海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > トルコ/イスタンブール特派員ブログ

トルコ/イスタンブール特派員ブログ デイジー

トルコ・イスタンブール特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

今年で13回目となるイスタンブール市主催のチューリップ・フェスティバルが今年も開催されています(4月末まで)。

フェスティバルの間、至る所にチューリップが植えられていますが、一番の見所はこちら。

30726334_1671870319525810_3941767026458339635_n.jpgのサムネイル画像

スルタンアフメット広場のチューリップで施した大絨毯です。

30710057_10155957024935860_8397516672704970752_n 2.jpg

コンスタンティノープルの陥落(1453年)から565周年記念して、今年は56万5千本のチューリップが植えられています。

30716664_10213976330314821_3814211396160790093_n.jpg

フェスティバルは13回目ですが、チューリップの大絨毯ができるのは今年で4回目。

圧倒される美しさです。ぜひお立ち寄りください。4月30日までの開催です。




2018年4月21日

トルコでは、美容好きな方におすすめなのが薬局です。

IMG_3189.jpg

トルコでは日本との薬事法が違うので、日本で処方箋が必要な薬やクリームのほとんどが、薬局のカウンターで処方箋・数制限なく購入することが出来ます。


<薬局のおすすめお土産>

① マッサージオイル

IMG_3097.jpg

そして、農業大国だけあり、いろんな種類のフルーツ、花草、オリーブなどのマッサージオイルが揃っています。アルガンオイルなどの輸入物もあります(一本約200円〜)。


②美容クリーム

IMG_3288.jpg

右:保湿クリーム(約500円)
中:ヒルドイドクリーム(約450円)
左:ハイドロキノンクリーム(約250円)

ヒルドイド(シワ取り効果)とハイドロキノン(シミ取り効果)は日本でも人気。
日本では皮膚科の診断が必要ですが、こちらでは普通に買うことが出来ます。
値段も日本よりずっと安いです。

薬局の保湿クリームは、コスメショップなどで取り扱いのないアイテムが多く効き目がいいです。


③薬用ハンドクリーム

IMG_3289.jpg

ベパンテン軟膏(約450円)。
あかぎれ、ひび割れ、赤ちゃんの肌かぶれなどに使える万能クリーム。
羊の皮脂、アーモンドオイルなどが入っています。

薬用品はヨーロッパ(主にドイツなど)の大手製薬会社で作れているものが多いです。



2018年4月14日

去年話題になったトルコの塩振り王子、ヌスレト氏ですが、こちらトルコでは今でも大人気。着実に店舗を増やして、ついにはアメリカにも広がっています。

Nusr-Etのステーキハウスはちょっと敷居が高い方におすすめなのが、同レストランの系列のハンバーガーショップです。

restaurant.jpg

バーガーショップは、イスタンブールに4軒あります。

saltbae.jpg

店内には肉のカリスマ、ヌスレト氏の壁画。

nusret-bebek.jpg

こちらがジューシーなヌスレトバーガー(約1,200円)。
半分に切った後、また焼かれているので肉汁も閉じ込められて、バンズもカリッと絶品です!

さすが肉のカリスマが選んだ国産ビーフ。かなりおすすめです!




2018年4月 7日
2018年3月31日
2018年3月24日
2018年3月17日
2018年3月10日
⇒すべての記事を見る

トルコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中東にもどる

  • 特派員プロフィール
  • イスタンブール特派員

    イスタンブール特派員
    デイジー
    トルコの手芸<オヤ刺繍>に魅せられ、現地の女性たちの社会進出のサポートのため、刺繍ショップ<デイジー>およびトルコキリムを使ったバッグ店<デイジーアトリエ>を運営しています。トルコの伝統手芸の素晴らしさを知っていただきたく活動しております。トルコでの通訳・コーディネートなどのお仕事依頼も可能です(こちらまで)。 DISQUS ID @disqus_UotgqiMTGF

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集