海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 伊丹特派員ブログ > 「南京町へGO!」

日本国内/伊丹特派員ブログ コデマリ22

日本国内・伊丹特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年9月 3日

「南京町へGO!」


「南京町へGO!」

こんにちわ。


西安門.jpg
先日、神戸は元町・南京町へ遊びに行ってきました!


私は、神戸の方へ遊びに行くのが好きなのですが(大阪はお店の数が多過ぎるし、京都は観光客が多過ぎるので・・(笑))、
特に元町が好きです。
いわゆる大型ショッピングビルではなく、商店街や小さな路面店がたくさん並んでいて、気の向くまま散歩しながらブティックや雑貨屋を覗いたり、食べ歩きをしたり、喫茶店でお茶したり・・・
少し南へ行けば、海辺の景色も楽しむことができます。
メリケンパーク.JPEG
(3年程前に行ったメリケンパーク)
都会だけど、山も海も近いからどことなくのんびりしていて、マイペースで遊べるのが大好きです。


では今回は、伊丹から元町へ行く道中をご紹介します。
hankyuitami.jpg
今回は、阪急伊丹駅から出発しました。
前に記事にしたJR伊丹駅からも神戸方面に行くことができます。
でも電車賃は阪急の方が安いので(笑)、基本的に神戸方面に行く際は阪急を使います。
時間的にも、伊丹発着の場合はそんなに変わりません。
(大阪へ出る場合はJRの方が早いです。)
itami bus.JPG
阪急伊丹駅の駅前も、JRと同じくバスターミナルがあります。
伊丹市バスと一部の阪急バスが発着していて、JR伊丹駅と同じく、伊丹市内の各地や隣の川西へも行くことができます。
bus info.jpg
スタッフ在中の案内所もあるので、分からないことがあれば聞くことができます。

itamikaisatsu.JPG
駅ビル3階に、駅の改札口があります。
私は鉄道についてあまり詳しくないのですが、この伊丹駅は鉄道好きの方たちにちょっと人気みたいですね。
阪急伊丹線は4つしか駅がなく、4両編成の可愛らしい列車を写真に収めている人をたまに見かけます。
itami.JPG
ちょっと真似して撮ってみました(笑)


終点の塚口駅(尼崎市)までは、たったの6分です。
スマホ等に夢中になっていたら、うっかりしてまた伊丹に折り返してしまいます(笑)。
tukaguti homu.JPG
塚口駅で、阪急神戸線に乗り換えます。
地下通路を通って隣のホームへ。


ここからは、どの列車に乗ってもOKです。
快速急行なら、そのまま神戸三宮駅まで。
普通や急行なら、西宮北口駅で特急に乗り換えます。
この日は普通→特急で行きました。


神戸三宮駅。
hankyu sannomiya kanban.JPG

因みに、私鉄の阪急電車と阪神電車の場合、三宮の駅名は「神戸三宮駅」です。
JRだと「三ノ宮駅」。
地下鉄などは「三宮駅」。
地元の方にとっては当然なのでしょうが、他府県出身にはなかなかややこしい(笑)。
普段の会話では「阪急乗ってサンノミヤ行ってくるわ~」と言っています。


駅には、姫路方面へ行く列車が止まっていました。
山陽姫路.JPG
「山陽姫路駅」へ行きます。
こちらも、JRの姫路駅の近くです。
これは山陽電鉄の路線で、明石や姫路方面へ向かいます。
こちらも4両編成で、なかなか味がありますね(笑)。
子供の頃この列車に乗って、ゆっくり姫路へ行った思い出があります。


さて、ここから元町へ行きます!
実は、阪急電車には「元町駅」がありません。
隣の「花隈駅」は、所謂「元町」からは少し西側に離れています。
直接「元町」に行く場合はJRや阪神電車に乗りますが、三宮から元町の間は商店街やお店がたくさんあるので、私はいつもゆっくり遊びながら歩いていきます。


元町へ行くには色々ルートがありますが、この日は「JR高架下の商店街(ピアザ神戸)~生田ロード~旧居留地前~南京町」を歩きました。
ikuta.jpg
神戸は似たような道路が多くてなかなか覚えられないのですが、生田ロードは生田神社の大きな鳥居が目印になるので分かりやすいです。

南京町2.jpg
南京町の西安門。
神戸三宮駅からここまで、途中お店やランチを挟んでしまったので正確な時間は分からないのですが(笑)、余計な道草をしなければ15分くらいで着くと思います。


ここで、タピオカミルクティーを飲んだり醤油味のお餅を食べたり。
他には、近隣の古本屋さんや雑貨屋さんを覗いたりしました。
イギリス茶こし.JPEG
この日のお買い物。
イギリス製の茶こし(新品)。
至ってシンプルですが、ちょうど探していたところだったので良かったです。
お洋服や雑貨など、お洒落だけど入りやすいお店がたくさん並んでいるのが、神戸の良いところだと思います。
衝動買いの誘惑が凄まじいエリアですが(笑)、ゆっくり楽しんで歩いてみてください!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 交通・鉄道・航空 見所・観光・定番スポット
2019年9月 3日
« 前の記事「「伊丹市の災害時情報収集について」」へ
»次の記事「「展覧会へ① 兵庫陶芸美術館」」 へ
おすすめ記事
伊丹特派員 新着記事
「展覧会へ① 兵庫陶芸美術館」
「南京町へGO!」
「伊丹市の災害時情報収集について」
「伊丹市の玄関①:JR伊丹駅」
【はじめまして】ご挨拶:伊丹特派員、頑張ります!

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■兵庫県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 伊丹特派員

    伊丹特派員
    コデマリ22
    大阪府東大阪出身。一時期、奈良県生駒市にも住んでいました。 2015年の夏、結婚を機に、兵庫県伊丹市に移り住みました。 趣味は、食べること、美術館や博物館に行くこと、花見や季節のイベントに行くこと。 綺麗な景色を見ること。テレビで旅番組を見ること。 「普通のこと」ばかりですが、毎日楽しく生活しています。 生け花を習っていて、月に数回京都へ通っています。伊丹を中心に、生粋の関西人らしく「面白そう」な情報をお伝えします。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集