海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > 南半球でのバンクーバー冬季オリンピック

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 中川 沙和

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年2月22日

南半球でのバンクーバー冬季オリンピック


メール プリント もっと見る

南半球でのバンクーバー冬季オリンピック

今現在世界で一番盛り上がっているイベントと言えばバンクーバー冬季オリンピックですが、こちら南アフリカでは全くニュースにもなりません。我が家ではケーブルテレビがあるのですが、そのスポーツチャンネルでも実況中継は全く無く、見れるのはニュースの一部分、または毎日1時間あるハイライトのみです。その間南アフリカで人気のスポーツであるクリケットやラグビーの中継は山ほどあるのですが...。フィギュア・スケート高橋選手の銅メダル演技も30秒ほどしか見れず本当に残念でした。


そこで先日バンクーバー冬季オリンピック公式ホームページ でチェックしてみたところ、なんと南アフリカ出身選手は...ゼロ!少ないとは思っていましたが、一人もいないとは驚きました。南アフリカではレソト近くでは少々雪が降りますが、それほど寒くならないのでやはり冬のスポーツは難しいです。海外で練習すると言ってもお金が懸かってしまいます。考えてみると南半球では冬のスポーツはエリートスポーツです。

同じアフリカ大陸で唯一注目されているのがガーナ出身の「雪ヒョウ」Kwame Nkrumah Acheampong(クワメ・エンクルマ・アチャンポン)アルペンスキー選手でしょう。ガーナ初の冬季オリンピック参加選手です。「ガーナ・スキー・チーム」のニックネームでも呼ばれていますが、チームメンバーは彼一人です。もちろん公式ホームページ もあります。学校の先生からスキー選手に転職した勇気ある選手です。頑張ってもらいたいですね!


今まで北半球に住んでいたので考えなかったですが、やはり参加選手数や国の数でも冬季と夏季オリンピックでは多きな違いがあります。2006年に行われた北京夏季オリンピックでは10,500の選手が204カ国から参加したそうですが、2004年のトリノ冬季オリンピックでは2,508人の選手が80カ国から参加したとのことです。つまり冬季オリンピックは夏季オリンピックに比べて参加選手数は4分の1、参加国が2分の1です。


ということで、南アフリカで実況中継が無くても仕方ないのかもしれませんね。私は女子のフィギュア・スケートを楽しみにしていたのですが、今回はお預けかもしれません。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー スポーツ・観戦
2010年2月22日
« 前の記事「南アフリカの不思議な英語 第1弾」へ
»次の記事「天気の良い週末はZoo Lakeへ」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      中川 沙和
      生まれは東京。その後中東、欧州、米国、と世界を転々とする渡り人。ヨハネスブルグには2002年に出張で訪れて以来、その後10回ほどの訪問を経て2009年7月より在住。趣味はヨガ、テニス、フルート、読書、そして南アフリカではゴルフにも挑戦。最近は現地の食材を駆使した和食の作り方を試行錯誤中。専門は金融及び国際開発。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集