海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 伊豆・静岡特派員ブログ > 【伊豆松崎町】なまこ壁通りを歩く

日本国内/伊豆・静岡特派員ブログ 休暇村南伊豆

日本国内・伊豆・静岡特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年2月19日

【伊豆松崎町】なまこ壁通りを歩く


【伊豆松崎町】なまこ壁通りを歩く

こんにちは、伊豆・静岡特派員
休暇村南伊豆の今回のブログは矢田部がお届けいたします。

【なまこ壁】と言えば、下田市内のペリーロード周辺と、松崎町の「なまこ壁通り」が有名ですね。
今回は、江戸時代の建物が並ぶ情緒あふれる松崎町の、なまこ壁が並ぶ通りをご紹介します。


なんで「なまこ壁」って呼ぶのでしょうか?
見た目が「ナマコ」に似ていることからそう呼ばれています。
壁に瓦を並べて貼り、目地に漆喰をかまぼこ型に盛り付けて塗るという工法で、雨や風などに強く
防火・保湿・防湿・防虫目的で造られたそうです。

IMG_5778.JPG
▲このような立派な建物が多くみられます

IMG_5779.JPG

IMG_5785.JPG
▲この部分がナマコに似ていることで「なまこ壁」と言われています。

DSCN6612.jpg
▲どうですか?似ていますか?言われてみれば・・・
この写真は休暇村の隣の浜「逢ヶ浜」で見つけたナマコです。

IMG_5788.JPG
▲松崎町観光協会です。MAPも置いていますので立ち寄ってみてください。

IMG_5794.JPG
▲橋の模様もなまこ壁なんですね

IMG_5792.JPG
▲奥に変わった形の建物が見えてきました。

IMG_5808.JPG
▲橋を渡ってみると松崎町のシンボルの時計台でした
「世界の中心で愛をさけぶ」のロケ地でもあるそうです

IMG_5809.JPG

IMG_5816.JPG
▲時計台の中には2名掛けの腰掛があり、上を見上げると綺麗な絵が描かれています。

IMG_5812.JPG
▲ジオパークビジターセンター
昔は蔵として使われていたとのことで、入口の扉には立派な絵が描かれていました。
建物の中にはジオパーク関連の展示物や、観光パンフレットが置いてあります。

IMG_5824.JPG

江戸時代にタイムスリップしたかのような、のどかな風景が広がっていました。
静かな街並みを散策でもいかがでしょうか。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2019年2月19日
« 前の記事「第21回みなみの桜と菜の花まつり開幕 ~川からの桜並木を楽しむアクテビティー~」へ
»次の記事「満開!南伊豆の河津桜と菜の花(南伊豆は桜を2度楽しめます)」 へ
おすすめ記事
伊豆・静岡特派員 新着記事
弓ヶ浜海水浴場 遊泳情報のご案内
三島大社でお参り
絶品☆河津「塩田屋本家」の生フルーツサンド
石廊崎岬めぐり遊覧船で、伊豆の大自然を満喫!
伊東八景のひとつ一碧湖
夏を!自然を楽しもう ~IN弓ヶ浜
ヒリゾ浜への渡し船 6/29からの運行です!
下田あじさい公園 6/14現在見頃を迎えています!
1年前の同じ月に投稿された記事
温暖な伊豆は春満開、河津桜と菜の花が見頃です
海岸の絶景を見ながらのトレッキング 南伊豆海歩き
伊豆半島最南端の絶景スポット ユウスゲ公園
和紅茶ってご存知ですか? 紅茶の夜明けも開国の街 下田から!
全国の人気ランキング上位に挙げられる立体験型イルミネーション
春の南伊豆でサイクリングはいかが?

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 伊豆・静岡特派員

    伊豆・静岡特派員
    休暇村南伊豆
    休暇村南伊豆では、地元出身の職員、全国転勤を伴う職員、他県から移住してきた職員が一緒に働いています。私たちのブログでは、内から見た伊豆、外から見た伊豆、様々な目線で見た伊豆の魅力をお伝えしていきます。休暇村南伊豆公式ホームページとは一味違ったブログをお楽しみください!公式ホームページはこちら DISQUS ID @disqus_spxKQm6Fef

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集