海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 伊丹特派員ブログ > 「展覧会へ① 兵庫陶芸美術館」

日本国内/伊丹特派員ブログ コデマリ22

日本国内・伊丹特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年9月13日

「展覧会へ① 兵庫陶芸美術館」


「展覧会へ① 兵庫陶芸美術館」

こんにちわ。
連日9月とは思えない暑さが続く伊丹ですが、皆様のお住まいの場所はいかがでしょうか。


まずは、台風15号により、千葉県や各地で被害を受けられた方々に、お見舞い申し上げます。
一日も早い復旧を、心からお祈り申し上げます。


さて、先日、私は兵庫県・丹波篠山市にある「兵庫陶芸美術館」へ行ってきました。


こちらはその名の通り、陶磁器中心の専門美術館です。
2005年に設立された比較的新しい美術館で、丹波篠山の「丹波焼」の窯元が数多く並ぶ地域にあります。
以前から素敵な企画展のポスターを見かける度に「行ってみたい」と思っていましたが、
今回、以前から個人的に好きだったイギリス陶芸作家の展示が行われるので、「これは!」と思い、行ってきました。


いつも丹波篠山方面へはダンナさんの運転する車で気楽に行くのですが、今回は「他に予定あるから」と言われたので(涙)、一人JRで行くことにしました。


JR伊丹駅を9時半ごろに出発。
段々と車窓の景色が田舎になっていきます。
車窓.JPG
途中の駅から、列車の出入口が自動で開かず、押しボタン式になります。
一人なので、なんとなく不安げ(笑)

約35分乗って、「相野駅」という駅で降ります。
相野駅②.JPG
相野駅.jpg
外から見たら、とても可愛い!(笑)
バス.JPEG
こちらがバス停。
ここから出ている神姫グリーンバスで、「兵庫陶芸美術館」「こんだ薬師温泉」、もしくは「清水寺」行きに乗ります。
約15分で「兵庫陶芸美術館」に着きました。
美術館外観①.JPG
バス停から見た美術館の外観。
ここまで、JR伊丹駅から約1時間でした。
「意外に近い!」と思いました。

先に展示を鑑賞。
美術館外観②.jpg
美術館の展示棟の入口。
山肌に沿った敷地内に、展示棟や研修棟、お茶室、レストランなどがあります。
この日の展示は、主にイギリス近代陶芸作家の作品と、古伊万里の作品。
どちらも美しかったです・・・
私は正直素人なので、「綺麗だなあ、素敵だなあ」というくらいしかわからないので恐縮ですが、
歴史に詳しい方や焼き物の経験がある方には、見所が満載だと思います。
展示棟内も、明るくてとても綺麗な建物でした。
街中から離れた自然豊かな環境で、素敵な作品を鑑賞する。
日頃の色々なものから離れて、とても贅沢な時間でした。


せっかくなので、併設のレストラン「虚空蔵」へ!
こちらは、地元丹波篠山の食材を使用したダイニングカフェでした。
エントランス棟2階の廊下を通って・・
通路.JPG
とても絵になる建物です。
この通路の先に、レストラン入口がありました。


土曜日の昼間だったのですが、とても人気でかなり席は埋まっていました。
皆さん、お友達やご家族で訪れていた様です。
パスタがメインらしいので、私は「前菜」「タコのパスタ」「コーヒー」を頂きました。
前菜.JPEG
パスタ.JPG
地元の新鮮なお野菜や、丁寧に作られたお料理はもちろんとても美味しい!のですが、
それに加えて、器も素敵!
全て、地元の工房で作られたそうです。
AAコーヒー.JPG
特に、このコーヒー茶碗は素敵でした・・・


このレストランには、展示棟入口からお庭を通って行くこともできました。
裏道.JPG
この小道の両脇にも、幾つか陶芸作品が点在していました。


お庭から見える景色。
景色② (1).JPG
レストランの中の大きな窓からも、この大きな山の景色が見えました。
春の新緑、夏の山、秋の紅葉・・・
あらゆる季節で楽しめそうです。


レストランでは、地元丹波篠山の食材を使ったお土産も売っていました。
私は抹茶黒豆を購入。
抹茶黒豆.JPG
せっかくなので、家にあった豆皿に入れてみました。
抹茶黒豆2.JPG
※このお皿は、別の場所で購入したものです。
抹茶の濃い味と、黒豆の香ばしさがとても美味しい!あっという間に食べてしまいました(笑)


陶芸を、目で見て、実際にお料理も頂いて。
目一杯、陶芸を楽しむことができました!
また違った展示の時や、別の季節でも遊びに行きたいと思います!

兵庫陶芸美術館 (レストランも掲載されています)


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 文化・芸術・美術
2019年9月13日
« 前の記事「「南京町へGO!」」へ
おすすめ記事
伊丹特派員 新着記事
「展覧会へ① 兵庫陶芸美術館」
「南京町へGO!」
「伊丹市の災害時情報収集について」
「伊丹市の玄関①:JR伊丹駅」
【はじめまして】ご挨拶:伊丹特派員、頑張ります!

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■兵庫県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 伊丹特派員

    伊丹特派員
    コデマリ22
    大阪府東大阪出身。一時期、奈良県生駒市にも住んでいました。 2015年の夏、結婚を機に、兵庫県伊丹市に移り住みました。 趣味は、食べること、美術館や博物館に行くこと、花見や季節のイベントに行くこと。 綺麗な景色を見ること。テレビで旅番組を見ること。 「普通のこと」ばかりですが、毎日楽しく生活しています。 生け花を習っていて、月に数回京都へ通っています。伊丹を中心に、生粋の関西人らしく「面白そう」な情報をお伝えします。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集