海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > ブブゼラって何なの?

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 中川 沙和

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年11月18日

ブブゼラって何なの?


メール プリント もっと見る

ブブゼラって何なの?

先週末土曜日にサッカー日本代表日本と南アフリカ代表の国際親善試合が南アフリカ・ポートエリザベスで行われました。試合は残念ながら引き分けだったのですが、その試合後一番話題になっているのは…ブブゼラ(Vuvuzela)です! 本ブログにもブブゼラに関するコメントを頂きました。


そのブブゼラとは一体何なのかというと、長さ1メートルくらいのトランペットのような楽器で、南アフリカならではのサッカー試合の応援道具です。名前の由来は分かっていません。昔は銅製だったらしいのですが、最近はプラスチックのものが殆どです。応援するチームによって色が異なったりと、テレビで見る限るはなかなかカラフルな応援道具に見えます。


何故このブブゼラが問題になっているのかというと…やはりその音(騒音?)です。私は個人的にこのブブゼラを持っていないので、YouTubeで見つけた南アフリカでのニュース番組のクリップをご紹介します(英語です)。


どうでしょう?楽器に息を吹き込むだけではなく舌を使ったりと、結構複雑そうです。しかし吹いているほうは楽しそうですが、確かに音は大きなハエ(?)のように聞こえますね。


先日、日本サッカー協会(JFA)の犬飼会長がブブゼラによる応援の自粛を南アフリカ・サッカー協会に求めたと報道されましたが、実は今年行われたコンフェデレイション・カップでも既に問題になっていたらしいのです。英国BBCの解説者は試合報道中にブブゼラの音が騒がしいとコメントし、また欧州のコーチらはブブゼラの2010年ワールドカップ中の使用禁止を国際サッカー連盟(FIFA)へ求めたとか。


もちろんブブゼラの音のせいでサッカー選手の皆さんが競技をしにくくなるのは困るのですが、その一方でブブゼラは南アフリカのサッカー文化の一部であり、「どうして他の国にも色々楽器があるのに、南アの楽器が駄目なのか?」という意見もあります。難しい問題ですね。最終的な決定はFIFAがするらしいのですが、どうなるでしょうか。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー スポーツ・観戦 文化・芸術・美術
2009年11月18日
« 前の記事「お勧めシーフードレストラン - Bellagio's」へ
»次の記事「南アフリカに咲く愛の花 「アガパンサス」」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      中川 沙和
      生まれは東京。その後中東、欧州、米国、と世界を転々とする渡り人。ヨハネスブルグには2002年に出張で訪れて以来、その後10回ほどの訪問を経て2009年7月より在住。趣味はヨガ、テニス、フルート、読書、そして南アフリカではゴルフにも挑戦。最近は現地の食材を駆使した和食の作り方を試行錯誤中。専門は金融及び国際開発。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集