海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > リアル寿司くいね

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 柳井田 美喜

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年11月21日

リアル寿司くいね


メール プリント もっと見る

リアル寿司くいね

0712-1058.jpg


初対面の会話で無難な話題
ラグビー、家族、旅行、気候、料理、そして日本
がしかし、日本に行ったことがある、日本のことを知っている、なんて南アフリカ人は多くはない、中国と区別もつかないのはもう慣れっこ
香港に行ったことがある、シンガポールに行った、なんて言われても、「そうですか、、、」と今は平然と返せる
同じようにおそらくドイツ人に、フランスに行った、ポーランドへ行ったと言ったところで「それで?」って感じになろうと想像するが
そのへんの微妙さをまったく意識していないと思われる
これは、、、南アフリカをアフリカ大陸の代表とでも自負している傲慢さの表れか?

知っていても知らなくても、日本に興味をもって話題になるのは素直に嬉しい
が、日本に行ってみたいわ、ジャパニーズフードが好きなの、ウールワースのSUSHIをよく買うわ、リアルSUSHIが食べたくて回転寿司に行ったのよ
なんて聞かされると、さすがにNO〜!と返したくなり、自費で日本へ連れて行きたくもなる
南アで手に入るネタには問題はなくとも、寿司を成すのはもちろんそれだけではないはずで
シャリ、握り方、ネタの大きさ、切り方、、、
全てのコンビネーションが’あの’寿司を作り上げる
そして、いつの時代でも、寿司には’特別感’がつきものであるはず
スーパーの冷えて固まった寿司を食して、お手軽なファーストフードと解釈しているのなら、それはもう「寿司」ではない
「寿司のようなもの」だ

日本食が好きと言う人に限ってだいたい、寿司ぐらいしか食べたことがない
ならばせめて、日本人が握った寿司を食べてから言ってほしい
大和魂ジャパニーズフードを、あの程度ごときと誤解されたままでは、さすがの仏?も黙っちゃおれず

小さな寿司には、日本が凝縮されている
ならば、南アのなんちゃって寿司は、ある意味この国での’日本’観そのものなのか
歯がゆい

【写真】 ウールワースのなちゃって寿司 これで約800円!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替 レストラン・料理・食材
2007年11月21日
« 前の記事「死守」へ
»次の記事「解放区」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      柳井田 美喜
      ドアtoドアで丸一日、日本からもどこからも遥か遠い。この人類誕生のアフリカの地に、足跡残すべく画策中。まずは、アフリカと言えどサバンナに住んでいるわけではない ?ヨハネスブルグはヨーロッパの地名ではない その二点を浸透させるのが、私の任務?
      http://vaca-bond.cocolog-nifty.com/blog/

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集