海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > 屋根の上に出現...!

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 中川 沙和

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年12月 5日

屋根の上に出現...!


メール プリント もっと見る

屋根の上に出現...!

昨日の夕方外にでると、ご近所さんと警備員のお兄さんが指をさして何かを見ています。夕方になるとあのハーディーダ が騒々しいので、またあの鳥かな、と思って見てみると、なんだか猫のような灰色の生き物が屋根の上にいます。


Owl1.JPG


よくよく見てみると...なんと「ふくろう」です!


Owl2.JPG


野生のふくろうを間近で見るのは初めてなので、びっくりしてしまいました。鳥というか哺乳類っぽい不思議な生き物です。


日本でふくろうは賢い鳥として、学校の教材などにも「ふくろう博士」のようなキャラクターとして使われています。また名前の一部が「ふく」であることから「福」を連想させる鳥でもあります。そして西洋では、あの「ハリーポッター」に出てくる白ふくろう「ヘドウィグ」のように「ふくろう便」メッセンジャーとして活躍し、良い意味で魔法の世界に住んでいる鳥のイメージがあります。


しかし南アフリカのズールー文化ではふくろうは夜に活動することから悪い意味で「魔法使いの鳥」、または「悪さをする」などのマイナスのイメージがあるそうです。ご近所さんも"Owls are evil"(ふくろうは邪悪だ)としきりに言っていました...。


確かに真正面から見られるとちょと怖いですが...。


Owl3.JPG

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2010年12月 5日
« 前の記事「大人気Savannaを試してはいかが?」へ
»次の記事「雷雨はヨハネス夏の風物詩!」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    薪直火焼き丸鶏とクラフトビール
    南アフリカで前代未聞のベストセラー本が誕生 "The President Keepers"
    "ブルーライトギャング"を警戒せよ/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    南ア全土でミニバスタクシーのスト プレトリアではデモ行進も 混乱に注意/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年11月版)
    3000メートル級の山が目の前に! Golden Gate Highlands国立公園
    ヨハネスブルグで日本人の犯罪被害が急増/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年10月版)
    Uberに続いてTaxifyまで標的に 南アフリカのタクシードライバーによる蛮行/旅行者のための南アフリカ治安情報(2017年9月版)
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    シーフード・クリスマス
    静かなヨハネスブルグのクリスマス
    南アフリカの治安1 安全な旅行のためのアドバイス
    ドラケンスバーグ ハイキングの旅
    Braai(ブラーイ)は南アフリカの文化!
    W杯 ファイナルドロー@ケープタウン!

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      中川 沙和
      生まれは東京。その後中東、欧州、米国、と世界を転々とする渡り人。ヨハネスブルグには2002年に出張で訪れて以来、その後10回ほどの訪問を経て2009年7月より在住。趣味はヨガ、テニス、フルート、読書、そして南アフリカではゴルフにも挑戦。最近は現地の食材を駆使した和食の作り方を試行錯誤中。専門は金融及び国際開発。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集