海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 香港/香港2特派員ブログ

香港/香港2特派員ブログ りんみゆき

香港・香港2特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


香港の新しい観光名所となっている
旧香港警察だった「大館」にある中華料理レストランThe Chinese Library。
香港のレストラングループのaquaグループが手掛けており
隣にあるイギリス料理のStatementとバーのDispensaryも同じグループのものです。

IMG-3521.JPG

サービスも、雰囲気もいい素敵な空間で
旧正月明けのお祝いに香港マダムの友人とランチコースをいただきました。
単品の点心メニューもあります。

IMG-3536.JPG
コースの前菜は美しいトリオ。左から
Laksa Xiaolong pao
Bamboo&Charcoal Hargow
Mala beef shin with sesame dressing
このラクサ味の小籠包は口に入れた瞬間、
スパイシーココナッツ味のラクサソースが口の中で広がって
ラクサ好きにはたまらない一品です。こんな組み合わせよく考えたなあ。

IMG-3541.JPG
Sauteed Garuoupa with wild mushroom sauce
上品なサイズのお魚にマッシュルームソースがよく合います。
お皿の鳥の絵柄でお料理がより美しくなります。

IMG-3540.JPG
Sauteed Pork belly with chilli and pepper
辛い味つけに白いご飯が欲しくなり追加オーダー。
アジア人ですねえ、これを上にかけて丼状態で食べちゃいました。

IMG-3539.JPG
口の中が辛辛になった後は
ほっこりするチキンブロスの季節の野菜。
優しい味付けに火がついていた舌がおさまりました。
最近あまり辛いものを食べていないから少量のチリにも過剰反応してしまいました。

IMG-3538.JPG
Hand cut noodles with wagyu beef and tomato broth
シメの麺もトマトスープ味のあっさりめ。
かなり満腹だったけれど、あっさりしていたから完食できました。

IMG-3537.JPG
Rice ball in warm ginger tea matcha tea cannelloni with red bean
デザートも体にやさしい生姜味。
友人が喉を痛めていたので、ちょうどよかった。

盛り付けてあるお皿も素敵でおいしくお料理をいただきました。
デラックスコースは一人HK$350(プラス10%サービスチャージ)
今回は仕事の合間だったのでパスしましたが、
プラスHK$98でソムリエおすすめのワインつきにもできます。

【DATA】
The Chinese Library
住所:Police Headquarters, Tai Kwun
10 Hollywood Road, Central
Tel: (852)2848 3088
要予約



2019年2月13日

2019年の旧正月の花火は2月6日の午後8時から約23分間
ビクトリアハーバーに打ち上げられ、香港の夜空を飾りました。
かかった費用は900万香港ドル
打ち上げられた花火の数は23,888発という豪華なものでした。

私がこの観賞をしたのは、
なんと尖沙咀のスターフェリー乗り場。
予約をしたときは、ハーバークルーズだと思っていました。
いざ行ってみると、ハーバークルーズ乗り場の待機所でずっと待ち状態。
いつになったらボートに乗るのかとスタッフに尋ねると、
「観賞はここからですよ」とのこと。
予約をするときに旧正月花火クルーズの3時間コースと1時間コースがあり、
よく読まずに短い方がいいやと1時間を選択したことを思い出しました。
どうやらその3時間がフェリーからの花火観賞、
1時間は乗り場からの観賞だったようです。

IMG-3330.JPG

飲み物と旧正月の縁起のいいお菓子もついてきました。(アルコールはなし)
椅子に座りながら、開始時間を待ちます。

IMG_3409.JPG

バンバンバンと次から次へと惜しみなく上がる花火は大迫力!
香港のスカイラインがおめでたい赤色に包まれます。
目の前に立ちはだかるものもなく、
乗り場には30人くらいしかいない。
プロムナードのように押されることもなく快適にウォッチング。
8つのテーマで繰り広げられたということで、
干支の豚の鼻の形やバレンタインが近いからハート型の花火も打ち上げられました。


ボートの場合停泊できるエリアがかなり花火から離れたところになり
終わったあともすぐには帰れないので
一瞬唖然とした乗り場観賞も結果的にはよかったという結論に達しました。


2019年2月 7日

なかなか行く機会がなかった蒸し鍋に
ついに行くことができました!
場所は尖沙咀にあるフードストリートの厚福街(Hau Fook Street)。
火鍋や蒸し鍋や、ラーメンやなどが並んでいます。

IMG_2081.jpg

目的地は赤いネオンのこのお店。
「潮福蒸気石鍋」はここ以外にも香港内に数店舗構えている蒸し鍋の有名店。
階段をのぼっていくと入り口のドアを開けると、、、

あった、あった、お寺でみるようなお線香の蓋!

IMG_2084.jpg

夜は二部制になっていて気になるお値段は
17:30-20:30は一人HK$388
20:30-22:30は一人HK$348
えび、貝、鶏肉、牛肉がもれなくついてきて
その他4種類の海鮮と4種類の野菜を選べます。
そしてビールは飲み放題。
IMG_2085.jpg

まずはスープからスタート。
体によさそうな、ほっこりとしたお味。

IMG_2087.jpg

エビと貝のいい匂いによだれが出そうになりながらも蒸しあがるまで辛抱。
蒸し時間が具材によって違うようですが、
専属についてくれるスタッフがいるのでモウマンタイ。
しかも一人ずつの取り皿に分けてくれるという期待していなかったサービスつき。
しょうゆやガーリックやチリやXOソースなど
自分好みのものをカウンターから取ってきてつけていただきます。

IMG_2093.jpg

一番おいしかったのは、〆のお粥。
下の層に最初からお米が入っているので、それまでのお汁が全部しみこんでいて
至福のお味です!

【DATA】
潮福蒸気石鍋
住所:尖沙咀厚福街5-6號多富閣1樓
TEL:2723 2781
アクセス:MTR尖沙咀B2出口から徒歩5分


2019年2月 2日
2019年1月28日
2019年1月23日
2019年1月20日
2019年1月18日
⇒すべての記事を見る

香港旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■香港の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • 香港2特派員

    香港2特派員
    りんみゆき
    香港の魅力にどっぷりとはまり、香港在住22年。フライトアテンダント、日本語教師を経て、現在はライター、通訳、学校運営に関わっています。気づけばどこかの国のどこかの街に出没していて、今までに訪れた国は約60ヶ国というほど旅行中毒。香港は西洋と東洋が混ざり、古いものを大事にしながらも新しいものを受け入れる国際都市。季節のさまざまなイベントをはじめ、山歩きやパワースポットなどあまり知られていない香港の魅力を発信できればと思います。もちろん、食べることも飲むことも大好き!なので、グルメ情報もタイムリーお届けします。
    ブログ
    ウェブサイト DISQUS ID @2web

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集