海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/伊豆・静岡特派員ブログ

日本国内/伊豆・静岡特派員ブログ 

日本国内・伊豆・静岡特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


今週の伊豆情報は矢田部が担当します。
南伊豆の夕陽と言えば、伊豆半島最南端に位置する石廊崎です。
「石廊崎あいあい岬」という愛称で呼ばれている展望スポットは日中と夕暮れ時では違った景観を魅せてくれます。
11.jpg
△奥石廊崎あいあい岬
高台に位置し、日中は断崖に白波が砕ける迫力&開放感のある景色が楽しめます。
21.jpg
風のない日は、まるで時が止まったかのような体験ができますよ。
31.jpg
41.jpg
夕暮れ時は空や海を赤く染め、海に浮かぶ島をシルエットなど、自然の美しさを魅せてくれますよ。
51.jpg
△ユウスゲの花
あいあい岬の隣「ユウスゲ公園」では、夕方頃より黄色い花が咲き、翌日の午前中にはしぼんでしまう「ユウスゲ」を見ることができます。
夏季限定ということで、今年のシーズンは終わってしまいましたが、気になる方は来年の夏にぜひ!
7月下旬~8月上旬が見頃です。
71.jpg
△ユウスゲ公園「出会いの鐘」
あいあい岬より徒歩で約10分、更に高台に位置するスポットです。
81.jpg
91.jpg
鐘と夕陽を背景に、思い出の写真はいかがでしょうか。


2021年9月21日

休暇村 南伊豆では9月1日よりランチ営業を再開しました。時間は12:00~14:00(ラストオーダー13:30)に行っております。
地域の食材を使用し、休暇村オリジナルの調理法で味つけをしたときめきランチをはじめ、そば、うどん類、キッズメニューなど用意をしています。お越しの際はぜひご賞味ください。

ときめき-1.jpg

ときめき-3.jpg

※貸切や休館日などで利用できない日もあります
※前日19:00までの予約制となります。また、食事会場も変更となります


2021年9月13日

今週は関谷が担当します。
さて、南伊豆では海水浴場も終了し、落ち着きを取り戻してきました。
「白砂青松」として名高い弓ヶ浜海岸を歩いていて、ふと思いました。
弓ヶ浜.jpg
なぜこのあたりだけ白い砂浜が広がるのか?
下田市から南伊豆町の間には、サラサラの白砂のビーチが点在しています。
沖縄のようだ……ともいわれるほど、きれいな砂浜です。
でも沖縄のようにサンゴ礁が多いわけでもなく、なぜでしょう?
IMG_20190403_141334.jpg
IMG_20210108_154510.jpg
調べてみると、弓ヶ浜の砂には白っぽい軽石や透明な石英、貝殻の破片などがたくさん含まれているそうです。
海底火山の噴出物にはこのような軽石や火山灰が多く、白砂のビーチがあることが多いとのことでした。
伊豆半島はもともと火山活動でできたのですから、納得です。
特に南伊豆周辺には、ジオや川、波、風、海流など様々な自然条件が重なり、白砂の美しい砂浜が作られているのですね(下の写真は上が入田浜、下が吉佐美大浜)。
IMG_20200315_133240.jpg
IMG_20200816_141752.jpg
松崎町にある明治商家中瀬邸の一角にはおもしろいものが置いてありました。
伊豆各地の砂浜の砂を集めたものです。近くでも微妙に違うことがわかり、新たな発見でした。
P_20180213_122532.jpg
たまの地元散策で、新たな発見もよいものですね。


2021年9月 6日
2021年8月30日
2021年8月23日
2021年8月16日
2021年8月 9日
⇒すべての記事を見る

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

地球の歩き方Web特派員募集