海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ハワイ  > ホノルル特派員ブログ > 日本からハワイへの渡航  オアフ島の現状

ハワイ/ホノルル特派員ブログ 小嵜 有美 さん

ハワイ・ホノルル特派員が現地からハワイ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年11月18日

日本からハワイへの渡航  オアフ島の現状


日本からハワイへの渡航  オアフ島の現状

残念ながら新型コロナウィルスは世界中でまだまだ猛威を振るっているようです。


IMG_8226.jpeg
ハワイ州では、マスク着用率が比較的高く、ソーシャルディスタンシングにも注意を払っているせいか、感染者数は安定しています。



またハワイ州保健局では、ハワイに住む人びとのために「アロハの心で、みんなで協力して乗り越えましょう」といったメッセージを連日テレビコマーシャル などで流しています。


そんな中、ハワイ州では細心の注意を払いながら、州外からの観光客の受け入れ準備を整えています。今日は、ハワイ州および観光業界の取り組み、そしてオアフ島に住む人々の実際の生活をお伝えします。(記事内の情報は2020年11月18日現在のものです。情報は日々変わっていますので、ハワイ州観光局や当該航空会社などの公式ウェブサイトにて確認してください)



日本からホノルルへの渡航は可能?

2020年10月から始まったアメリカ本土からの渡航者対象のハワイ州事前検査プログラムに続いて、11月6日から日本からの渡航者にも同じプログラムの適用を始めました。このハワイ州事前検査プログラムというのは、日本を出発する72時間前以内に、ハワイ州が契約した医療機関において新型コロナウイルス感染症検査を受け、ハワイでの入国検査時に陰性証明書を取得すると、ハワイ到着後の14日間の自己隔離措置が免除されるというものです。

HTJ_pro1117_02-scaled.jpg
(注)日本帰国時には、PCR検査の実施、14日間の待機要請および公共交通機関の使用制限が求められます。


ハワイ旅行のプロセスの詳細はこちら です。プログラムに関する注意事項はこちら です。
10月末に発表された21ヵ所のハワイ州指定医療機関のリストおよび詳細はこちら です。
11月17日に発表された追加36ヵ所のハワイ州指定医療機関のリストおよび詳細はこちら です。



日本からホノルルへはどの航空会社が飛んでいるの?

2020年11月〜2021年1月の間のハワイ諸島へのフライト情報は下記の通りです。(2020年11月18日現在)
 【2020年11月】
   全日本空輸    羽田発 20日
   ハワイアン航空  成田発 14, 19, 21, 26, 28日
   日本航空     羽田発 23日
 【2020年12月】
   全日本空輸    羽田発 4, 7, 11, 14, 18, 21, 15, 29日
   ハワイアン航空  羽田発 23, 25, 27, 30日
   ハワイアン航空  成田発 3, 5, 10, 12, 17, 19, 21, 22, 24, 26, 28, 29, 31日
   ハワイアン航空  関空発 21, 24, 26, 28, 31日
   日本航空     羽田発 12, 20, 26, 28, 29, 30, 31日
   日本航空     成田発 1, 3, 5, 8, 10, 15, 17日
 【2021年1月】
   全日本空輸    羽田発 1, 2, 4, 8, 15, 18, 22, 25, 29日
   ハワイアン航空  羽田発 1, 3日
   ハワイアン航空  成田発 2, 4, 5日
   ハワイアン航空  関空発 2, 4日
   日本航空     羽田発 2, 3, 4, 8, 15, 22, 29日
詳しくは各航空会社にお問い合わせください。



ホノルルから隣島へは行けるの?

 【ホノルル到着後、乗り継ぎで隣島へ】
   日本で取得した陰性証明書および隣島間用QRコードを取得すれば、14日間の自己隔離措置は免除。
   ハワイ島のみ任意で抗原検査を受ける必要があることもあります。
 【ホノルル滞在後、隣島へ】
   ホノルル出発72時間前以内にハワイ州保健局が指定する医療機関にて、アメリカ食品医薬局(FDA)が
   承認する検査を受け、陰性証明書を受け取ります。

neighbor islands.png

隣島への乗り継ぎに関する詳細はこちら です。



オアフ島の現状

オアフ島では、再開に向けての段階的緩和が2020年9月24日から始まりました。最初の4週間はステージ1でさまざまな規制もありましたが、現在は少し緩和されてステージ2になりました。


ステージ1からの大きな違いは、

  • レストランでは最大5人まで同じテーブルで食事することができる(同じ世帯メンバーでなくても可)。
  • デイブ&バスターなどのゲームセンターは最大収容人数25%で再開。
  • ヘリコプターツアーは最大収容人数50%で再開できる。
  • バケーションレンタルなどの短期滞在用レンタル施設の再開。
  • ジム・フィットネスセンターは最大収容人数25%で再開。
    です。

  • 小売店は再開が許可されていますが、ワイキキやアラモアナセンターのお店はまだ一時休業中のお店も見かけます。

    ステージ制度の詳細はこちら です。



    実際の生活

    オアフ島の一般在住者で観光に直接的そして間接的に携わっている人のほとんどは失業保険をもらって生活しています。ハワイの失業率は15%ほどで、これは全米でもかなり高い方です。


    春の第一回目のロックダウン(都市封鎖)の時には、トイレットペーパーや除菌ウェットティッシュそして小麦粉などがスーパーの棚から姿を消してしまったこともありますが、今は問題なく買うことができます。


    たまに人数制限で店の前に行列ができることもありますが、スーパーも毎日開いています。


    IMG_1751.JPG
    レストランも制約はありますが、店内で食事をすることもできます。またレストランによっては、ホノルル市から特別な許可を取得して、店頭に特設席を設けているレストランもあります。とは言うものの、しっかりと定着したテイクアウトはまだまだ人気です。


    店内での試着はできる店とできない店があるようです。できない店での買い物の際には、とりあえず買って家に持ち帰って試着してから、返品するのかどうか決めたりしています。ネットで買い物して、お店で商品をピックアップする人も多いようです。


    IMG_3284.JPG
    車社会のハワイですが、失業者が多いこともあり、朝夕の渋滞もなく道路事情はとてもいい日が続いています。


    ハワイの唯一の公共の交通機関であるバスも通常より間引き運転しているようです。



    これから

    ハワイ州事前渡航検査プログラムの成果もあって、少しずつですがアメリカ本土や日本からの観光客が増えてきています。とはいうものの2020年の夏は前年比90%ダウンという状況でしたので、本当に小さな前進です。


    IMG_3292.JPG


    ワイキキのビーチにも海水浴客を見かけるようになりました。


    IMG_3287.JPG
    モアナ・サーフライダーやワイキキビーチ・マリオットそしてシェラトン・ワイキキといった大手ホテルも順次再開しています。


    こんな困難な状況の中ですが、新しいレストランやお店も少しずつオープンしています。


    次回からは、新しくオープンしたお店や以前からあってもまだあまり知られていないお店、そして日本からも参加できるハワイのイベントやショッピングについて書いていきたいと思います。


    「ハワイのここはどうなっているの?」とか「このお店はどうしているの?」といった質問があればお知らせください。できる限り調べて、次回のハワイ旅行の際に役立つ情報を紹介します。


    アロハ!


    IMG_3327.JPG

    記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
    カテゴリー お知らせ
    2020年11月18日
    « 前の記事「ハワイで英語になった「おかず屋」」へ
    »次の記事「日本からハワイへの渡航(続報その1)」 へ
    ホノルル特派員 新着記事
    ワイキキのクリスマスツリー点灯式に参加しませんか?
    日本からハワイへの渡航(続報その1)
    日本からハワイへの渡航  オアフ島の現状
    ハワイで英語になった「おかず屋」
    モチーフとして知られるハワイの花
    おいしいロールアイスクリームを食べよう!
    ハワイでロコモコを食べよう!
    ハワイセントパトリックスデー
    1年前の同じ月に投稿された記事
    Royal Kunia Country Club( ロイヤルクニアカントリークラブ)
    アトランティスサブマリンアドベンチャー
    ヘルシードリンクショップ Lanikai Juice
    おすすめヘルシーショップ(Jamba Juice)

    ハワイ ツアー最安値


    2020/12/1更新

    ハワイ 航空券情報


    ハワイ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ハワイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ハワイにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ホノルル特派員

      ホノルル特派員
      小嵜 有美 さん
      昭和、平成、令和とホノルル暮らし。サーフィンやスキューバダイビングなどマリンスポーツは若い頃にマスター。フラやウクレレは著名な先生につくも、あまりの才能のなさに断念。休止中のハワイアンキルトは老後の楽しみ。現在はフリーで編集者/ライターそしてハワイ企業のプレスとして活動中。特派員ブログでは、ハワイの最新情報やありきたりでないハワイの紹介をできればと思っています。 DISQUS ID @disqus_eo0zn9eZA4

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集