海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 香港/香港2特派員ブログ

香港/香港2特派員ブログ りんみゆき

香港・香港2特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

香港の4大トレイルのひとつである全長100kmのマクリホーストレイル。
今回はアクセスの便利さを考慮して、ステージ5の途中であるライオンロックパークからステージ6の終わりまでを紹介します。

IMG_7044.jpg

MTR黄大仙(Wong tai shin)から徒歩15~20分ほどで獅子山郊野公園登山口に到着。
マクリホーストレイル ステージ5のM101マーカーを過ぎたところからスタートします。
ここからはひたすら階段が続きます。

IMG_7046.jpg

ところどころにあるビューポイントから黄大仙のアパート群を見下ろしながら、ひと休み。

IMG_7056.jpg

戦争中はDrinkers Lineと呼ばれていたトレイルにはいたるところにその跡が残っています。
このピルボックスの残骸は1930年代のもの。
北からの侵略から守るために作られ、機関銃などがこの中に固定されていたようです。
詳しい説明ボードがあります。

IMG_7054.jpg

マクリホーストレイル自体はライオンロックを通過しませんが、寄り道をして495mのライオンロックに行くこともできます。


IMG_7062.jpg

ビーコンヒルビューポイントから後ろを振り返るとライオンロックがよく見えます。

IMG_7069.jpg

ビーコンヒルの頂上。
このビーコンはカイタック空港に飛行機が着陸するときに使われていました。


IMG_7074.jpg

ステージ6:Tai Po Road(大捕公路)~城門(Shing Mun)
距離:4.6km 所要時間:1時間30分

このステージの最初の部分は野生の猿との遭遇です!
金山郊野公園(Kam Shan Country Park)の入口。

IMG_7078.jpg

猿に関しての注意書き。
①猿がいるところで物を食べない
②ビニール袋を手に持たない
③猿に食べ物を与えない
④近づいたり触ろうとしない

食べ物を持っていなければ襲われることはまずありません。

IMG_7084.jpg

九龍貯水池(kowloon reservoir)沿いを歩きます。

IMG_7086.jpg

第二次世界大戦中に使われていたトンネルがいくつもあり、中に入れるものもあります。
トンネルにはRegent StreetやShaftesbury Avenueなどロンドンにある通り名がつけられ、遠い母国を思い浮かべながらここで戦ってたイギリス兵士の姿を想像することができます。

IMG_7094.jpg

この一帯は戦争の爪痕がくっきりと残っています。

IMG_7095.jpg

ステージ6のゴール地点にはトイレや自動販売機があります。
約15分離れたところにあるビジターセンターから、ミニバスで荃湾(Tsuen Wan)の町なかまで行けます。


2021年5月31日

香港にはハイキングトレイルがたくさんあります。
その中でもアクセスがとてもよく、近所の住人の裏庭を散歩感覚で行けるトレイルを紹介します。
初級者向けで歩きやすく、ちょっとした空き時間に気軽に行けるのがおすすめ。

IMG_7535.jpg

スタート地点:MTR青衣(Tsing Yi)のA1出口で248Mのバスに乗り、終点で下車。トレイル入口(北口)まで徒歩約5分の距離。
距離: 約4km
所要時間: 約2時間

IMG_7537.jpg

入口にある地図で、位置確認をすることができます。
途中、売店やトイレはないので、MTR青衣に隣接しているマリタイムスクエアのショッピングモールを利用するといいでしょう。

IMG_7541.jpg

多少のアップダウンはありますが、比較的幅も広く手すりもあり、小さなお子さんやお年寄りも歩けます。
週末には家族連れや年配のハイキンググループの姿も。

IMG_7542.jpg

屋根があって休憩ができるパビリオンは3ヵ所あります。
森林浴を楽しめます。

IMG_7562.jpg

パビリオン1付近からは青馬大橋がよく見えます。

IMG_7581.jpg

ビル群の後ろには山が連なっているこの景色こそ、ザ・香港。
町と自然がコンパクトにギューッと詰まっているのが香港の魅力です。

トレイルは南口でゴール。
左側に曲がって数分のところにバス停があります。279XのバスはMTR青衣行き。


気軽に行けるハイキングコース、次回香港旅行を計画するときの「行きたい場所リスト」に追加してみてはいかがでしょうか。

==========================================

香港やそのほかの海外旅行の写真はwandermiwandermi
ハイキングやランニングの記録はruntheworldmiruntheworldmi
でご覧いただけます!
いまは行けないけれどバーチャル旅行をお楽しみください。


2021年5月26日

香港の魅力は離島にもアリ!


今回は西貢沖にある小島、鹽田梓(塩田仔Yim Tin Tsai)をご紹介します。
ここでは2021年4月17日から7月16日までYim Tin Tsai Arts Festivalが開催中。

IMG_8669.jpg

島までは西貢(Sai Kung)の埠頭からボートで約15分。
埠頭近辺にはいくつかのボート会社が客引きをしています。
往復で50香港ドル。
帰りの分のシールも渡されるので、なくさないように要注意。
アートフェスティバル開催期間中は専用ボートをオンラインから予約できます。

IMG_8673.jpg

時刻表は一応ありますが、お客さんの乗り具合によって時間より早く出たり、
遅く出たり。
あまり気にせず、景色を楽しみながらゆったりと待つのがよさそうです。
島までの乗船時間は約15分。
海は青く、見渡す限り緑の山。
コンクリートジャングルの街中から車で1時間弱で、
こんなに美しい香港の自然に出会えることにあらためて気づくことでしょう。

IMG_8679.jpg

埠頭でデーンと迎えてくれるのは
第3級の歴史的建造物として登録されている、ロマネスク様式の美しい聖ヨセフ教会。
埠頭横のビーチはカヤックで上陸するカヤッカーでにぎわっています。
コロナ禍の香港では、ハイキングだけでなくカヤックやSUPなどのウォータースポーツも大人気。

IMG_8697.jpg

農業が衰退し一時期は約1200人いた住民は1990年代に村にいなくなりました。
客家の家は廃墟となり、住民の私物もそのまま残されたまま。
その空き家がアーティストの魔法にかかり、
アート作品として生まれ変わりました。

アートフェスティバル期間中は島内に30か所
いろんな形で表現されたアート作品を鑑賞することができます。
埠頭の案内所でマップを手に入れると作品のQRコードをスキャンでき、
詳細を知ることができます。
==========================================
作品名:Flower Gathering
アーティスト:Eastman Cheng Shuk-yeeさん
==========================================
写真は主催者(Yim Tin Tsai Arts Festival)の承諾を得て掲載しています。

IMG_8708.jpg

この塩田では実際に塩が作られています。
塩ができるまでの過程をここで見学したり、
説明ボードで香港の塩産業の歴史を知ることができます。
1938年に香港では3か所で塩が作られていましたが、第二次世界大戦後
中国やタイから安い食塩が輸入されるようになり、
1970年代に香港での塩産業は衰退しました。
現在村人がこの島に戻ってきて、
唯一Made in HKの塩田とこの村の伝統を継承しています。

IMG_8718.jpg

塩田脇にあるこのオブジェ、なんだと思いますか?
これは塩なんです。
塩は四角いということ、ここで初めて知りました。

==========================================
作品名:Sanctuary of Salt
アーティスト:Homan HO Man-chungさん
==========================================
写真は主催者(Yim Tin Tsai Arts Festival)の承諾を得て掲載しています。

IMG_8730.jpg

トレイルの端にあるJade-Girdle Bridge
埠頭からここまで、鑑賞しながらゆっくり歩いて約1時間強。

IMG_8732.jpg

階段を上ってたどり着くTwin Pavillionsからはサイクンやマーオンシャンを一望できます。
ここからさらに歩くともうひとつの展望台Round Pavillionがあります。

IMG_8740.jpg

ヨセフ神父の住居の跡地。
香港には1841年から宣教師が派遣されていました。
1866年のクリスマスにはこの村に初めてきた客家のチャン(陳)一族30人が洗礼を受け、
学校と教会を建てる土地を寄付しました。
1875年には村人は全員洗礼を受けたそうです。


IMG_8758.jpg

IMG_8759.jpg


聖ヨセフ教会はSt.Joseph Freinademetz によって1879年に建てられました。
村人は70人、毎日2度集まって讃美歌を歌っていたそうです。
ジョセフ神父は1881年の夏には香港を離れ、山東へ移りました。


IMG_8900.jpg

埠頭近くの売店にはここで採れた塩で作られた
石鹸やスクラブなどが売っています。
Made in Sai Kungと記されているオリジナルグッズはここでしか手に入らない貴重なもの。
ボートに乗る前に時間があったら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。
売上はこの村や塩田を維持するために使われます。


==========================================

香港やそのほかの海外旅行の写真はwandermiwandermi
ハイキングやランニングの記録はruntheworldmiruntheworldmi
でご覧いただけます!
いまは行けないけれどバーチャル旅行をお楽しみください。



2021年5月17日
2021年5月14日
2021年4月27日
2021年4月26日
2021年4月16日
⇒すべての記事を見る

香港旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■香港の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • 香港2特派員

    香港2特派員
    りんみゆき
    香港の魅力にどっぷりとはまり、香港在住22年。フライトアテンダント、日本語教師を経て、現在はライター、通訳、学校運営に関わっています。気づけばどこかの国のどこかの街に出没していて、今までに訪れた国は約60ヶ国というほど旅行中毒。香港は西洋と東洋が混ざり、古いものを大事にしながらも新しいものを受け入れる国際都市。季節のさまざまなイベントをはじめ、山歩きやパワースポットなどあまり知られていない香港の魅力を発信できればと思います。もちろん、食べることも飲むことも大好き!なので、グルメ情報もタイムリーお届けします。
    ブログ
    ウェブサイト DISQUS ID @2web

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集