海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > エルサレム特派員ブログ > キリストの生誕した場所から死、そして復活した場所を...

イスラエル/エルサレム特派員ブログ 関 望

イスラエル・エルサレム特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年5月15日

キリストの生誕した場所から死、そして復活した場所を1日で訪れてみる


メール プリント もっと見る

キリストの生誕した場所から死、そして復活した場所を1日で訪れてみる

イスラエル観光の最大の見どころと言えば、何と言っても三大宗教(キリスト教、イスラム教、ユダヤ教)の聖地が集まるエルサレム旧市街です。中でも特に世界中のキリスト教が目指して来るのが、イエスキリストが十字架にかけられたとされる場所に建てられたイエスの墓、「聖墳墓教会」です。そして、キリスト教徒達がこの聖墳墓教会に次いで目指す地が、エルサレム旧市街からバスで約30分、タクシーなら20分のパレスチナ自治区内にある街、ベツレヘムです。ベツレヘムには、イエスキリストが生まれたとされる場所に建てられた「生誕教会」が存在します。
それぞれがバスで30分しか離れていない事から、実際には、1日どころか、半日で訪問することも可能です。

1.聖墳墓教会
まず、聖墳墓教会近くには、キリストが十字架を背負って歩いたとされる「悲しみの道」があるので、多くの観光客はその道を確認しながら教会に向かいます 。ただ、この道は殆どがお土産屋さんで覆われているので、昼間ですと残念ながらじっくり見る雰囲気はありません。朝8時半頃までなら殆どのお店はまだ開店していませんので、早朝に行くのがお勧めです。

IMG_4390.jpg
旧市街の小道

ジャッフォゲートから旧市街に入ると、歩いて5分〜10分ほどで聖墳墓教会に着く事ができます。教会内部には、イエスキリストが十字架にかけられた場所、遺体に香油が注がれたとされる石、埋葬されたとされる場所などがあります。
写真は教会の中です。世界各地から信者が訪れているため、人数が多すぎる場合は入場制限がされる場合もあります。また、大変広い教会なので、じっくり見ようと思うと、並ぶ時間も含め、全部回るのに最短でも軽く1時間はかかります。
IMG_4407.jpg
イエスが十字架にかけられたとされるゴルゴダの丘の跡地は、教会内の階段を上った所にある

IMG_4394.JPG
キリストの遺体に香油をかけたとされる場所では、多くの観光客が持参した十字架などに香油を付けている

2.生誕教会
エルサレムから約10km離れた場所、観光バスまたは車なら約15分、公共バスなら約30分のところにベツレヘムの街があります。ベツレヘムはパレスチナ自治区にあるため、ユダヤ人は入る事ができず、途中には検問が設けられています。(反対にパレスチナ人はイスラエルに入れません。)
この生誕教会の中の地下に、イエスが生まれた場所とされる洞窟があります。この洞窟は狭いため、観光客が多い場合は並んで順番に入る事となりますが、イエスキリストが生まれたとされる場所を今でも見ることが可能です。また、 この教会では日々ミサが行われており、観光客だけでなく、地元のキリスト教徒(ベツレヘムはパレスチナの中でもキリスト教徒の割合が高い)など多くの人が集っています。

IMG_4448.JPG

生誕教会におけるミサ開始前の様子

IMG_4450.jpg
キリストが生まれたとされる地下の様子

イスラエルには、聖書に書かれたキリストの軌跡とされる場所がたくさんあり、まさにキリスト教徒にとっての聖地となります。中でも、イエスキリストの生まれた場所と、十字架に掛けられた場所は、多くの聖地の中でも重要な場所であり、さらにその二つが実は大変近い位置に存在しており、1日で訪れる事ができるというのは、この地の大きな魅力であり、信者にとってはもちろん、信者ではなくとも、大変価値のある貴重な体験となると思います。

なお、イエスキリストが復活したとされるオリーブ山も旧市街の悲しみの道の始まり近くの門から歩いて15分くらいのところにある他、最後の晩餐の部屋は旧市街シオン門のすぐ外にあるシオンの丘にあり、これらも同日の訪問が可能となります。オリーブ山についてはまた別途ブログにしたいと思います。

最後に、7月、8月の夏休みシーズンおよびユダヤ教の祭日であるペサ(大抵4月)、シャブオット(大抵5月から6月ごろ)、ハナカ(12月)、およびキリスト教の祭日である復活祭(ペサと同時期)とクリスマスシーズン、その他イスラム教の断食月の最終日、9月末は世界中のユダヤ人およびキリスト教徒、およびイスラム教徒の観光客が集まり混雑するので、避けるのがおすすめです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2015年5月15日
« 前の記事「気になるイスラエルの渡航前情報 (治安、衛生、言語、物価・通貨、人柄、食事、気候、休日など )」へ
»次の記事「5/15 ナクバの日の注意喚起について」 へ
おすすめ記事
    エルサレム特派員 新着記事
    在留邦人・たびレジ登録者の皆様へ(注意喚起)
    エルサレム旧市街最大の見どころーイスラム教、ユダヤ教(そしてキリスト教)の聖地、神殿の丘/アルアクサー
    在留邦人・たびレジ登録者の皆様へ(注意喚起)
    大使館からの注意喚起
    大使館注意喚起
    クリスマスを祝いにベツレヘムに行ってみた
    安全対策に関する注意喚起
    治安に関する大使館からのお知らせ(注意喚起)

    イスラエル旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イスラエルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中東にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集