海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > ヒーロー誕生

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 柳井田 美喜

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年8月31日

ヒーロー誕生


メール プリント もっと見る

ヒーロー誕生

20060117-1919s.jpg

よそ様のテリトリーを侵害するようでなんですが、、、

おとついは一日CNNで「マンデラ」「ダイアナ」「マンデラ」「ダイアナ」の繰り返し
合間に「ギリシャの山火事」「カトリーナから二年」が盛り込まれるも、やはり一日「マンデラ」「ダイアナ」「マンデラ」「ダイアナ」
まるでカスタネット
よっぽどニュースがなかったか、よっぽど英雄が好きなのか
というよりきっとたぶん、英雄を祭り上げて讃えるのが好きなんだろうな

マンデラニュースの内容は
ロンドンの真ん中、国会前広場(Parliament Square)に完成したマンデラ前南アフリカ大統領像の除幕式の様子
アパルトヘイト(人種隔離政策)撤廃への功績によるものなのは言うまでもない
国会前広場には、チャーチル元英首相やリンカーン元米大統領らの像もあるけれど、存命中(89歳)に像が設置されるのは破格の扱いなのだとか
出席していたゴードン英首相に言わせれば、マンデラ氏は「我々の世代の最も偉大な指導者」で「マンデラ像は希望の光」になるらしい

気になるのはただ一つ
ホントに彼らは英雄なのか?
シンボルとして必用とされ、英雄を演じさせられているだけなのか?
悪く言うつもりは毛頭ないけど、なんだか雲の上の人のようで、肝心な何かがどうも伝わってこないような
英雄という大樹に身を寄せようとしている人々の、身勝手さが見えてしまうような

アパルトヘイトが撤廃されても、根深い問題はまだまだそのまま
英雄を仕立てて期待して、この人が良くしてくれる、救ってくれる、な〜て甘い夢抱いていてはノンノンよ

ロンドンのブロンズ全身像の高さは2.7m
ヨハネには、もっと大きな'希望の光'があるのだから、目覚めよ南ア

【写真】 雲には達しないけれど、地上三階ほどの'希望の光'
 人がいるのは二階部分
 @Mandela Square(←Sandton Squareから近年改名までされたほど)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2007年8月31日
« 前の記事「走れ」へ
»次の記事「3B」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    ジンバブエのムガベ大統領が辞任 歓喜に沸く南アフリカのジンバブエ人
    薪直火焼き丸鶏とクラフトビール
    南アフリカで前代未聞のベストセラー本が誕生 "The President Keepers"
    "ブルーライトギャング"を警戒せよ/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    南ア全土でミニバスタクシーのスト プレトリアではデモ行進も 混乱に注意/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    3000メートル級の山が目の前に! Golden Gate Highlands国立公園
    ヨハネスブルグで日本人の犯罪被害が急増/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年10月版)
    Uberに続いてTaxifyまで標的に 南アフリカのタクシードライバーによる蛮行/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年9月版)

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      柳井田 美喜
      ドアtoドアで丸一日、日本からもどこからも遥か遠い。この人類誕生のアフリカの地に、足跡残すべく画策中。まずは、アフリカと言えどサバンナに住んでいるわけではない ?ヨハネスブルグはヨーロッパの地名ではない その二点を浸透させるのが、私の任務?
      http://vaca-bond.cocolog-nifty.com/blog/

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集