海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > W杯を現地で観戦! 南アフリカでの宿泊予約

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 中川 沙和

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年3月 9日

W杯を現地で観戦! 南アフリカでの宿泊予約


メール プリント もっと見る

W杯を現地で観戦! 南アフリカでの宿泊予約

週末にインターネットのニュースを見ていたら、なんとワールドカップ期間日本代表が出場する試合を観戦する日本からのツアーは「1試合50万〜」との話が出ていました。あまりの値段の高さにびっくりです!ホテルや航空チケットも値段が上がっているらしいので、観光客来なくなってしまったら、とちょっと心配です...


さて先日交通施設のお話をしましたが、今回は同じくよく質問のある宿泊施設及び予約に関してご紹介します。


南アフリカの宿泊施設は幾つかのタイプに分かれています。私が主に利用するのはB&B、そしてグループの場合はキッチン付きのSelf-catering(セルフ・ケータリング=キッチン付きホテル)やアパートです。南アフリカにはお洒落でリーズナブルなB&Bが沢山あるので、実は殆どホテルに泊まったことがありません。

日本やその他の地域と宿泊施設の定義が異なることがあるので、今回ブログで説明したいと思います。また、私が個人的に宿泊施設を予約する際に使うホームページや予約する際の注意事項等も書いておきます。


ホテル

* 日本でいう一般的なホテルのこと。
* Hilton、Intercontinental等の国際的なチェーンや南アフリカのチェーンであるProteaなどの大手のホテル、こじんまりとしてブティックホテルなどの種類がある。
* "All Inclusive"とは3食付き。飲み物は含まないことが多い。
* 値段は高め。


(ヨハネスブルグSandtonにあるRadisson Bluホテル 。現在スタンダードルームが1部屋R2,550=約3万円!)


B&B (ベッド&ブレックファースト)

* 朝食付きのこじんまりとしたホテル(朝ごはんはシリアルやヨーグルトの他に、メインコースは卵やベーコンなどのイングリッシュ・ブレックファーストが出されることが多い)。
* オーナーがマネージャーの場合もある。
* 一般的なホテルよりも雰囲気が良いことが多い。
* スパやプールが付いているところもある。
* B&Bのほかに、Guest House、Lodgeなどの呼び方もされる
* 値段はホテルよりも安め。


(Kwazulu-NatalのSt Luciaにあるプール付きのB&B、Afrikhaya Guest House 。現在朝ごはん付き2人で1部屋700〜750ランド=8,400〜9,000円)


Apartment、Flat (アパート)

* 賃貸用のアパート。1泊から長期間滞在まで可能のところが多い。
* タオルやキッチン道具等は用意されている。
* 洗濯機が付いているとこともある。
* メイド・サービスがあるところもある。
* 小さなものから、ケープタウン等ではビーチの目の前でラグジュアリーなものまで色々。
* 長期滞在、またはグループでの滞在にお勧め。


Self-catering(セルフ・ケータリング)

* アパートに似ているが、キッチン付きの宿泊施設。
* 別料金で料理を作ってくれるオプションがあるものもある。
* タオルやキッチン道具等は用意されている。
* 南アフリカ人はバーベキューが好きな為、バーベキュー施設が用意されていることが多い。
* メイド・サービスが毎日あるのが主流(皿洗い、ベッドメーキング等)。
* Cottage(コテージ)やChalet(シャレー)と呼ばれることもある
* リビングルームがあるのでグループでの滞在にお勧め。


(Free StateのClarensにあるSelf-cateringのNext to Heaven 。1人1泊250ランド=3,000円。)



(Eastern CapeのTsitsikama National Park近くにあるMisty Mountain Reserve。キッチン&リビングルームが付いた4人用の2ベッドルームが1泊1,600ランド=1万9,200円、つまり1人1泊4,800円)


Backpackers(バックパッカーズ)

* バックパッキングをしている人用の宿泊施設。
* トイレやお風呂が共同の場合が多い。
* 個人の部屋が予約できるものもあるが、一部屋に幾つかの2段ベッド等があるのが普通。
* 他のバックパッカーの旅行者との交流を好んで滞在する旅行者も多い。
* 値段はかなり安いが、貴重品当の私物管理が問題。


Camping(キャンプ)

* いわゆるキャンプ場。
* 自分でテントや寝袋、食材等を持参する必要がある。
* 国立公園に多く、周りに動物がいることもあるので楽しめる。
* 家族やグループ向け。


予約する際の注意事項

* 予約をより確実なものにする為、宿泊料金の一部をデポジットとして支払うのが普通です。南アフリカは一般的に銀行振り込みですが、海外送金ですと手数料がかかるので、クレジットカードでの支払いを聞いてみて下さい。
* クレジットカードの場合、必ずカードの裏にある番号を渡さないようにして下さい(カードが違法に使われるケースがあります)。どうしても必要と言われた場合、"I don't feel comfortable"などと言って説明して下さい。
* 確認の為、宿泊予定日の2週間前くらいに電話を入れ、予約の確認をもう一度すると良いでしょう。
* チェックアウトの時間に遅れそうな場合、当日に電話を入れることもお勧めします。
* 南アフリカ人の多くはクリスマス、イースター、連休などの旅行の予約を数ヶ月も前からします。これらの時期に旅行する場合は早めに予約を取る必要があります。(ちなみに私が年始の旅行の予約をしたのは9月でした!)。


よく使う宿泊施設検索サイト

* http://www.safarinow.com/destinations/south-africa/hub.aspx
* http://www.sa-venues.com/
* http://www.sleeping-out.co.za/


最後に、私流の宿泊施設の探し方をご紹介します!

* まず、上のホームページから幾つか宿泊施設を選ぶ
* それぞれの宿泊施設のホームページを探し、チェックする
* Trip Advisor 等の口コミサイトで施設を確認する
* 電話をして空き、値段を聞く(メールだと返事が遅い場合があります)。値段に何が含まれているのか、他に値段がかかるものがあるのかもチェック。
* 予約をする
* デポジットを払う
* 2週間前に電話で再び確認。その際、地図や、どの道を運転したらよいか、時間はどれくらいかかるか等も聞いておく。
* 当日宿泊施設に出向かう前にもう一度電話で確認


最後に、宿泊施設の安全性は施設のタイプに関わらず(ホテルだから安全、ということではなく)、やはり「場所」です。予約をする前に宿泊施設が町のどの辺りに位置しているのか確認し、町自体もタウンシップではなく大きめの町であることを確かめる必要があります。私はなるべく繁華街は避けるようにしています。そういう意味でも口コミサイトは便利だと思います。


*1ランド=12円で計算

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2010年3月 9日
« 前の記事「W杯期間の交通情報@ヨハネスブルグ」へ
»次の記事「「第9地区」 南ア社会風刺と宇宙人の正体!?」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    ジンバブエのムガベ大統領が辞任 歓喜に沸く南アフリカのジンバブエ人
    薪直火焼き丸鶏とクラフトビール
    南アフリカで前代未聞のベストセラー本が誕生 "The President Keepers"
    "ブルーライトギャング"を警戒せよ/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    南ア全土でミニバスタクシーのスト プレトリアではデモ行進も 混乱に注意/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    3000メートル級の山が目の前に! Golden Gate Highlands国立公園
    ヨハネスブルグで日本人の犯罪被害が急増/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年10月版)
    Uberに続いてTaxifyまで標的に 南アフリカのタクシードライバーによる蛮行/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年9月版)

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      中川 沙和
      生まれは東京。その後中東、欧州、米国、と世界を転々とする渡り人。ヨハネスブルグには2002年に出張で訪れて以来、その後10回ほどの訪問を経て2009年7月より在住。趣味はヨガ、テニス、フルート、読書、そして南アフリカではゴルフにも挑戦。最近は現地の食材を駆使した和食の作り方を試行錯誤中。専門は金融及び国際開発。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集