海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 伊豆・静岡特派員ブログ > 伊豆半島での楽しみ方について

日本国内/伊豆・静岡特派員ブログ 休暇村南伊豆

日本国内・伊豆・静岡特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年9月23日

伊豆半島での楽しみ方について


伊豆半島での楽しみ方について

休暇村南伊豆の今回のブログは市原が担当します。
千葉の出身ですが、伊豆での勤務が3年をこえ、ほぼ伊豆人です。
今回は伊豆半島での楽しみ方についてご案内いたします。

はじめは、南伊豆町のヒリゾ浜です。
渡し舟(5分程)でしかいけない秘境で、とても透明度が高く、夏季期間は大盛況でした。
渡し舟は9月末まで営業していますので、今がチャンスです。
是非一度いかがでしょうか。
hirizo008-b.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

P9250099.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

P9250188.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

Untitled001 800_532.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

次はシーカヤックです。
南伊豆町の弓ヶ浜など、周辺地域のたくさんの海で楽しめます。
とにかく伊豆は海が透明なので、最高な気分です。
0013_xlarge.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

これからの季節の弓ヶ浜はサーフィンです。
休暇村のアクティビティでは10月の間、「初めてのサーフィン体験」というプログラムを実施します。
透明度抜群で波が穏やかなビーチ、弓ヶ浜でトライしてみてはいかがでしょうか。
AK8I3926.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

AK8I3940.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

スタンドアップパドルです。
こちらも秋の弓ヶ浜がメッカです。
大き目のボードに立ち乗りして、海や川を楽しんじゃおう。
DSC_1550.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

千貫門(せんがんもん)です。
松崎町にある雄大で荒々しい門のような岩です。
かつて海底火山の地下から上昇してきたマグマの通り道、「火山の根」が地上に姿を現したものです。
この雄大さも伊豆のお楽しみの一つです。
DSC_2609.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

次は千畳敷です。
南伊豆の最後の秘境と言われる千畳敷は、入間港から遊歩道を約50分、
言葉を失うような絶景が待っています。
DSC_2083.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2018年9月23日
« 前の記事「9月でもまだまだシュノーケリング・磯遊びが楽しめます!」へ
»次の記事「伊豆に金山が!?」 へ
おすすめ記事
    伊豆・静岡特派員 新着記事
    エスプレッソを手軽に 下田のマイマイカフェさん 
    湯道の紅葉 天城湯ヶ島の散歩道
    熱海梅園もみじまつりへ行ってきました。
    ジオ菓子のモデルスポット行ってきました♪
    門脇吊橋
    来月より見頃を迎えます
    自然に感動♪南伊豆子浦  「日和山」トレッキング
    千畳敷トレッキング

    東海旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 伊豆・静岡特派員

      伊豆・静岡特派員
      休暇村南伊豆
      休暇村南伊豆では、地元出身の職員、全国転勤を伴う職員、他県から移住してきた職員が一緒に働いています。私たちのブログでは、内から見た伊豆、外から見た伊豆、様々な目線で見た伊豆の魅力をお伝えしていきます。休暇村南伊豆公式ホームページとは一味違ったブログをお楽しみください!公式ホームページはこちら DISQUS ID @disqus_spxKQm6Fef

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集