海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 伊豆・静岡特派員ブログ > 自然に感動♪南伊豆子浦  「日和山」トレッキング

日本国内/伊豆・静岡特派員ブログ 旧特派員 休暇村南伊豆

日本国内・伊豆・静岡特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年10月29日

自然に感動♪南伊豆子浦  「日和山」トレッキング


自然に感動♪南伊豆子浦  「日和山」トレッキング

こんにちは、伊豆・静岡特派員
休暇村南伊豆の今回のブログは矢田部がお届けいたします。

温暖な伊豆では、今頃がトレッキングベストシーズンと言っていいでしょう。
前回、江柄特派員が入間「千畳敷」コースをご案内いたしましたが、私がご案内するコースは
入間から更に西へ進むと、国道136号線マーガレットラインの入口、子浦地区「日和山歩道」です。
お車で行く場合は、子浦港に車を停め、ここを終起点として歩くのが良いでしょう。
駐車場から港集落の坂を20分~30分上がると「落居口バス停」が見えてきます。
※途中、急な坂がありますので休憩しながらがオススメ(ここが一番疲れた気がします(-_-;) )

①IMG_5118.JPG
▲落居口バス停の先に、峠の茶屋(閉店しています)横から遊歩道に入れます。
②IMG_5119.JPG
▲遊歩道の入口には、遊歩道の看板があるのでチェックして行きましょう。
③IMG_5121.JPG
④IMG_5124.JPG
⑤-1IMG_5117.JPG
▲さっそく生き物を発見!木と同じ色をしたカマキリムシいますが見つけられましたか?
⑤IMG_5128.JPG
⑥IMG_5137.JPG
▲入口から約10分ほど歩くと、海が見えてきます。
⑧IMG_5141-(1).jpg
▲ここが絶景ポイント
 青い海を見下ろす風景と、心地よい海風がとっても気持ちいいです(^O^)
⑦IMG_5140.JPG
▲休憩用のベンチがあるので、ここで景色を眺めながらお弁当を食べてもいいですね。
⑨IMG_5141-(2).jpg
⑩IMG_5145.JPG
⑪IMG_5152.JPG
▲海の景色を楽しみながら先へ進みます。
⑫IMG_5154.JPG
⑬IMG_5162.JPG
▲「ころがし地蔵」への分岐点があります。
 ちょっと寄り道をしてみます。
⑭IMG_5164.JPG
▲階段を下りて行くと、海に出ます
⑮IMG_5165.JPG
⑯IMG_5166.JPG
▲地層の模様が特徴の伊豆石でしょうか。
 伊豆石とは、伊豆半島が海底火山だった頃、降り積もった火山灰が長い年月を経て石に変化したもので
 伊豆の美しい風景のひとつにもなっています。
⑰IMG_5170.JPG
▲ころがし地蔵です。昔、風待ち港として栄えていた頃、遊女が客をひきとめるために地蔵を転がしたと言われています。
地蔵を転がすと海が荒れ、船出をした帆船が戻ってくるからだそうです。

※同じ道を分岐点まで戻りますが、帰りは上り坂になるため体力に自信のない方は、直進をおすすめします。

⑲IMG_5172.JPG
⑳-1IMG_5199.JPG
⑳-0IMG_5185.JPG
▲子浦三十三観音の標識
⑳-3IMG_5195.JPG
▲標識の先にすすむと、三十三観音と呼ばれる石仏群が安置されています。
 そして観音様の後ろには、海底火山の噴火によりできた迫力のある地層があります。
 天然の傘みたいですね。
⑳-2IMG_5190.JPG
▲端から数えたら間違いなく三十三体ありました。
⑳-4IMG_5202.JPG
▲終点の子浦港に到着しました。
 波も穏やかですので、防波堤での釣りスポットにもなっています。
⑳-5IMG_5204.JPG
▲終起点の案内MAPです。
 今回は下りのコースを歩きましたが、体力に自信のある方は逆のコースでもOKです。
 
○歩行距離 約2km ○歩行時間約90分
○子浦港(終起点)→(登り坂)→落居口→日和山の絶景→海岸線のジオ風景→終起点

「伊豆は南へ行くほど素晴らしい」とよく言われますが、南伊豆には自然・絶景スポットが数多くあります。
今後も、伊豆の魅力をお伝えして行きますので、機会がございましたら、ぜひ立ち寄ってみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2018年10月29日
« 前の記事「千畳敷トレッキング」へ
»次の記事「来月より見頃を迎えます」 へ
伊豆・静岡特派員 新着記事
下田の玄関口 まどが浜海遊公園
伊豆の地名の発祥地でもある伊豆山神社
南伊豆町の自然「入間千畳敷」
逢ヶ浜のご紹介
懐かしい!?昭和レトロを感じる伊豆のポスター
「小室山リッジウォークMISORA」へ行ってきました。
秋晴れの下田散策~ペリーロード・ベイサイドプロムナード・鍋田浜~
秋の弓ヶ浜の魅力

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

地球の歩き方Web特派員募集