海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > パークタウン・プローンを食べる鳥...その名もハー...

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 中川 沙和

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年5月14日

パークタウン・プローンを食べる鳥...その名もハーディーダ


メール プリント もっと見る

パークタウン・プローンを食べる鳥...その名もハーディーダ

南アフリカには日本であまり見ることのない植物や昆虫、動物などが生息しています。
本ブログでも春に見頃のアガパンサス をご紹介しました。


そして最近では映画District 9 『第9地区』のエントリー で宇宙人のモデルともなっているヨハネスブルグに出現する昆虫(害虫?)Parktown Prawn(パークタウン・プローン)をご紹介しましたが、今回は実はその天敵でもある鳥について書いてみたいと思います。


この鳥、ヨハネスブルグではよく見かける鳥なのですが、昼間はのんびり歩きながらお食事をしており、明け方、また夕方になるとかなり騒々しい音を出して飛んでいます。グループで行動している為、一羽鳴くと次々その他の鳥も鳴き始めてそのうるさいこと!わが家の隣にユーカリの木があるのですが、どうやらその木を好んでいるらしく、朝から元気に叫んでいます。


(屋根の上に出現...)


この鳥の名前は、なんとHadeda(ハーディーダ)です。変な名前ですよね。初めて南アフリカ人の友人にに鳥の名前を聞いて「ハーディーダ」という答えが出てきたときにはウソかと思いましたが、本当の名前です。鳥の泣き声が「ハーディーダ」と聞こえるというのが由来だそうですが、私にはどうも「アー、アー、アー」という感じにしか聞こえません...。


この気になるハーディーダの泣き声ですが、鳥の鳴き声が聞こえるサイト で発見しました!Quick Timeをダウンロードする必要がありますが、是非視聴してみて下さい。この鳥が家の隣に何羽もいたらどんなにうるさいか、想像できると思います。


このハーディーダ、正確な名前はHadeda Ibisと言い、実はトキの仲間らしいです。日本のトキのようにエレガントな雰囲気は無いですが...。ズームしてみると、こんな感じの鳥です。大きな口ばしが特徴です。



(家の庭で餌を探すハーディーダ)


ハーディーダはミミズ、昆虫、クモ、小さな爬虫類などを主に餌として食べるようですが、パークタウン・プローンもお気に入りとのことです。どんどん食べて家の中に出現しないようにしてくれるよう応援しています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2010年5月14日
« 前の記事「南アフリカで「モテる男性」って...?」へ
»次の記事「ゴルフの世界」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      中川 沙和
      生まれは東京。その後中東、欧州、米国、と世界を転々とする渡り人。ヨハネスブルグには2002年に出張で訪れて以来、その後10回ほどの訪問を経て2009年7月より在住。趣味はヨガ、テニス、フルート、読書、そして南アフリカではゴルフにも挑戦。最近は現地の食材を駆使した和食の作り方を試行錯誤中。専門は金融及び国際開発。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集