海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > 年末年始旅行記1 カルー地方

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 中川 沙和

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年1月15日

年末年始旅行記1 カルー地方


メール プリント もっと見る

年末年始旅行記1 カルー地方

私達は12月31日にヨハネスブルグを出発し、カルー地方にあるGraaff Reinetまでの約800キロを途中休憩を入れて約10時間かけて運転しました。


カルー地方はイースターンケープ州に位置しており、雨の少ない乾燥している地域です。ヨハネスブルグから運転すると、車窓からみえる景色が緑から砂漠のような色に変わっていくのが分かります。


Graaff Reinet(アフリカーンス語で発音すると「クラーフ・レネット」、「ク」は喉で発音します)は18世紀に開拓され、南アフリカの中でも4番目に古い町です。町中にオランダ風の建物が今でも残っており、まるで18世紀に戻ったような雰囲気がします。


私たちはビクトリア調のB&B、Buiten Varwachten(ビューテン ファーヴァグテン) で2泊しました。スパもある可愛らしいB&Bです。





大晦日ディナーは予約していた有名シェフのレストラン、Gordon’s Restaurant(ゴードンズ レストラン) で頂きました。カルー地方で取れる食材を使ってお料理をすることで知られています。B&Bの中庭に10テーブルほどあるこじんまりとしたレストランです。大晦日のこともあり、素敵なデコレーションが各テーブルには素敵な飾りがされていました(クリスマスの残りものもありましたが…)。シェフのゴードンさんが直々日替わり3コースディナーの説明をしてくれます。


なんといってもお勧めはカルー地方の羊肉。羊肉特有の臭みが全くなく、とても美味しいですよ。


Copy%20of%20CIMG3470.JPG


特別な歌唱パフォーマンスもあり、とても思い出深い大晦日ディナーとなりました。


さて元旦は初詣もせず、Graaff Reinetから約60キロ先にあるNieu Bethesda、それからValley of Desolation国立公園を観光しました。


Nieu Bethesdaには不思議な美術館、Owl House(「フクロウの家」) があります。地元のアーティストHelen Martinsさんのお家だったものを美術館にしたものです。フクロウの他にも宗教的な像が多くあり、なんとも不思議な雰囲気...。



お昼はお勧めの地ビールレストラン、Two Goats Breweryで手作りチーズとサラミの盛り合わせを堪能。大晦日のアルコールがまだ体内に残っていたので、私はビールは飲みませんでしたが…。



Valley of Desolationで有名なCamdeboo国立公園 では数億年前に火山噴火により形成された壮大な景色を見ることができます。南アフリカの中でも最もユニークな景色の一つではないでしょうか。高い岩は何となく映画「ロード・オブ・ザ・リング」のシーンのような雰囲気がします。



次回も引き続きイースターンケープ州ですが、象サファリやチチカマ国立公園を紹介します♪

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2010年1月15日
« 前の記事「新年のご挨拶&年末年始の旅行記」へ
»次の記事「年末年始旅行記2 象サファリとチチカマ国立公園」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    薪直火焼き丸鶏とクラフトビール
    南アフリカで前代未聞のベストセラー本が誕生 "The President Keepers"
    "ブルーライトギャング"を警戒せよ/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    南ア全土でミニバスタクシーのスト プレトリアではデモ行進も 混乱に注意/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    3000メートル級の山が目の前に! Golden Gate Highlands国立公園
    ヨハネスブルグで日本人の犯罪被害が急増/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年10月版)
    Uberに続いてTaxifyまで標的に 南アフリカのタクシードライバーによる蛮行/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年9月版)
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      中川 沙和
      生まれは東京。その後中東、欧州、米国、と世界を転々とする渡り人。ヨハネスブルグには2002年に出張で訪れて以来、その後10回ほどの訪問を経て2009年7月より在住。趣味はヨガ、テニス、フルート、読書、そして南アフリカではゴルフにも挑戦。最近は現地の食材を駆使した和食の作り方を試行錯誤中。専門は金融及び国際開発。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集