海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > トルコ/イスタンブール2特派員ブログ

トルコ/イスタンブール2特派員ブログ tapistanbul

トルコ・イスタンブール2特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

アジアとヨーロッパの二大陸にまたがる、世界で唯一の街イスタンブール。地元住民の足でもある連絡船に揺られる片道約20分の大陸間移動は、この街を訪れたら必ずや味わっていただきたい至福のひとときです。

 
先日、連絡船で思わずツッコミを入れる!というワンシーンがありましたので、今日はその時の様子をご紹介します。対岸へ渡るべくいつものように船に乗り込むと、目の前にはこんな風景が広がっておりました。


IMG_7466.JPG


えっっっ!船上パーティーかなんかですか?もしくは間違えてディナークルーズ船に乗り込んじゃいました、私??
今回はパーティー仕様ですが、以前はバス仕様の座席に出くわしたこともあります。きっと、他の場所で使われていた机や椅子を、リサイクルして使用しているのでしょう。とっても斬新なアイディア!がなんともトルコらしく笑えます。

 
 
机と椅子に気を取られて一度素通りしたものの、さらにもう一つ気になるものが視界に入って来たことも、合わせてお知らせしておきます。思わず戻って、二度見したのは言うまでもありません。

 
IMG_7463.JPG

 
えっっっ・・・船の中に泉、湧いちゃいました?!

 

  
IMG_7468.JPG

 
さらに、よくよく見ると金魚が泳いでるではありませんか!!笑

 
 
船員さんを捕まえて「なんでっ?!」と聞かずにはいられませんでした。衝撃のあまり大きなリアクションをとる私に、満足気な船員さん。「いいだろ~、ステキだろ~。」と終始ご機嫌なのでした。


船員さん曰く、こちらの泉が湧く連絡船は、たった1隻しかないそうです。朝から晩まで、二大陸間を多くの船が行き交うイスタンブールの海で1隻だけとは、遭遇確率もなかなか低そうですね。

 
 
IMG_7470.JPG


どの船に乗って、見える景色は、もれなく美しいのでご安心を!この日はとっても寒かったので、パーティー仕様の船内でぬくぬくしながら撮影しましたが、またとないチャンス!で乗船される場合は、是非とも外のデッキへ出て景色を堪能しましょう。

 
 

IMG_7472.JPG

 
ヨーロッパ側旧市街地への玄関口、エミノニュ/Eminonuの街並み。イスタンブールに住んでいてもなお、この風景を目にすると「わぁ~、イスタンブールに来たぁ!!!」と思うものです。

 
歴史的建造物に近代的な建物、昔ながらの屋台に最先端のカフェ、地元トルコ人に世界中から集まる外国人・・・様々な要素が混ざり合い作り出される、イスタンブールならではの独特な世界観。海の上からその様子を俯瞰的に見ることで、イスタンブールの魅力をより一層深くまで味わうことができるのです。ラッキーな方は、泉が湧き出る船に当たるかも!しれませんよ。

 
 
 
おかわりトルコ240.jpg

おかわりトルコFacebookページ
トルコのあれこれをまとめて紹介!

 


2018年2月22日

日付が変わって、本日2月1日放送のテレビ番組に関するお知らせです♪


毎週木曜深夜に放送中!国分太一さんと渡辺直美さんがMCの『世界くらべてみたら』という番組内の1コーナーでトルコについて紹介されるそうですよ~!(一部地域では放送日時が異なる場合があります。)


世界の年末年始の過ごし方に関するコーナーで、トルコ人ゲストがトルコの年末年始の過ごし方を紹介するとのこと。以前こちらの特派員ブログにも書いたトルコの赤い下着伝説についても語られるとか?!


IMG_6834.jpg

 

日本語ペラペラの各国代表ゲストのみなさんが「外国人目線で見た日本」や「母国あるある」を紹介しつつ、世界各国をくらべてみるというこちらの番組。私も過去放送分をいくつか観ましたが、外国人のみなさんの発言に笑わせてもらうと同時に、共感しうなずくことも少なくなく。トルコ生活を通して、いつの間にか外国人目線寄りで日本を見ている自分がいることを改めて感じたのでした。


番組詳細は以下のとおり。みなさんお見逃しなく~!

 

『世界くらべてみたら』
放送日時:2月1日(木)23:56~24:55 ※一部地域では後日放送
放送局 :TBS全国ネット
番組HP :http://www.tbs.co.jp/sekakura/ 


 
 
 
おかわりトルコ240.jpg

おかわりトルコFacebookページ
トルコのあれこれをまとめて紹介!

 


2018年2月 1日

イスタンブール観光で外せない名所のひとつ、アヤソフィア博物館。圧倒的な存在感を放つ外観もさることながら、荘厳な雰囲気の建物内も必見です(有料)。


IMG_3815.jpg

 
 
PB097863.jpg

 
 
必見!・・・ではあるのですが、アヤソフィア建物内はここ数年、絶賛大工事中!!私もイスタンブールに住み始めてからは年に何度か訪れていますが、回を重ねるごとに「工事現場」具合が増して行くという悲しい現実。観光客のみなさんは、その様子が写真に写り込まないよう、必死にアングルを探しています。

 
私が最後に訪れたのは2017年11月。そのときの「工事現場」具合は、もはや笑うしかない?!レベルだったので、いっそのこと工事現場感を楽しみながら写真を撮ってみることに。

 
PB097867.jpg


建物内に入ってすぐの様子。扉の奥のチラ見えする世界観にワクワクする瞬間です。

 
 
PB097870.jpg

 
 
PB097895.jpg

 
 
PB097922.jpg

 
 
PB097924.jpg


衝撃の工事現場感!立入禁止エリアの多さに驚きを隠せません。

 
 
ちなみに、1階部分で一番の見どころ部分は無事に残されていますのでご安心を!


PB097874.jpg

 
 
オバマ・キャットの呼び名で愛される、アヤソフィア在住猫グリさんも健在です。
(オバマ前米大統領がアヤソフィアを訪問した際、グリを撫でたことで一躍有名になりました。ちなみにグリさんにそっくりな兄弟猫も存在します。見分け方は寄り目具合!)

 
IMG_1170.jpg

 
 
さて、2階に上がってみましょう!

 
PB097897.jpg

 
 
PB097898.jpg

 
 
PB097920.jpg

 
 
PB097914.jpg

 
 
PB097915.jpg

 
安定の工事現場感!!!

 
 
PB097903.jpg

 
 
PB097913.jpg

 
 
PB097905.jpg

 
今となってはすっかり定番となった窓越しのブルーモスクショット。モザイク画数点と合わせて、こちらも無理せず見学・写真撮影ができますのでご安心を。


工事をしていない「完全な状態のアヤソフィア」は、私も旅行者時代に1度見たことがあるだけですが、正直、現在の状態とは比べ物にならない、それはそれは素晴らしい空間でした。早くまた元の姿を拝める日が来るといいですね!

 
 
*施設情報*
アヤソフィア博物館/Ayasofya Müzesi(アヤソフィア・ミュゼシ)
住所: Hagia Sophia Square Sultanahmet Fatih ISTANBUL
URL: http://ayasofyamuzesi.gov.tr/en
開館時間: 夏期 09:00-19:00 冬期 09:00-17:00(チケット販売および最終入館は閉館の1時間前まで)
閉館日: 毎週月曜日(夏期は月曜も開館予定)
入館料: 40TL ※1TL/トルコリラ=約29円(2018.1月時点)



おかわりトルコ240.jpg

おかわりトルコFacebookページ
トルコのあれこれをまとめて紹介!


2018年1月31日
2017年12月31日
2017年12月29日
2017年12月26日
2017年12月24日
⇒すべての記事を見る

トルコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中東にもどる

  • 特派員プロフィール
  • イスタンブール2特派員

    イスタンブール2特派員
    tapistanbul
    「きっと好きになるよ」と複数の友人に勧められ旅先に選んだトルコ。そこで数々のワォ!を体験し、すっかりトルコが気になる存在に。何度か訪れるうちに勢い余って2013年イスタンブールへ移住。トルコに対する探究心と現地旅行会社での勤務経験を活かし、一度来たら何度でも“おかわり”したくなる魅力&ツッコミどころ満載なトルコの今をお届けする
    「おかわりトルコ」Facebookページを運営中♪ DISQUS ID @disqus_KfYx4kYgyt

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集