海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > モザンビークTofo Beachに行ってきました!

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 中川 沙和

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年10月 5日

モザンビークTofo Beachに行ってきました!


メール プリント もっと見る

モザンビークTofo Beachに行ってきました!

先週末は国民の休日を利用して、水曜日から月曜日までの6日間憧れのモザンビークへ旅行に行ってきました!


場所は首都のマプトから北に位置している海岸沿いのTofo Beach(トーフォ・ビーチ)というリゾート地です。ヨハネスブルグからInhambane(イナンバーネ)までは直行便が出ており(約1時間半ほど)、空港からトーフォ・ビーチまではタクシーで30分ほどです(値段はタクシー1台約100ランド=1,250円)。自宅からヨハネスブルグのOR Tambo空港まではもちろんGautrain(ハウトレイン)で!15分しかかからず、いつもの渋滞なども心配しないで良いので便利です。


Gautrain_ORTambo.JPG
(真新しくピカピカのハウトレイン、ORタンボ空港駅にて)


トーフォ・ビーチではCasa Barry(カサ・バリー)という名のChalet(シャレー)に滞在しました。2ベッドルーム、2バスルーム、そしてキッチン(もちろんキッチン用具も)が付いています。バーベキューのグリルが付いたテラスからは真っ青なインド洋とビーチが見渡せます。


Casa Barry.JPG
(インド洋が見渡せるCasa Barryロッジ)


モザンビークでのお食事は何といってもシーフード!その日に捕れたお魚を購入してバーベキューをしたり、サンドイッチにして頂きました。特に美味しかったのはバラクーダ(和名はオニカマス)、それから鯛のような赤いお魚、それからやっぱりプローン=海老です。お魚は1キロ約150MZN(345円)、小さな海老は180MZN(415円)大きな海老は一キロ約300MZN(690円)ととてもリーズナブルです。トーフォにはスーパーは無いのですが、ビーチ近くの市場で殆どのものは手に入れることができます。


Baracuda.JPG
(新鮮な調理前のバラクーダ。日本名はオニカマスです)


Prawn_sandwich.JPG
(小さめの海老と卵、玉ねぎを入れた手作りサンドイッチ♪)


お料理が面倒な場合にはもちろんレストランも沢山あります。ステイしていたCasa Barryのレストランはビーチの眺めが綺麗ですが、値段が高めでおまけにサービスがかなり遅いのが難点です。ローカルなレストランではカジュアルなTofo Tofo(トーフォ・トーフォ)がお勧めです。キャッサバの葉とピーナッツ、ココナッツ・ミルクをミックスしたモザンビークのローカルなお食事、マタパなどが頂けます。お洒落なレストランでは(私達は行かなかったのですが)Casa de Comer(カサ・デ・コメール)が評判が良いと聞きました。


Matapa.JPG
(モザンビークのお料理「マタパ」はご飯と一緒に頂きます)


そしてモザンビークはスキューバ・ダイバーにとって正に天国。私はダイバーではないのですが、一緒に行った友達らはジンベイザメ、マンタ、座頭鯨などの珍しい生き物が沢山見れてとても喜んでいました。50回ほどダイビングしたことのある友人でさえも、これほどユニークなダイビングは初めてとのこと!


ちなみに彼らが利用したダイバーズ・ショップはPeri-Peri Divers(ペリペリ・ダイバーズ) という名の、とってもフレンドリーでパーソナルなショップです。


私もペリペリ・ダイバーズのクルーと一緒にOcean Safari(オーシャン・サファリ)と呼ばれるスノーケリングのツアーに出かけました!オーシャン・サファリ...つまり海でのサファリですね。まずボートに乗って見かけたのは座頭鯨です。青い海から大きな黒い姿が出現し、ジャンプをするのも見ることができて感動しました。そしてジンベイザメと一緒にスノーケルも出来ましたよ♪ 黒い体に白く輝く斑点が神秘的です。ツアーの最後の方はボート酔いで気分がさえなかったのが残念でしたが。


Snorkeling trip.jpg
(スノーケリング・ツアー出発...ボートを押すのには力がいります!)


今回かなりのんびりしていたトーフォ・ビーチは6月、それから年末年始の12月から1月が観光客のピークだそうです。ダイバーの方、シーフード好きな方、そしてのんびりビーチで休暇を楽しみたい方にお勧めですよ♪


Tofo_Sunset.JPG
(美しいトーフォ・ビーチの日没)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2010年10月 5日
« 前の記事「贅沢なアフタヌーンティーは5つ星ウエストクリフ・ホテルで♪」へ
»次の記事「ジャカランダの季節」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    薪直火焼き丸鶏とクラフトビール
    南アフリカで前代未聞のベストセラー本が誕生 "The President Keepers"
    "ブルーライトギャング"を警戒せよ/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    南ア全土でミニバスタクシーのスト プレトリアではデモ行進も 混乱に注意/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    3000メートル級の山が目の前に! Golden Gate Highlands国立公園
    ヨハネスブルグで日本人の犯罪被害が急増/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年10月版)
    Uberに続いてTaxifyまで標的に 南アフリカのタクシードライバーによる蛮行/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年9月版)
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      中川 沙和
      生まれは東京。その後中東、欧州、米国、と世界を転々とする渡り人。ヨハネスブルグには2002年に出張で訪れて以来、その後10回ほどの訪問を経て2009年7月より在住。趣味はヨガ、テニス、フルート、読書、そして南アフリカではゴルフにも挑戦。最近は現地の食材を駆使した和食の作り方を試行錯誤中。専門は金融及び国際開発。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集