ・ピークタワーの中。
ピークトラムやスカイテラスとの共通券もあるので、あらかじめ買っておくとお得です。
入口で出迎えてくれるのはアインシュタイン。
隣の無料で写真撮影をできるエリアでは現在はニコール・キッドマン。
以前はブルース・リーだったので定期的に変わるようです。

IMG-2444.JPG

中に入るとカテゴリー別に分かれているのでお目当てのスターがどのエリアにいるのか一目でわかります。
入ってすぐはもちろん香港スター。

IMG_2359.jpg

歴史上の人物エリアではイギリス王室と一緒に写真を撮ることもできます。
お二人の間に座ると気分はロイヤル~。
このほかオバマ元大統領とトランプ大統領のいるホワイトハウスのオフィスでは
希望するとカメラマンが撮影して、後で購入することも可能。

IMG_2376.jpg

草間彌生ギャラリーは鏡の中のドットの部屋。
インスタ映えするこの部屋は女子でにぎわっています。

IMG_2387.jpg

香港といえばカンフーですよね。
ここにお目当てのジャッキー・チェンやブルース・リーがいます。

IMG-2395.JPG

香港でも大人気の韓流スターもここに勢ぞろい。

IMG-2416.JPG

途中疲れたらセルフィーカフェでひとやすみ。
ここではその場で写した顔写真をカフェラテかカプチーノにのせることができます。
北海道ソフトクリームやシンガポールのフィッシュスキンチップスもあり
あまり統一性のないカフェ。

IMG-2428.JPG

蝋人形の作り方やマダム・タッソーの歴史が展示されているコーナーもあります。
髪の毛や目玉などのディテールを作るのは至難の業。

IMG-2448.JPG

キッズも喜ぶスーパーヒーローとアニメゾーン。
インターアクティブなゲームもあります。
香港アニメを代表する豚のマクダルもここにいます。

香港の人気者に会いにマダム・タッソー香港に行っていませんか?

【DATA】
Madame Tassauds Hong Kong
住所:Shop P101, The Peak Tower, No. 128 Peak Road, The Peak, Hong Kong
営業時間:10:00~22:00


2019年7月30日

香港には235の島があり、
その中で一番大きいのがランタオ島。
空港や香港ディズニーランドがあるところでもあります。
そこにある一番高い山に登ってみました!

IMG_2229.jpg

スタート地点はMTRトンチョンラインの終点であるトンチョン駅。
まずはバスに乗って、登山道の入口を目指します。
トンチョン駅のバスターミナルから3M、11、23のどれかのバスに乗車し、
パックンアウ(Pak Kung Au)のバス停で下車。

バスの進行方向に少し進むと左右にトレイルが見えてきます。
ランタオピークへはここで右へ進みます。
左に行くとサンセットピークにたどり着きます。
ここからランタオピークを経由してゴンピンまでの距離は4.5キロ、所要時間2時間半。

IMG_2244.jpg

なだらかなトレイルが続きます。
少しいくと、、、
IMG_2235.jpg

石の碑があります。
2003年8月26日にヘリコプターが墜落し、
二人のパイロットが亡くなったそうです。

IMG_2241.jpg

香港のトレイルにはこのようなディスタンスポストが500メートルおきに設置されているので
自分がどの辺を歩いているのかがわかるようになっています。
万が一の緊急事態の時はこのポストのL020という位置を伝えたらすぐに場所がわかります。
これは約70キロあるランタオトレイルのスタート地点から10キロを意味しています。
LはLantau trailの略。

IMG_2273.jpg

山の中腹で後ろを振り返ると、
サンセットピークがはっきりと見えました。
シャイなサンセットピークは雲のヴェールがかかっていることが多いのでラッキー。

IMG_2300.jpg

頂上に到着です!
ランタオピーク(鳳凰山)の頂上は934メートル。
空港やゴンピンの大仏がよく見えます。

IMG_2353.jpg

ゴンピンに向かってひたすら下りが続きます。
段差の高い階段も多く、膝がガクガク。

DSC_3491.JPG

階段を降りたところには心経簡林(ハートスートラ)と水牛がお出迎え。
般若心経の一節が彫りこまれた38本の木柱が、
丘の上に無限大を意味する8の形に立ち並んでいます。
ここは近くのポーリン寺のお坊さんも瞑想にくる
香港一良い気が感じられるアジア一のパワースポットだそう。
心が洗われるような気持ちいい空気に、お疲れのハイカーでも瞑想したくなります。

IMG_8456.jpg

約15分歩くとゴンピンにつきます。
体力が残っていたら天壇大仏様の足元までの階段を上ってみるのもよし。
足元からはさっきまでいたランタオピークがよく見えます。
ゴンピンビレッジにはレストランやスタバがあるので、ひとやすみ、ひとやすみ。
ここからはケーブルカーかバスでトンチョンに戻ることができます。


2019年7月26日
2019年7月23日
2019年7月20日
2019年6月28日
2019年6月25日
⇒すべての記事を見る

香港旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■香港の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • 香港2特派員

    香港2特派員
    りんみゆき
    香港の魅力にどっぷりとはまり、香港在住22年。フライトアテンダント、日本語教師を経て、現在はライター、通訳、学校運営に関わっています。気づけばどこかの国のどこかの街に出没していて、今までに訪れた国は約60ヶ国というほど旅行中毒。香港は西洋と東洋が混ざり、古いものを大事にしながらも新しいものを受け入れる国際都市。季節のさまざまなイベントをはじめ、山歩きやパワースポットなどあまり知られていない香港の魅力を発信できればと思います。もちろん、食べることも飲むことも大好き!なので、グルメ情報もタイムリーお届けします。
    ブログ
    ウェブサイト DISQUS ID @2web

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集