海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > ドラケンスバーグ ハイキングの旅

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 中川 沙和

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年12月14日

ドラケンスバーグ ハイキングの旅


メール プリント もっと見る

ドラケンスバーグ ハイキングの旅

今週末はDrakensberg(ドラケンスバーグ) 山脈へ2泊3日のハイキング小旅行に行ってきました!ドラケンスバーグはクワズール・ナタール州にあり、ヨハネスブルグからは車で約3時間半ほど行ったレソトとの国境近くにあります。


ドラケンスバーグはアフリカーンス語では「竜の山」、ズールー語では別名Ukhahlamba(ウクハランバ)「槍の障壁」と呼ばれています。その名の通りまるで竜を象るような、または槍で覆われているような3,000メートル級の山々が連なっています。その美しい自然環境と、古来ドラケンスバーグに住んでいたサン人の洞窟壁画が多く残っていることから、ユネスコの世界遺産にも登録されています。



私たちは北部ドラケンスバーグの国営ロッジ、Thendele Camp(テンデレ・キャンプ)に泊まりました。ここはドラケンスバーグの中でも自然公園内に泊まれる唯一の宿泊施設なのですが、何といっても窓から見える景色が最高です。国立公園の見所と言えるAmphitheatre(アンフィシアター)と呼ばれる「円形劇場」の形をした山脈が見渡せます。私達はSelf-cateringと呼ばれるキッチン付きのコテージに泊まりました。但し周りにスーパーやレストラン等は無いので、食材等を持参する必要があります。


ハイキングコースは豊富で、往復1時間のものから最高17時間まであります。私達は往復5時間半のGorge (ゴージ)峡谷コースを歩きました。滞在しているThendele Campからコースが始まり、川の音を聞きながら歩くとても落ち着くハイキングコースです。休憩やお昼休みを含んで、往復7時間ほどかかりました。難しいコースではないですが、最後の方は岩が多いので膝に負担がかかるので気をつけましょう。



ハイキング中にはもちろん南アフリカならではの鳥や植物が楽しめます。
こんな折り紙のようなお花も咲いていました。


お昼休憩中にはこんな鳥が近くまで寄ってきました。オレンジの羽がちらっと見えます。


ヨハネスブルグは南アフリカ中央に位置していて小旅行をするにはとても便利です。ヨハネスブルグにいらっしゃる場合は自然を満喫できる週末旅行をお勧めします♪


Royal Natal Thendele Camp
http://www.kznwildlife.com/site/conservation/wildlife/birding/birding_Hotspots/RoyalNatal/index.html
(クワズール・ナタール州の自然協会から予約)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2009年12月14日
« 前の記事「Braai(ブラーイ)は南アフリカの文化!」へ
»次の記事「南アフリカの治安1 安全な旅行のためのアドバイス」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      中川 沙和
      生まれは東京。その後中東、欧州、米国、と世界を転々とする渡り人。ヨハネスブルグには2002年に出張で訪れて以来、その後10回ほどの訪問を経て2009年7月より在住。趣味はヨガ、テニス、フルート、読書、そして南アフリカではゴルフにも挑戦。最近は現地の食材を駆使した和食の作り方を試行錯誤中。専門は金融及び国際開発。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集