海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > 南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 竹内 千尋

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

朝晩の冷え込みが和らぎいよいよ春が来た!……と思いきや、一転して寒波に震えていた8月上旬のこと。暖かい週末を求めてDurbanに行ってきました。


1709_ushaka03.jpg


映画の影響で「サメを見たい」という子どもの願いを叶えるために、この日訪れましたのはuShaka Marine World。DurbanのSouth Beachすぐ近く、水族館とプールからなる複合施設です。


1709_ushaka09.jpg


水族館はかつて運行していた船舶を活用したユニークなもの。内装にもこだわりが感じられました。


1709_ushaka01.jpg


魚の回廊のようなダイナミックな水槽こそありませんが、


1709_ushaka08.jpg


ウミガメの大接近には大いに盛り上がりました!


1709_ushaka05.jpg


ところで、あれだけ「サメを見たい」と言っていたのはどこへやら、子どもが一番盛り上がったのはドルフィンショーです。イルカに直接触る機会にこそ恵まれなかったものの、1日2回行われるショーの皆勤賞となりました。


1709_ushaka06.jpg


水族館を一通り満喫した後は、隣接するプールへ。家族連れが主なターゲットだけに水温調節されているに違いないと思ったのですが、これが甘かった! 水温はどう考えても25℃以下、寒さに強い南ア人と張り合うのはあきらめて、


1709_ushaka07.jpg


万が一にも子どもが落ちないように、とドキドキしながら場内をぐるっと巡回している浮き輪川下りを楽しんだのでした。


2017年9月15日

南アに来たら一度は体験したいサファリドライブ。クルーガー国立公園(Kruger National Park)が有名ですが、クルーガー以外国立公園でも本格的なサファリが楽しめちゃいます。


今回訪れたのは、東ケープ(Eastern Cape)州のAddo Elephant National Park。東ケープ州最大、南アで4番目の都市ポートエリザベス(Port Elizabeth)から内陸に向かって車で1時間弱の場所です。


誰もが名前から想像できるように、Addo Elephant National Parkで見るべきはなんと言っても、ゾウ。


国立公園内を自家用車で走ると、


1708_elephant07.jpg


丘を下るゾウの群れとさっそくご対面です。


さらに車を進めると、茂みから巨大な影が……


1708_elephant01.jpg


草木がバキバキと折れる音、ブワーっという大きな呼吸音にちょっとした緊張感が走りました。


さて、一段落したところで車を置いてメインキャンプへ。目指すのは「隠れ道」という鑑賞スポットです。


自分の足で大地に立って眺める動物はただでさえ迫力満点なのですが、メインキャンプの「隠れ道」はなんと、地面よりやや低い場所にあるのです。


これがどういうことになるかというと、例えばこのゾウの群れ、


1708_elephant02.jpg


高台からの眺めも素晴らしいのですが、


1708_elephant06.jpg


階段を降りて鑑賞スポットにたどり着いてみると、


1708_elephant04.jpg


目の前にゾウの群れが登場するのです。


1708_elephant05.jpg


大きな音を出さないなど最低限の配慮を守れれば、鼻と鼻をじゃれあいながら遊ぶ可愛らしい姿が見られるかもしれません。


2017年8月23日

Stellenboschといえばワイナリー巡りが定番ですが、今回はあえてブリュワリー(ビール醸造所)も訪問してみることにしました。


1707_beer03.jpg


Paarl方面に車を走らせて到着したのは、Stellenbosch Brewing Co。オーガニックワインで有名なJoostenbergの経営です。


ビールには少し早い時間に着いてしまったので、まずは併設のデリカッセンへ。夕食用のボボティとパテ、そしてパンを調達しました。

1707_beer05.jpg


そしていよよいよタップルームへ。青空が気持ちのいい日。足は自然と芝生へと向かいます。


1707_beer02.jpg


Johannesburugの有名クラフトビールレストランでそれなりの種類を飲んでいる私ですが、このラベルを見るのは恐らく初めて。ということで、まずはテイスティングセットを注文です。一番のお気に入りはIPA。しっかりとした苦味の中にスパイス香が感じられる、私好みのバランスです。当然テイスティングだけでは飽き足らず、グラスでおかわりを注文。乗馬を楽しむ子どもを眺めながら、味わせてもらいました。


近くの席では、家族連れがお父さんの誕生日を開いていたり、年配のカップルがゆっくりとビールを楽しんでいたり。自由に楽しめるお酒って本当にいいものです。


1707_beer04.jpg


大変気に入ったIPAをJohannesburugでも飲みたくて、数本の瓶ビールをお土産に持って帰りました。味は、醸造所と同じ。でも、やっぱり生ビールを飲みたいな。Johannesburgに進出してきてくれないかなぁ。


2017年7月20日
2017年7月11日
2017年5月25日
2017年5月18日
2017年4月21日
⇒すべての記事を見る

南アフリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アフリカにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ヨハネスブルグ特派員

    ヨハネスブルグ特派員
    竹内 千尋
    南アとの関わりは学生時代の東ケープ州での調査から。年に数回行き来する生活を経て、ついに南アに根を張ることになりました。ワインとクラフトビールのレベル向上にビックリ。長期休暇には家族とキャンプ、トレッキング。マラソンにも挑戦中。Fujifilm XE-1を愛用。横浜出身。1983年生まれ。 DISQUS ID @chihirotakeuchi

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集