海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > トルコ/イスタンブール2特派員ブログ

トルコ/イスタンブール2特派員ブログ tapistanbul

トルコ・イスタンブール2特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


2019年は、日本におけるトルコ文化年!

先月まで東京で開催されていた『トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美』が、6月14日(金)より京都で幕開けです。

 
1.jpg

国立新美術館(東京)にて


 
トルコ・イスタンブールにあるトプカプ宮殿博物館が所蔵する、約170点の宝飾品や美術工芸品が来日した今回の展覧会。「トプカプ宮殿とスルタン」「オスマン帝国の宮殿とチューリップ」「トルコと日本の交流」の3部構成になっていて、見応えも十分です。


私も東京開催時に足を運びましたが、目が眩むほど煌びやかな至宝を通じて、改めてオスマン帝国の栄華を感じ取りつつ、隅々まで見て回りました。トルコ好きな女優 木村文乃さんがナビゲーターを務める音声ガイド(有料)を聞きながらの見学は、理解度が深まるのはもちろん、世界観に没頭できるのでおすすめです。


 
トルコ好きさんはご存知の方も多いと思いますが、トルコが原産であり国花でもあるチューリップ。トルコでは古くから、建築・宝飾品・衣類・日用品など至るところにチューリップの文様が施されており、武器装飾にまで使われていました。チューリップがいかに崇高な花であり、そしてなぜそこまで大切にされ愛されたのか、そういった部分も知ることができます。


2.JPG

トルコで購入した雑貨にも、チューリップが

 
チューリップと並んでトルコで愛される花といえば、コスメや食べ物などにも幅広く使われているバラです。中でもローズウォーター(バラ水)は、古くから使われていたようで、バラ水入れの展示もありました。その使用方法だけでなく、そもそもなぜバラなのか?という所以があまりにも目からウロコで、展示説明文を読みながら「そうなんだ?!」と、思わず声に出してしまうほどでした。

 
 
3.jpg

イスタンブールのトプカプ宮殿にて

 
アジアの東端から西端へ、日本からトルコへと飛んで行き、実際にトプカプ宮殿内で至宝を目の当たりにするのが一番ではありますが、トルコ至宝展では、日本にいながら十分にその雰囲気を味わうことができる空間づくりがされています。

 
 
ミュージアムショップでは、「かわいい~!」と女子たちの悲鳴が聞こえてきそうなトルコ雑貨・アクセサリーが並び、展覧会オリジナルグッズも多数あります。そんな中、私が手に取ったのはこちらの1冊。

 
4.JPG

『土耳古畫観』山田寅次郎 著


日本とトルコの交流の歴史を語るうえで欠かせない人物であり、両国の架け橋となる存在でもあった山田寅次郎。トルコに約20年滞在した彼の目を通して描かれた当時の様子は非常に興味深く、私が目にした現代トルコとの共通点や繋がりを感じつつ読み進めています。

 
『トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美』 京都開催は、6月14日(金)~7月28日(日)まで京都国立近代美術館にて。この機会をお見逃しなく!

 
 


2019年6月13日

トルコで3月31日に実施された統一地方選の結果をめぐり、選挙管理当局は、イスタンブール市長選の再選挙を6月23日に実施すると発表しました。イスタンブールをはじめとするトルコ各地で、再選挙に関するデモや集会が行われる可能性があり、治安当局との衝突等が生じる恐れもありますので、トルコ(特にイスタンブール)滞在予定の方はご留意ください。


外務省海外安全ホームページ にて、本件に関する情報掲載がありましたのでご確認ください。

以下、引用です。


デモや集会への注意喚起(イスタンブール市長選再選挙)


■対象国

中東/トルコ


■ポイント

・5月6日、トルコの選挙管理当局は、イスタンブール市長選の再選挙を6月23日に実施すると発表しました。

・不測の事態に備え、可能な限りデモや集会には近づかないようにお願いします。


■本文

1 5月6日、トルコの選挙管理当局は、3月31日の統一地方選の際に行われたイスタンブール市長選のやりなおし再選挙を、6月23日に実施すると発表しました。報道によれば、公正発展党(AKP)は3月31日の選挙に不正があったと主張しており、一方で共和人民党(CHP)は選挙管理当局の発表に反発しています。


2 今後、本件再選挙に関するデモや集会がイスタンブールを中心とする各地で行われる可能性があります。
 本年3月8日の国際女性デーでは、イスティクラル通りのデモ隊に対し治安当局が催涙ガスを発射したため、周辺の歩行者に催涙ガスが及ぶ事案が発生しています。在留邦人や旅行者、出張者の皆様におかれましては、可能な限りこのようなデモや集会には近づかないようご注意願います。

 

令和元年5月7日
在イスタンブール日本国総領事館
代表電話:0212-317-4600
FAX :0212-317-4604
メール:ryoji@it.mofa.go.jp
○総領事館ホームページ:https://www.istanbul.tr.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/
○外務省海外安全ホームページ: https://www.anzen.mofa.go.jp


現地の状況を把握し切れていない立場としては「デモや集会に不用意に近づかない!」は鉄則です。現地で、または報道で、デモ隊と治安当局との衝突等の光景を見て「トルコ=危険」と判断して終わるのではなく、「何が起こっているのか」「なぜ起こっているのか」という真相や背景の部分にまで目を向けられるといいですね!


とは言え、私も経験がありますが、催涙ガスを吸うと目も鼻も喉もやられて本当に辛いですし、トラブルに巻き込まれる可能性も高いので、「人だかりや機動隊を見かけたら、速やかにその場から離れる!」を心掛けましょう。

 
 


2019年5月 8日

先週4月5日~6日にかけて「空港お引越し大作戦!」がイスタンブールで行われ、アタテュルク空港(旧)からイスタンブール空港(新)への全面移転作業が無事終了しました。ターキッシュエアラインズ/トルコ航空が運航する成田~イスタンブール間の定期便も、現在は新空港発着となっています。



02.jpg


1953年の開港以来、アジアとヨーロッパを結ぶハブ空港としてトルコ/イスタンブールの玄関口として、多くの人に利用されてきたアタテュルク空港。2019年4月6日、長年に亘るお役目を果たしました。


 
アタテュルク空港閉鎖後の現在、イスタンブールにある空港は以下のふたつで、それぞれ空港~市内間のアクセスは空港バスが便利です。(イスタンブール空港に関しては、今後メトロが開通予定です)。


イスタンブール空港/Istanbul Havalimani (IST)

【立地】ヨーロッパ側新市街(黒海近く)

【空港バス】ハヴァイスト/HAVAIST
行き先は20ヶ所・停留所は65ヶ所と、イスタンブール市内各方面に1時間に1~4本・24時間体制で運行しています。支払い方法はイスタンブールカード(交通系ICカード)のみで、主な行き先までの所要時間/価格は以下の通りです。

・タクシム/Taksim(ヨーロッパ側新市街)・・・80分/18TL

・スルタンアフメット/Sultanahmet(ヨーロッパ側旧市街)・・・100分/18TL

・カドゥキョイ/Kadikoy(アジア側)・・・110分/25TL


サビハ ギョクチェン空港/Sabiha Gokcen Havalimani (SAW)

【立地】アジア側

【空港バス】ハヴァビュス/HAVABUS

行き先は3ヶ所で、深夜1~4時頃までは運休していますが、その他の時間帯は1時間に2本のペースで運行しています。支払い方法は現金で、車内で係員へ直接支払います。主な行き先までの所要時間/価格は以下の通りです。

・タクシム/Taksim(ヨーロッパ側新市街)・・・90分/18TL

・カドゥキョイ/Kadikoy(アジア側)・・・60分/14TL


※1TL(トルコリラ)=約20円/2019年4月現在


 
 
01.jpg


イスタンブール空港発着の空港バスHAVAISTでは現金支払不可で、イスタンブールカード/Istanbul Kartのみ利用可能です。イスタンブール市内の主要公共交通機関でも使えるこちらのカードは、1枚購入すれば複数名で利用可能なうえ、回数券(カード型)や切符(コイン型のジェトン/Jeton)と比べ割引価格で乗車・乗船することができます。空港や市内の主要駅・バス停・船着場などに販売機・チャージ機が設置されているほか、街中の売店でもカード販売およびチャージができます。


【カード価格】カード本体の価格は6~7TLで、チャージ分3~4TLと合わせて10TLで販売されています。


【チャージ時の注意】機械でチャージをする場合、投入した紙幣分がまるまる全額チャージされてしまいます(=おつりは出てきません)。高額紙幣しか持ち合わせていない場合は、お金を崩してから必要な分だけチャージするか、売店で希望額を伝えてチャージするようにしましょう。また、一度チャージした分は返金できないので、イスタンブール滞在中にどれくらい利用するか検討がつかない場合は、少額ずつ回数を分けてチャージすることをおすすめします。


【利用可能場所】
・イスタンブール空港発着の空港バス(ハヴァイスト)
・主要公共交通機関
 地下鉄(メトロ・テュネル)
 路面電車(トラムヴァイ)
 連絡船(ヴァプル・モトル・デニズオトビュス)
 地下ケーブル(フニキュレル)
 市バス(オトビュス)
 専用レーン走行バス(メトロビュス)
・公衆有料トイレ

 
 


2019年4月16日
2019年4月12日
2019年2月10日
2018年10月28日
2018年10月 6日
⇒すべての記事を見る

トルコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中東にもどる

  • 特派員プロフィール
  • イスタンブール2特派員

    イスタンブール2特派員
    tapistanbul
    「きっと好きになるよ」と複数の友人に勧められ旅先に選んだトルコ。そこで数々のワォ!を体験し、すっかりトルコが気になる存在に。何度か訪れるうちに勢い余って2013年イスタンブールへ移住。トルコに対する探究心と現地旅行会社での勤務経験を活かし、一度来たら何度でも“おかわり”したくなる魅力&ツッコミどころ満載なトルコの今をお届けする
    「おかわりトルコ」Facebookページを運営中♪ DISQUS ID @disqus_KfYx4kYgyt

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集