海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > トルコ/イスタンブール2特派員ブログ

トルコ/イスタンブール2特派員ブログ tapistanbul

トルコ・イスタンブール2特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

あまり知られていませんが、実はチューリップの原産国であるトルコ!イスタンブールでは毎年4月にチューリップ祭りが開催されています。観光途中にも立ち寄りやすく必見なのが、アヤソフィア博物館前にお目見えする世界一大きなチューリップ絨毯

 
P4148200.jpg
 
 

P4148279.jpg

 
 
P4148287.jpg


1,734平方メートルの大絨毯に使用されたチューリップの数は56万5千本!今年で4年目となるこちらの展示、使用されるチューリップの本数は年々増えており、その数はオスマン帝国のメフメット2世がコンスタンテイノープル(現イスタンブール)を征服した1453年からの年数(今年で565年)にちなんでいます。毎年変わる絨毯の模様にも注目です。上空から捉えた動画はコチラからどうぞ。


 
 
IMG_9095.jpg


2006年に始まったイスタンブールのチューリップ祭りも今年で13回目。イスタンブール各所でチューリップを楽しむことができます。

 
最大規模なのがヨーロッパ側・新市街にあるエミルギャン公園/Emirgan Korusu。190種類・280万本ものチューリップが園内いっぱいに咲き誇る様子は圧巻です。チューリップ祭り期間中はアジア側のカドゥキョイ/Kadikoyやウスキュダル/Uskudarからも連絡船が臨時運行されています。運行スケジュールはコチラから。

<関連記事 ※記事は2015年の様子です。> エミルギャンで満腹チューリップ


ヨーロッパ側・旧市街のギュルハーネ公園/Gulhane Parkiは、前述のチューリップ絨毯が展示されているスルタンアフメット広場からも徒歩5分と近く、観光スポットを見学するついでに気軽に立ち寄れるポイントです。


110種類・135万本と2番目に大きな規模でありながら穴場なのが、アジア側にあるギョズテペ公園/Goztepe Parki。エミルギャン公園やギュルハーネ公園と比べると人出も少なく、のんびりチューリップ観賞ができます。

 
IMG_9051.jpg

 
 
IMG_9087.jpg

 
珍しいギザギザのチューリップ。

 
 

IMG_9103.jpg

 
 
IMG_8987.jpg

 
 
IMG_8992.jpg


 
 
IMG_9116.jpg

 
公園の名前が書かれたフォトスポット。

 
 
IMG_9120.jpg

 
鏡の中のチューリップと一緒に写真を撮ることができます。

 
 
毎年4月1日~30日の期間で行われるチューリップ祭り。春の訪れとともに観光シーズンに突入するイスタンブールの第一弾イベント、お見逃しなく!公式サイトはコチラ(トルコ語)から。※チューリップ絨毯の展示は、毎年4月中旬頃~となります。

 
 
 

tapistanbulインスタグラム
イスタンブール暮らしの中で出会ったトルコの日常特集!


いっぴきゴト/ippikigoto インスタグラム
イスタンブールの犬猫さんのひとりゴトならぬ「いっぴきゴト」特集!


おかわりトルコFacebookページ
ブログ・写真・ニュースなど、トルコの何でもじゃんじゃんシェア!


 
 


2018年4月18日

野良猫・野良犬が地元の人々に愛されていることで有名な(地域差あり)、わん・にゃんパラダイスなトルコ。ここイスタンブールでは、街に出ると野良さんたちのその愛されぶりに思わず頬がゆるむ。なんてことも日常茶飯事。今日はこんな微笑ましい記事を見つけたので、みなさんにもご紹介。

 
3年C組に猫の「トムビ」が帰ってきた!~TRT日本語~


小学校の教室内で猫を飼う!というのも、さすがトルコ!!ですが、「さすが過ぎる」のはそのあと。とある保護者から苦情が出て一度は他の家に引き取られたトムビ。一連の流れがSNSで話題になると、動き出したのは県の教育局!!最終的に、トムビは3年C組の教室に戻ってきて、苦情を出した保護者の子供は他のクラスへ移動。
なんともトルコらしい、トルコだからこそありえる展開です。

 
 
さてここで、ここ最近撮りためたイスタンブールの御猫様・御犬様ショットをご紹介。

 
IMG_7056-thumb-720x540-337264.jpg

 
IMG_7201.JPG

 
IMG_7475-thumb-720x540-337269.jpg

 
IMG_7494.JPG

 
IMG_7721.JPG

 
IMG_7629.JPG

 
IMG_7585.JPG

 
IMG_7614.JPG

 
寒さが厳しいこの時期、店内まで入り込みくつろぐ犬猫様が多数。飲食店の椅子の上はもちろん、机の上まで。犬猫が苦手な方や衛生面を気にされる方にはツライ状況ですが、一般的には気にするどころか愛でている人が多数。ここまで寛容なトルコなので、小学校の教室に猫がいるのも納得!です。

 
 

appleさん(@apple)がシェアした投稿 -


最後に。
先日Apple Inc.の公式インスタグラムにて、私が撮影したイスタンブールの御猫様写真が紹介されました♪動画のうち、1枚だけが私の写真。さてどれでしょう~?!

 
 

いっぴきゴト/ippikigoto インスタグラム
イスタンブールの犬猫さんのひとりゴトならぬ「いっぴきゴト」特集!

 
tapistanbulインスタグラム
イスタンブール暮らしの中で出会ったトルコの日常特集!

 
おかわりトルコ240.jpg

おかわりトルコFacebookページ
ブログ・写真・ニュースなど、トルコの何でもじゃんじゃんシェア!

 


2018年2月26日

アジアとヨーロッパの二大陸にまたがる、世界で唯一の街イスタンブール。地元住民の足でもある連絡船に揺られる片道約20分の大陸間移動は、この街を訪れたら必ずや味わっていただきたい至福のひとときです。

 
先日、連絡船で思わずツッコミを入れる!というワンシーンがありましたので、今日はその時の様子をご紹介します。対岸へ渡るべくいつものように船に乗り込むと、目の前にはこんな風景が広がっておりました。


IMG_7466.JPG


えっっっ!船上パーティーかなんかですか?もしくは間違えてディナークルーズ船に乗り込んじゃいました、私??
今回はパーティー仕様ですが、以前はバス仕様の座席に出くわしたこともあります。きっと、他の場所で使われていた机や椅子を、リサイクルして使用しているのでしょう。とっても斬新なアイディア!がなんともトルコらしく笑えます。

 
 
机と椅子に気を取られて一度素通りしたものの、さらにもう一つ気になるものが視界に入って来たことも、合わせてお知らせしておきます。思わず戻って、二度見したのは言うまでもありません。

 
IMG_7463.JPG

 
えっっっ・・・船の中に泉、湧いちゃいました?!

 

  
IMG_7468.JPG

 
さらに、よくよく見ると金魚が泳いでるではありませんか!!笑

 
 
船員さんを捕まえて「なんでっ?!」と聞かずにはいられませんでした。衝撃のあまり大きなリアクションをとる私に、満足気な船員さん。「いいだろ~、ステキだろ~。」と終始ご機嫌なのでした。


船員さん曰く、こちらの泉が湧く連絡船は、たった1隻しかないそうです。朝から晩まで、二大陸間を多くの船が行き交うイスタンブールの海で1隻だけとは、遭遇確率もなかなか低そうですね。

 
 
IMG_7470.JPG


どの船に乗って、見える景色は、もれなく美しいのでご安心を!この日はとっても寒かったので、パーティー仕様の船内でぬくぬくしながら撮影しましたが、またとないチャンス!で乗船される場合は、是非とも外のデッキへ出て景色を堪能しましょう。

 
 

IMG_7472.JPG

 
ヨーロッパ側旧市街地への玄関口、エミノニュ/Eminonuの街並み。イスタンブールに住んでいてもなお、この風景を目にすると「わぁ~、イスタンブールに来たぁ!!!」と思うものです。

 
歴史的建造物に近代的な建物、昔ながらの屋台に最先端のカフェ、地元トルコ人に世界中から集まる外国人・・・様々な要素が混ざり合い作り出される、イスタンブールならではの独特な世界観。海の上からその様子を俯瞰的に見ることで、イスタンブールの魅力をより一層深くまで味わうことができるのです。ラッキーな方は、泉が湧き出る船に当たるかも!しれませんよ。

 
 
 
おかわりトルコ240.jpg

おかわりトルコFacebookページ
トルコのあれこれをまとめて紹介!

 


2018年2月22日
2018年2月 1日
2018年1月31日
2017年12月31日
2017年12月29日
⇒すべての記事を見る

トルコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中東にもどる

  • 特派員プロフィール
  • イスタンブール2特派員

    イスタンブール2特派員
    tapistanbul
    「きっと好きになるよ」と複数の友人に勧められ旅先に選んだトルコ。そこで数々のワォ!を体験し、すっかりトルコが気になる存在に。何度か訪れるうちに勢い余って2013年イスタンブールへ移住。トルコに対する探究心と現地旅行会社での勤務経験を活かし、一度来たら何度でも“おかわり”したくなる魅力&ツッコミどころ満載なトルコの今をお届けする
    「おかわりトルコ」Facebookページを運営中♪ DISQUS ID @disqus_KfYx4kYgyt

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集