海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > シーフード・クリスマス

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 中川 沙和

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年12月30日

シーフード・クリスマス


メール プリント もっと見る

シーフード・クリスマス

今週末は大家さんでありご近所さんでもある友人の別荘にお呼ばれし、クリスマス休暇を過ごしました。場所はヨハネスブルグから1時間半ほど運転したフリー・ステート州にあるVaal Dam(バール・ダム)というダム沿いにあります。


Vaal Damは1930年代に作られ、南アフリカで第2番目に大きなダムとのことです。海岸(?)沿いは約800キロもあります。



週末はお天気も良く30度以上を越す暑さが続き、ダムでは水上スキーやボート乗りなどの水上スポーツを楽しむ家族連れで賑わっていました。水上スキー、涼しそうですよね。




さて、大家さんのガールフレンドが魚の卸売りをしているお店と知り合いなこともあり、この週末は毎日美味しいシーフードを頂く大変豪華な休日でもありました。クリスマスといっても大家さんはユダヤ系南アフリカ人なので、クリスマスは基本的にお祝いしないのですが...。


25日クリスマス日には海老、それも豪華に大型の海老King Prawn(キング・プローン)を頂きました。調理方法はもちろん南アフリカならではのブラーイ です。モザンビークの「ペリペリ・ソース」と呼ばれるちょっとスパイシーなタレに海老を漬け、そのあとグリルでブラーイ!付け合せはサフランで色をつけたご飯、サラダ、そしてポテトサラダ。もちろん南アフリカ・ワインも一緒に頂きます。



そして続く26日はなんとロブスター!大きくてとても立派です。
ロブスターを調理する前の嬉しそうな大家さんの顔、見てください!彼がブラーイ・マスター(ブラーイをする担当の人)でもあります。



調理後のロブスターはこんなかんじです。日本ではなかなか食べれないですよね。



とても美味しく楽しいクリスマスでした。大家さん、ごちそうさまです!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2009年12月30日
« 前の記事「静かなヨハネスブルグのクリスマス」へ
»次の記事「新年のご挨拶&年末年始の旅行記」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      中川 沙和
      生まれは東京。その後中東、欧州、米国、と世界を転々とする渡り人。ヨハネスブルグには2002年に出張で訪れて以来、その後10回ほどの訪問を経て2009年7月より在住。趣味はヨガ、テニス、フルート、読書、そして南アフリカではゴルフにも挑戦。最近は現地の食材を駆使した和食の作り方を試行錯誤中。専門は金融及び国際開発。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集