海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 伊豆・静岡特派員ブログ > 勝手にジオサイトめぐり「千貫門」

日本国内/伊豆・静岡特派員ブログ 旧特派員 休暇村南伊豆

日本国内・伊豆・静岡特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年6月22日

勝手にジオサイトめぐり「千貫門」


勝手にジオサイトめぐり「千貫門」

DSC_2609.JPG


今回は伊豆生活が6年目を迎え、その温暖な気候に普通になじんでいる、千葉県出身のイチハラが担当します。

さて、伊豆半島では、2018年4月に「伊豆半島ジオパーク」が、ユネスコによって「世界ジオパーク」に認定されました。
それをきっかけに、約2万年前に火山島や海底火山などが本州に衝突したことによってできた、伊豆半島の形成や活動に関する痕跡を確認できるジオサイト(114ヵ所)について紹介していくブログ、「ジオサイトめぐり」をシリーズ化していこうと勝手に考え、マイペースに行させていただいています。
ぜひ、皆さまも「ジオサイトめぐり」始めてみてはいかがでしょうか。
※ジオパークとは、ジオ(大地・地球)とパーク(公園)を組み合わせた言葉で、価値ある地質遺産を保護しながら、観光や教育に生かして地域振興を目指す取り組みです。


今回ご紹介するのはジオサイトは、休暇村から車で約40分、松崎町雲見地区の岩石海岸にある「千貫門」です。ダイビングポイントとして有名な、透き通るような海が美しい海岸に、それはあります。
これらの岩場は、かつて海底火山が地下上昇してきたマグマの通り道「火山の根」が地上に姿を現したもので、千貫門も「火山の根」の一部であり、マグマが冷え固まってできた柱状節理が積み重なってできています。
波に削られて形づくられ迫力ある門の姿は、右手にある烏帽子山山頂(雲見富士)の雲見浅間神社の門に見立てられ「浅間門」と呼ばれていましたが、「見る価値が千貫文にも値する」という意味から千貫門と呼ばれるようになったそうです。
今回は駐車場に車を止めて、「千貫門遊歩道」を徒歩で訪れましたが、西伊豆堂ヶ島から遊覧船で望むコースもおすすめです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2020年6月22日
« 前の記事「弓ヶ浜でウミガメの産卵が確認されました!」へ
»次の記事「南伊豆の遊歩道 目的地はタライ岬」 へ
伊豆・静岡特派員 新着記事
伊豆の地名の発祥地でもある伊豆山神社
南伊豆町の自然「入間千畳敷」
逢ヶ浜のご紹介
懐かしい!?昭和レトロを感じる伊豆のポスター
「小室山リッジウォークMISORA」へ行ってきました。
秋晴れの下田散策~ペリーロード・ベイサイドプロムナード・鍋田浜~
秋の弓ヶ浜の魅力
稲取細野高原 秋のすすき 
1年前の同じ月に投稿された記事
ヒリゾ浜への渡し船 6/29からの運行です!
下田あじさい公園 6/14現在見頃を迎えています!
キャニオニングにチャレンジしてみました!@河津七滝
熱帯南国! 下賀茂熱帯植物園!!

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

地球の歩き方Web特派員募集