海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > エルサレム特派員ブログ > イスラエル料理

イスラエル/エルサレム特派員ブログ 旧特派員 大岩 功

イスラエル・エルサレム特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年2月27日

イスラエル料理


メール プリント もっと見る

イスラエル料理

 イスラエルにはこれといった伝統料理が無い。62歳の多民族国家だから当然と言えば当然であるが。

 旅行誌などで紹介されている「フムス(ひよこ豆のペースト)」やそのコロッケの「ファラフェル」はアラブ料理、これはアラブ諸国ならどこでも食えるので、わざわざイスラエルで食わずとも良い。

 それならばユダヤ料理はどこで食えるのか、と考えるとその手の家庭料理は食えるところは少ない(我らが旅行誌「地球の歩き方イスラエル」によるとエルサレムなら「ハ・ミシュパハー」がオススメらしい、そのうち見つけて報告したい)

 移民が多いからありとあらゆる民族料理が食えるのは楽しい。エチオピア料理、アルメニア料理など面白いだろうと思うが、わざわざイスラエルに来て食ってほしいと思う料理は「創作料理」だろうと思う。

 今日はそんなイスラエルの創作料理のひとつ「シャクシュカ」の作り方を紹介したい。コレをイスラエル料理と呼ぶイスラエル人(ヨーロッパ系ユダヤ人)は多いが、要は洋風トマト煮に中東スパイスで香り付けし、卵で固めたものである。

GetAttachment3.jpg

 1.玉ねぎ×1のみじん切りをオリーブオイル×小さじ1で良く炒める。
 2.サイコロに切ったパプリカ×1とトマト×1を加える。
 3.水コップ×1/2を加えて煮る。
 4.トマトソース、塩コショウ、パセリ×1束で味を付ける。
 5.ザターやクミン(好み)で中東っぽい香りを付ける。
 6.卵×3を上から割りいれる。
 7.蓋をして卵で煮汁を固める。


 これにパンを添えて食べる。これが結構美味い。小めのフライパンに作って、フライパンごと給仕するのが王道のようである。

 熱されたフライパンが熱い中東を、ベースの洋風トマト煮がヨーロッパ系ユダヤ人とザイオニズムを、スパイスが中東系ユダヤ人とパレスチナ人を暗示し、それを強引に卵とじしてくっつけたものが「シャクシュカ」である。そこにはイスラエルの小宇宙が暗示されている...!!

 ...とかいってイスラエルのカフェには大体あるので、ランチにどうぞ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2011年2月27日
« 前の記事「ガリラヤ湖畔では冬の新緑をお楽しみください」へ
»次の記事「エルサレム西部の森林公園」 へ
おすすめ記事
    エルサレム特派員 新着記事
    在留邦人・たびレジ登録者の皆様へ(注意喚起)
    エルサレム旧市街最大の見どころーイスラム教、ユダヤ教(そしてキリスト教)の聖地、神殿の丘/アルアクサー
    在留邦人・たびレジ登録者の皆様へ(注意喚起)
    大使館からの注意喚起
    大使館注意喚起
    クリスマスを祝いにベツレヘムに行ってみた
    安全対策に関する注意喚起
    治安に関する大使館からのお知らせ(注意喚起)

    イスラエル旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イスラエルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中東にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集