海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ヨハネスブルグ特派員ブログ > 一夫多妻@南アフリカ

南アフリカ/ヨハネスブルグ特派員ブログ 旧特派員 中川 沙和

南アフリカ・ヨハネスブルグ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年5月19日

一夫多妻@南アフリカ


メール プリント もっと見る

一夫多妻@南アフリカ


南アフリカで
JZと言えばあのビヨンセと結婚しているヒップホップ、ラップアーティストのことではなく、大統領のJacob Zuma(ジェイコブ・ズマ)のことを指します。

さてこの南ア版JZですが、先月また結婚式を行いました。「また」というのも、何と6回目の結婚式だからです。

おまけに4番目の奥さん(1回の離婚暦、そしてもう一人の奥さんは自殺した為)になったボンギさんは既にズマ大統領との間に7歳の子供がいるそうです。今年70歳のズマ大統領の子供の数は想定で最低21、おまけにその子供たちは10人の女性から生まれているとのことですから驚きです。つまり、奥さんの他に愛人(?)も多くいるということですよね。

 

南アフリカは一夫多妻が法律で認められています。というのも南アフリカは様々な人種や文化からなっており、伝統的に一夫多妻を続けている種族の文化を守ろう、という理由からとのことです。


興味深いのは、一夫多妻の国は女性の社会的地位が少ないと思われがちですが、南アフリカを見ると必ずしもそうでないことが分かります。英国ビジネス雑誌エコノミストによると、南アフリカの大統領内閣における34人の官僚の内14人が女性です。またビジネスにおいても、女性がシニアマネジメントに占める割合は28%で、これは欧州24%そしてアメリカ18%に比べても高い比率であることがわかります。もちろん日本とは比べ物になりません。


ちなみに結婚式には3人の奥さんも出席したとのことですが、不思議ですね。私だったら自分の旦那さんが他の人と結婚する場に居たいとは思わないですが...。



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2012年5月19日
« 前の記事「英観光客がチーターに襲われる!」へ
»次の記事「南アフリカは冬真っただ中」 へ
おすすめ記事
    ヨハネスブルグ特派員 新着記事
    uShaka Marine Worldでドルフィンショー!
    ゾウ好き必見! Addo Elephant National Park
    ワインの名産地Stellenbocshであえてクラフトビール
    Pretoria郊外の週末マーケット 大きなアスレチックつき
    Stellenboschで人気のBCCC
    ヨハネスブルグのダウンタウンで楽しむ屋台メシ&アート
    ヨハネスブルグで貴重な本格タイ(イーサーン)料理レストラン
    イタリア移民による南アフリカで最高のピッツァ

    南アフリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■南アフリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ヨハネスブルグ特派員

      ヨハネスブルグ特派員
      中川 沙和
      生まれは東京。その後中東、欧州、米国、と世界を転々とする渡り人。ヨハネスブルグには2002年に出張で訪れて以来、その後10回ほどの訪問を経て2009年7月より在住。趣味はヨガ、テニス、フルート、読書、そして南アフリカではゴルフにも挑戦。最近は現地の食材を駆使した和食の作り方を試行錯誤中。専門は金融及び国際開発。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集