海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 伊豆・静岡特派員ブログ > 伊東八景のひとつ一碧湖

日本国内/伊豆・静岡特派員ブログ 旧特派員 休暇村南伊豆

日本国内・伊豆・静岡特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年7月22日

伊東八景のひとつ一碧湖


伊東八景のひとつ一碧湖

伊豆・静岡特派員 休暇村南伊豆の今回のブログは江柄が担当します。
梅雨の時期も終わり、夏の時期がやってきました。
この時期だからこそ、涼しくなれる観光スポットをご紹介させて頂きます。
DSC_0653.JPG
「伊豆の瞳」と呼ばれ、周囲4kmのひょうたん型の景観の美しい湖「一碧湖」です。
一碧湖は約10万年前の噴火でできた火口湖です。
伊東八景の一つであり、自然が残された湖畔には遊歩道が整備され、春には桜や新緑、秋には紅葉と、四季折々散歩しながら季節の移ろいを楽しむことができます。
DSC_0651.JPG
DSC_0646.JPG
DSC_0644.JPG
一碧湖は昔、赤い牛が棲んでいて、時々水中から頭を出して舟で通る人間を喰ったり、
娘に化けて若者をたぶらかして湖に誘い命を奪ったり、竜に化けて釣り人を脅かしたりして、
村人を困らせていたなど、様々な伝説がある湖でもあります。
DSC_0647.JPG
DSC_0652.JPG
湖の中には、ボラ、ブルーギル、ブラックバスなど様々な生き物が生息しており、とても近くで観察することができます。
DSC_0677.JPG DSC_0676.JPG
お隣にある沼地には吉田隧道の水門があります。
江戸時代後期に、一碧湖の水を吉田地区にひく為に作られた用水の隧道です。
現在、伊東市の有形文化財に指定されています。
DSC_0663.JPG
DSC_0666.JPG
また、この場所では地層の断面図もはっきりと見ることができます。
DSC_0659.JPG
たくさんの自然を堪能することができ、一時間少々で一周することができます。
今回は夏の写真になりますが、秋の紅葉、冬の雪も一碧湖の様子が変化するので様々な時期もおすすめです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2019年7月22日
« 前の記事「夏を!自然を楽しもう ~IN弓ヶ浜」へ
»次の記事「石廊崎岬めぐり遊覧船で、伊豆の大自然を満喫!」 へ
おすすめ記事
伊豆・静岡特派員 新着記事
南伊豆の星空
奇岩?!絶景?! 伊豆半島動物系風景
カメラ片手に、伊豆最古の神社へ
9月が絶好の海日和(シュノーケリングのススメ)
弓ヶ浜海水浴場 遊泳情報のご案内
三島大社でお参り
絶品☆河津「塩田屋本家」の生フルーツサンド
石廊崎岬めぐり遊覧船で、伊豆の大自然を満喫!
1年前の同じ月に投稿された記事
ヒリゾ浜の魅力
夏だから行っておきたい伊豆の観光名所 ベスト3
スプラッシュウォーターパーク開幕!
稲取のツリーハウス
まもなく海開きです!

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

地球の歩き方Web特派員募集