海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > エルサレム特派員ブログ > 世界遺産「マサダ」

イスラエル/エルサレム特派員ブログ 旧特派員 大岩 功

イスラエル・エルサレム特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年4月 4日

世界遺産「マサダ」


世界遺産「マサダ」

masada3.jpg 先週、エルサレムに次ぐ観光名所でユネスコ世界遺産の「マサダ」に行ってきました。ここはエルサレムからバスで一時間半ほど、死海を見下ろす高台にあった要塞都市の跡です。エルサレムからマサダへ行き、死海で泳いで帰る日帰りコースも可能です。


 masada4.jpg 通称「蛇の道」を1時間弱登ると、マサダに着きます。リフトもあります。


 マサダ - Wikipediaより抜粋

 66年にローマ帝国との戦争が始まり(ユダヤ戦争)、70年のティトゥス率いるローマ軍によってエルサレムが陥落した(エルサレム攻囲戦)後、熱心党員を中心としたユダヤ人967人がエルアザル・ベン・ヤイルに率いられてマサダに立てこもり、ローマ軍15000人がこれを包囲した。ユダヤ人たちは2年近く抵抗したが、73年についにローマ軍によって攻め落とされた。陥落直前にユダヤ人たちは、投降してローマの奴隷となるよりは死をと、2人の女と5人の子供を残して全員が集団自決したという。これによってユダヤ戦争は完全に終結した[1]。

 ディアスポラ(離散)へ至る壮絶なるユダヤ戦争の終焉の地です。これ以後、ユダヤ人は聖地であるイスラエルへ帰ることを夢見ながら、世界を放浪することになります。

masada.jpg この砂漠のど真ん中の高台に、一体どうやって籠城したのか?その答えは、なんと「洪水」を利用して城内に水を引き込む水路にあります。再現した模型に水を流すと、水路を伝って城内に引き込まれる様子が再現されます。乾燥した粘性の強い砂に雨が降ると、浸み込まず上を流れるので、この周辺では洪水が頻繁に起こります。

 ちなみに死海周辺からイスラエル南部へ旅行を予定されている方、夏(5月-10月)は避けることをお勧めします。非常に、まことに、暑いですから。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2011年4月 4日
« 前の記事「イスラエルの医療部隊」へ
»次の記事「気になるイスラエルの渡航前情報 (治安、衛生、言語、物価・通貨、人柄、食事、気候、休日など )」 へ
おすすめ記事
    エルサレム特派員 新着記事
    在留邦人・たびレジ登録者の皆様へ(注意喚起)
    エルサレム旧市街最大の見どころーイスラム教、ユダヤ教(そしてキリスト教)の聖地、神殿の丘/アルアクサー
    在留邦人・たびレジ登録者の皆様へ(注意喚起)
    大使館からの注意喚起
    大使館注意喚起
    クリスマスを祝いにベツレヘムに行ってみた
    安全対策に関する注意喚起
    治安に関する大使館からのお知らせ(注意喚起)

    イスラエル旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イスラエルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中東にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集